最高峰のチームの中でレギュラーを勝ち取る

Pocket

○心を整える。 著:長谷部誠

■外見は自分だけのものではない
高校時代、服部先生は常に清潔な身だしなみを生徒に求めていて、ヒゲがちょっとでも伸びていたり、髪の毛が耳にかかるだけでも嫌がっていた。

それが教え子に久しぶりに会ったら、茶髪になっていたのだから、「高校時代の教えはなんだったんだ」と失望しないわけがない。僕は先生の願いや教えを踏みにじったようで、申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

すぐに美容院に行った。長かった髪をばっさりと切り落とし、色を黒に戻した。見た目は当然地味になった。けれどこの髪型が自分には会っていると思った。

少し経ってから服部先生から電話がかかってきた。

「髪型いいじゃないか!」

先生の嬉しそうな声を聞いたとき、自分の選択は間違っていなかったと嬉しくなった。

(中略)

自分のルックスをアピールすることよりも、まず周囲にいる身近な人達がどんな思いで見ているか、ということの方を大切にしたい。なぜなら、きちんとしていることで嫌な気分になる人は誰もいないのだから。

僕にとって、外見は自分だけのものではないし、外見でアピールする必要もない。存在はピッチでアピールするだけだ。

(本書p199-200)


少々古いですが、現サッカー日本代表の長谷部選手の著書です。嫁共々ファンで、嫁からは、「美容院に行って、『長谷部みたいにして下さい』って言いなさい!」と言われるほど(苦笑)でも、この本を読んで益々ファンになったことを思い出します。

意識を自分ではなく他に向ける

著書の冒頭でも書かれていますが、長谷部選手は、一目でコレという武器がない選手(そんなことはないとは思いますが…)そんな選手が、どうやって最高峰のチームの中でレギュラーを勝ち取っていくか。その一つの答えが、自分のためではなく、周囲のためにという精神であり、行動なんだということが凄く伝わってくる。それが伝わってくるからこそ、周りも応援したくなる。改めて、意識を“他”に向けることの大切さを認識させられる一冊です。

キヨカワ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする