大企業も終身雇用を保証できない理由

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 1.キャリア構築の大枠の考え方, 6.価値観・世界観について

Pocket

何事も永遠ではない。人は死ぬし建物はいつか壊れる。国も、いわんや企業をや、である。企業の寿命は30年と言われるが、ほとんどの企業の寿命は人間よりはるかに短い。(中略)20歳過ぎで入社し、65歳で定年を迎えるまで40年以上。全盛期を過ぎた会社からすれば、能力にかかわらずあなたは途中で「お荷物」と化す。必ずだ。終身雇用を会社に求めれば、良くて会社の衰退とともに給与カット。悪ければ共倒れだ。労働者は言うだろう。「こんなに尽くしてきたのに、都合が悪くなれば放り出すのか」(中略)労働者は「会社はすぐになくなるもの」と仮定し、働かなくてはならない。それが企業のため、社会のため、ひいては自分のためだ。

(参照:会社はすぐに滅びるもの、という前提で働く。

aadaf795afcc39b32456ba263940343c_s

Hello to the First Visitorでも述べていますが、この記事の通り、終身雇用という制度に期待するのはやめたほうが良い世の中になりつつあると思います。なりつつというのは、もちろん、終身雇用で働くことができればそれはそれで良いことだと思います。しかし、そういった形で勤め上げることが難しくなってきていることは事実として見逃せないと思います。今回はそれを回避するための7か条を引用している記事で言及しています。

是非参照いただければ、というところと、あと少し私の考えを付与していこうと思っています。

1.「会社への忠誠」に価値はない。

忠誠に価値がない、とまでは思いません。忠誠を誓うことで生み出されるものも多分にあります。ただ、忠誠を誓っているのだからこちらの人生を面倒見てよ、という時代は終わっているというところです。その瞬間瞬間で本気になる、という意味で言うならば、必要なことかとは思っています。

2.法令違反をし、離職率の高い職場からはさっさと逃げるべきである。

明らかな法令違反をする、というのは確かにダメですが、企業が法的にグレーな運用をしている側面は存在します。それを含めてしまうと、場合によっては行き場をなくします。一方的に従業員側からの立場で語るのではなく、企業側から物事を見れる力を付ける必要はあります。また、離職率が高い職場、というのも、裏を返せばチャンスかもしれません。そういった危機的状況を改善することに自らかかわれれば、その経験は重宝されることになります。

3.競争は、企業の責任ではなく個人の責任となった。

これは半分正しいが、半分間違い。日本という国は想像以上にセーフティネットがある。リスクを取っても、完全な自己責任となるかと言えばそうでもない。なので、個人はもっとリスクを取って良い。

4.「自らビジネスを作れる能力」が、何にもまして重要になってきている。

上記同様。

5.「会社以外の人脈」が非常に重要となる。

会社以外も確かに重要だが、会社関係で培われる人脈も非常に大事です。

6.ビジネスに必要となる能力はますます高度になっている。

はい。益々複雑で高度になっていきますので、協働の概念は絶対に必要です。

7.貧富の差は拡大する。

これもそうですね。ただ、それは単純な努力の量でもない気がします。まず第一にはピケティが言うように、資産の差で差が拡大する。あとは挑戦の数(リスクを取っていった数)が差を生んでいくのではないかと感じます。

スポンサーリンク


関連記事

日本の労働環境の今後

欧米では一般化している同一労働・同一賃金という考え方。特に経済が成熟化している欧州では常に仕事<

記事を読む

転職のミスマッチを防ぐため?

転職によるミスマッチを防ぐために3ヶ月間のトライアル期間を設けて入社するかどうかを決める「TRYOU

記事を読む

面接の準備で8割合否が決まる

『準備8割、本番2割』この言葉を聞いたことはあるでしょうか。この意味は、結果というものは本番が2割で

記事を読む

リストラされないための備え

本日、今年に入って2度目のサーキットブレイカーが中国で発動されました。それだけでなく、昨日は北朝鮮に

記事を読む

勝てない相手に勝つ方法

そもそも戦略とは何か? 今日は“戦略”についてブログを書きたいと思います。そもそも“戦略”という言

記事を読む

宝くじを当てる方法

皆さんは普段“宝くじ”を買いますか?キヨカワは期待値的なことを考えてしまう人であることと、10枚連番

記事を読む

リスク回避の判断基準

“いかに致命傷を負わないか”ということが大事と先輩起業家から言われてきたことは当ブログでも何度か紹介

記事を読む

夢の叶え方②

下手糞の上級者への道のりは己が下手さを知りて一歩目 (参照:SLAM DUNK 22巻

記事を読む

成長して成功する方法

“世界最強の製造業” GEの勝ち続けるための人材育成と企業文化という記事がニュースイッチというサイト

記事を読む

新人研修での「採用ミス」発言

新人研修真っ最中のこの時期。某新人研修会社の代表が「皆さんの会社は採用ミス」と新入社員に対して発言し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑