最高峰のチームの中でレギュラーを勝ち取る

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 2.組織人として生きるために, 6.価値観・世界観について

Pocket

○心を整える。 著:長谷部誠

■外見は自分だけのものではない
高校時代、服部先生は常に清潔な身だしなみを生徒に求めていて、ヒゲがちょっとでも伸びていたり、髪の毛が耳にかかるだけでも嫌がっていた。

それが教え子に久しぶりに会ったら、茶髪になっていたのだから、「高校時代の教えはなんだったんだ」と失望しないわけがない。僕は先生の願いや教えを踏みにじったようで、申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

すぐに美容院に行った。長かった髪をばっさりと切り落とし、色を黒に戻した。見た目は当然地味になった。けれどこの髪型が自分には会っていると思った。

少し経ってから服部先生から電話がかかってきた。

「髪型いいじゃないか!」

先生の嬉しそうな声を聞いたとき、自分の選択は間違っていなかったと嬉しくなった。

(中略)

自分のルックスをアピールすることよりも、まず周囲にいる身近な人達がどんな思いで見ているか、ということの方を大切にしたい。なぜなら、きちんとしていることで嫌な気分になる人は誰もいないのだから。

僕にとって、外見は自分だけのものではないし、外見でアピールする必要もない。存在はピッチでアピールするだけだ。

(本書p199-200)


少々古いですが、現サッカー日本代表の長谷部選手の著書です。嫁共々ファンで、嫁からは、「美容院に行って、『長谷部みたいにして下さい』って言いなさい!」と言われるほど(苦笑)でも、この本を読んで益々ファンになったことを思い出します。

意識を自分ではなく他に向ける

著書の冒頭でも書かれていますが、長谷部選手は、一目でコレという武器がない選手(そんなことはないとは思いますが…)そんな選手が、どうやって最高峰のチームの中でレギュラーを勝ち取っていくか。その一つの答えが、自分のためではなく、周囲のためにという精神であり、行動なんだということが凄く伝わってくる。それが伝わってくるからこそ、周りも応援したくなる。改めて、意識を“他”に向けることの大切さを認識させられる一冊です。

関連記事

自分のやり方にこだわる危険性

○Works No.105 早稲田の監督就任1年目のことだった。10番というチームの司令塔とな

記事を読む

仕事の段取りで絶対に見逃してはならないこと

「仕事の段取りで、“進める手順”が“内容”よりも大事なことがある」 この事実をきちんと認識して

記事を読む

正論が受け入れられない理由

二人が睦まじくいるためには 愚かでいるほうがいい 立派すぎないほうがいい 立派すぎることは 長持ち

記事を読む

一流になるための方法

<一流目指すなら早く独立を> テキサス州ダラスの中心部にあるテキサス大サウスウエスタンメディカ

記事を読む

相談に求めるのは共感か、解決策か

「解決策を求めているのか、共感を求めているのか」。人に何かを相談する時、その相談した後の結果としてど

記事を読む

多くの企業で副業・兼業が禁止されている理由

もっと兼業や副業を認めて、多くの人が複数の働き方ができるようにすることだ。ここでいう兼業には、他の会

記事を読む

長谷川豊氏の少子化の原因考察について

“日本女性の3歩下がってついていく”という言葉、みなさんもどこかで聞いたことがあると思います。それは

記事を読む

なぜ、ワンピースのルフィは海軍に追われるのか?

皆さんご存知のワンピースのルフィ。ちょっと皆さんに聞きたいのですが、「なぜ、ワンピースのルフィは海軍

記事を読む

社会人は学生よりも責任が重い??

「社会人と学生の違いは“責任”の大きさだと思います。」こんな話を学生さんからよく聞きます。一見当たり

記事を読む

感情が顔に出る損

昨日の点滴から体調は少なくとも回復傾向にあるものの、薬のせい(?)で大分ぼーっとしているような感じが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑