大切なものを失うと何かを得る

公開日: : 最終更新日:2015/12/04 6.価値観・世界観について

Pocket

ぼくを探しに 著:シルヴァスタイン

何かが足りない それでぼくは楽しくない 足りないかけらを探しに行く ころがりながらぼくは歌う 「ぼくはかけらを探してる 足りないかけらを探してる ラッタッタ さあ行くぞ 足りないかけらを探しにね」

部屋を整理していると、こんな絵本に出くわしました。「懐かしい…」と、ページをパラパラめくっていると、以前読んだ時とは違う感覚に陥ります。ネタバレさせますが、この本は自分に足りないものを探す旅をし、それにピッタリのものが見つかるけれど、最後には手放すという話です。

苦労によって失われたものは将来違う形で返ってくる

色んな解釈の仕方はあるようですが、今のキヨカワはこう解釈しました“トレードオフ”。トレードオフとは、何かを得るためには何かを失うという意味です。今皆さんが「欲しい!」と思うものを仮に手に入れたとしても、それによって失っているものもある。逆に、今皆さんが「失った…」と思うものがあったとすると、それによって得られているものもある。世の中の事象は、このトレードオフによって成り立っている気がします。

逆もまた然りで、何かを失うことで、何かを得ることにも繋がるのではないかと感じています。例えば、今苦労している人がいれば、その苦労によって得られているものもあるのではないでしょうか。もちろん、今その得られているものが何なのかが分からないかもしれません。ただ、スティーブジョブスの伝説のスピーチにあるような、将来の点と点が繋がるような、そんなことを起こすための布石になっている可能性は大いにあるのではないかと思います。

何かを得ていれば何かを失い、何かを失えば何かを得る。世の中はそうなっているんじゃないか、と改めて思わされた一冊です。

p.s.
あともう一つのメッセージとしては、「足るを知る」という側面でしょうか。自分が幸せと思うかは、今の状態を幸せと捉えられるかに尽きるような気がします。もちろん、向上心を否定するわけではありません。ただ、今普通に生活ができていることそのものに対して感謝ができなければ、向上心も何もないでしょう、という意味で。

絵本って結構奥深いですよね。

スポンサーリンク


関連記事

仕事で自立した(一人前になった)と認められるには

皆さんの「自立」の定義ですが、自分で何でも出来るようになる力だと思っていませんか?確かに、自分で何で

記事を読む

面接の準備で8割合否が決まる

『準備8割、本番2割』この言葉を聞いたことはあるでしょうか。この意味は、結果というものは本番が2割で

記事を読む

重大な決断をする前に確認したいこと

キヨカワは以前、自転車で車と接触未遂事故を起こしまして、急ブレーキで後輪が持ち上がり、自転車から投げ

記事を読む

やりがいのある仕事を選ぶには

「仕事に対して、お金とやりがい、どちらを望みますか?」このような質問に対して、皆さんはどのようにお答

記事を読む

有益な情報を得る方法

長谷川豊さんがまた強烈な記事を上げています・笑(記事はコチラ)。日本人のメディアリテラシーの低さにつ

記事を読む

方向性を考える上で大事なこと

金沢大学は常に恐れることなく現場の困難に立ち向かっていける次の能力・体力・人間力を備えた人材を育成し

記事を読む

自分の仕事の選び方、天職の見つけ方

<代表に私心いらない> 今、日本代表を率いる岡田武史監督は「our team」という哲学をチームに

記事を読む

厳しい指導と優しい指導

研修や面接等、どんな場面においても「厳しい」と言われがちな私です(苦笑)。もちろん、その自覚症状はあ

記事を読む

仕事がつまらない理由

仕事はじめから1週間。昨日まで3連休と、今日会社に行くのが嫌だったという方は多かったかもしれません。

記事を読む

目標・目的達成に対して最大の障害とは

「海外と繋がるような仕事がしたい。」これが私が自分で起業した理由の一つです。今ようやくその芽が出よう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑