大切なものを失うと何かを得る

公開日: : 最終更新日:2015/12/04 6.価値観・世界観について

Pocket

ぼくを探しに 著:シルヴァスタイン

何かが足りない それでぼくは楽しくない 足りないかけらを探しに行く ころがりながらぼくは歌う 「ぼくはかけらを探してる 足りないかけらを探してる ラッタッタ さあ行くぞ 足りないかけらを探しにね」

部屋を整理していると、こんな絵本に出くわしました。「懐かしい…」と、ページをパラパラめくっていると、以前読んだ時とは違う感覚に陥ります。ネタバレさせますが、この本は自分に足りないものを探す旅をし、それにピッタリのものが見つかるけれど、最後には手放すという話です。

苦労によって失われたものは将来違う形で返ってくる

色んな解釈の仕方はあるようですが、今のキヨカワはこう解釈しました“トレードオフ”。トレードオフとは、何かを得るためには何かを失うという意味です。今皆さんが「欲しい!」と思うものを仮に手に入れたとしても、それによって失っているものもある。逆に、今皆さんが「失った…」と思うものがあったとすると、それによって得られているものもある。世の中の事象は、このトレードオフによって成り立っている気がします。

逆もまた然りで、何かを失うことで、何かを得ることにも繋がるのではないかと感じています。例えば、今苦労している人がいれば、その苦労によって得られているものもあるのではないでしょうか。もちろん、今その得られているものが何なのかが分からないかもしれません。ただ、スティーブジョブスの伝説のスピーチにあるような、将来の点と点が繋がるような、そんなことを起こすための布石になっている可能性は大いにあるのではないかと思います。

何かを得ていれば何かを失い、何かを失えば何かを得る。世の中はそうなっているんじゃないか、と改めて思わされた一冊です。

p.s.
あともう一つのメッセージとしては、「足るを知る」という側面でしょうか。自分が幸せと思うかは、今の状態を幸せと捉えられるかに尽きるような気がします。もちろん、向上心を否定するわけではありません。ただ、今普通に生活ができていることそのものに対して感謝ができなければ、向上心も何もないでしょう、という意味で。

絵本って結構奥深いですよね。

スポンサーリンク


関連記事

騙されたくない人はチャンスを失っている!?

騙されたくない=チャンスを失っている!? 「騙されたい人?」と聞かれて、「騙されたい!」と胸を張っ

記事を読む

目標・目的達成に対して最大の障害とは

「海外と繋がるような仕事がしたい。」これが私が自分で起業した理由の一つです。今ようやくその芽が出よう

記事を読む

企業選びの軸が“働く社員”の方へ

「私は“何をするか”より“誰と働くか”ということを重視しておりまして、特に業種等は絞っておりません。

記事を読む

就活で内定が出ない理由

仕事柄、就活生から就活の相談に乗ることが多々あります。そんな時、ほぼ共通して話をしているのが、“貢献

記事を読む

お金を払わずに自分の欲しいものを手にいれる方法

突然ですが、「あなたが今欲しいものは何ですか?」 ち ょ っ と 考 え て く

記事を読む

大人は本音を言わない

あなたはどれだけ周囲の人に本音を語っているでしょうか?30%?50%?はたまた、「自分は常に本音!」

記事を読む

大阪市立中学校長の「女性は2人以上生むことが大切」発言について

大阪市立の中学校の校長先生の「女性は2人以上生むことが大切」発言が未だに波紋を呼んでいるようですね。

記事を読む

選ぶ力ってなんだ?

「選ぶ力がない。」このようなことを学生に対してだけでなく、社会人であっても感じることが多々あります。

記事を読む

敬意を払うことを意識する

“レストランのウエイターに対して横柄な態度を取る”。これが百年の恋も一気に冷める瞬間の一つだそうです

記事を読む

過去に戻ることでやり直したいことは

「もし、あの時にこうしていれば…」なんていうこと、誰しも一つや二つはあるのではないでしょうか。どこか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑