面接で自分の発言に共感してもらう方法

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 5.希望の面接を突破するために

Pocket

面接において大事なのは、自分が話していることを面接官に“共感”してもらえているかどうかというポイントです。基本的に面接にいらっしゃるのはいわゆる“大人”ではあるので、流石に言っていることが理解できないというレベルの方はそうそういません。でも、“理解”というレベルを出られない方はたくさんいらっしゃるのですが、その上に位置する“共感”というレベルでお話出来る方はそれほどいらっしゃらないというのが印象です。なので今日は面接官に“共感”してもらえるように話をしましょう、という話です。

f303180d224f3168c29698b9fabe6038_s

相手に共感してもらうまでのステップとは

自分の意見を相手に共感してもらうにはどうしたら良いでしょうか?便宜的にではありますが、共感というものに至るまでに3つのステップがあるように思えるので、それぞれのステップについて説明したいと思います。

1.言語的に理解できる:これは先に申し上げた話している内容が理解できることですね。

2.論理的に理解ができる:言っていることが論理的には理解ができる状態。ただ、共感に至るには足りないものがあります。

3.価値観が合致している:論理的に説明できるだけでなく、その価値観も合致する。そうすると“共感”が得られます。

身近な社会人とコミュニケーションを取ってみると分かる

ということで、“共感”を得るためのハードルは実は非常に高いのです。面接をしていて感じるのは、3はおろか、2さえも怪しい方が特に学生さんには見受けられます。それはなぜかと言えば、社会人とのコミュニケーション量が絶対的に足りないからです。なので、まず2をクリアするには、自分が面接で話すであろうことを、身近な社会人に話してみるということです。

恐らく、これをほとんどの方がやっていません。もしやっていたら、「それは社会人からするとちょっと的外れな話でしょう」ということを、たいてい指摘されるからです。それを面接という本番において、真顔でお話される。その時点で“共感”されなくなる可能性だってあります。以前から、社会人とのコミュニケーションが圧倒的に足りないという話をしてきましたが、そういった所にも現れてきます。面接という本番ではないところで、自分をもっと試していって下さい。それなしに面接に挑むのは、かなりのリスクを背負って面接に臨んでいるようなものですから、是非、身近な社会人とそういった話をしてみて下さい。

共感を得たいならば、相手のことを知る(企業分析)は必須

そして肝心の3についてですが、これは完全に企業分析の分野の話になります。会社のHP等、会社のアウトプットを自分なりに解釈して、仮説を立て、できればOB訪問等してその答え合わせをし、出た答えを持って面接に臨む。これ以上に“共感”を得られる方法はあるでしょうか。ともあれ、自分自身が今どこで躓いているのか、ということをまずは把握すること。その上でそれぞれの症状にあった対処をされることをオススメします。

スポンサーリンク


関連記事

就職活動と転職活動の違い

新卒時の就職活動と一度社会に出てからの転職活動。同じようなことはするのですが、それらの違いについて意

記事を読む

自己分析で“強み”を見つけるヒント②

「あなたの“強み”は何ですか?」これもよく聞かれる質問だと思います。「私は行動力と精神的なタフさがあ

記事を読む

面接の準備で8割合否が決まる

『準備8割、本番2割』この言葉を聞いたことはあるでしょうか。この意味は、結果というものは本番が2割で

記事を読む

異業種への転職に年齢制限?

転職活動をしていると、必ずしも今と同じ業種、職種で転職しようという方は少ないのではないでしょうか。い

記事を読む

「面接が苦手」を克服するためには

「面接が苦手」 声に出して言うかどうかはともかく、そういった意識のある方は多いのではないでしょうか

記事を読む

面接でコミュニケーション能力が高いと言ってはいけない

『コミュニケーション能力に自信があります!』というような話を面接でするのは微妙という話をしたことがあ

記事を読む

面接で求職者に求められていること

採用担当者の立場になって考えるとは lifehackerのブログで、“採用担当者が求職者に心得てい

記事を読む

リンクアンドモチベーションの提示する4つのP

リンクアンドモチベーションの方が“人材が組織に求め、組織が人材に提供できる4つのP”という考え方を記

記事を読む

志望業界以外を見ないで大丈夫か

清河さんのお話の中で一番印象に残ったのが、「世界を語らず日本を語るな」でした。 私はゼミで国際

記事を読む

面接官への質問時間を戦略的に

「最後に、何か質問はありますか?」この質問が面接において最後にされる質問となることが多いと思います。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑