企業選びの軸が“働く社員”の方へ

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 2.組織人として生きるために, 6.価値観・世界観について

Pocket

「私は“何をするか”より“誰と働くか”ということを重視しておりまして、特に業種等は絞っておりません。なので、仕事内容よりも社風やそこで働いている社員ひいては社長がどんな方なのか、ということを見るようにしています。」

こういったことを面接でたまに聞きます。気持ちは非常に分かりますし、社会人になっても「うんうん、そうだよね」と思っている方もいらっしゃるかと思います。ただ、現実的に自分の好きな人たちだけで固めて仕事ができるかというと、難しいというのが現実かと思います。

26d9d826f773fc4b753d07debc52091d_s

企業規模が大きくなればなるほど一緒に働ける人は選べない

実は、企業の規模が大きくなればなるほど、その傾向は顕著になる、という事実があることをご存知でしょうか。少し考えれば分かることですが、企業が大きくなればなるほど、その企業で働く方々の価値観は多様化します。多様化すればするほど、自分の価値観と合う人は必然的に少なくなります。(同じ企業でも隣の部署とカラーが違う、というのはこういったところから出てくるわけです)

逆に言えば、本当に自分と同じような価値観を持って働きたいと思っているのであれば、自分の価値観と合う中小企業を見つけた方が希望は叶え易いわけです。もっと言えば、個人事業に近い形になればなるほど、自分自身がコントロールできる範囲は広くなるので、好きな人たちだけで仕事をしたい人は独立すればその願いは叶うわけです。(もちろん、それで収益を上げられるかはまた別問題ですが)

とまあ、そのような事実ベースのことはさておき、たとえ自分と価値観が合わない人と仕事をしなくてはならない際に意識したら良いんじゃないかと思うことを今日は共有しようと思います。

価値観が違う人と死刑制度の是非の答えを出すには

それは、仕事の目的を共有するということです。どんな仕事も一人で完結しないと思うのですが、それぞれの仕事において、最も達成したいことは何なのか、ということをお互いに握ることが本当に大事です。分かりやすいか分かりませんがこんな事例をもとに少し考えてみましょう。

「死刑制度について賛成か反対か、メンバーで総意を取って下さい」さて、こんな場合、あなたならどうしますか。














いかがでしょうか。そのメンバーは何人いるかは分かりませんが、そのメンバーが多くなればなるほど総意は取りにくくなるでしょう。この事例において、総意を取るためには一人ひとりの価値観を聞いてしまうと「絶対にまとまらない」ということは想像に難くないと思います。では、どうするのか。

なぜその議論をするのか、議論を通じて何を達成したいのか

それこそ、この議論の目的を共有するということが大事なわけです。突然この議論が会社の中で起こることはないと思いますが、会社で起こる議論には必ず“背景”があるはずです。なぜ、その議論をしなくてはならないのか、その議論を通じて何を達成したいのか。その目的が明確になってこそ、はじめて議論が前に進むはずなのです。社会人は“結果を出す”ことが使命です。どんな“結果を出すべきなのか”ということをお互いに考えることができれば、価値観がたとえ違っても良い仕事はできるのかなと思います。

スポンサーリンク


関連記事

「好き」を仕事にすべきか否か

“好き”を仕事にすべきか否か 「“好き”を仕事にすべきか否か」。今日はこのテーマについて話をしてい

記事を読む

面接で自分がやりたいことを話す前に考えたいこと

最初に立ちはだかったのはトラックの手配だった。レンタカーはガソリンがないため借りられず、友だちに相談

記事を読む

正論が受け入れられない理由

二人が睦まじくいるためには 愚かでいるほうがいい 立派すぎないほうがいい 立派すぎることは 長持ち

記事を読む

今の受験勉強は意味ない?

<大人と子供 一緒に学べ> 「1+2=3」みたいなことを学んでもしょうがない。正解が1つではないも

記事を読む

問題と課題の違い、そして解決策より問題定義が重要な理由

ある飲食店が客離れに苦しんでいる。客離れだけでなく、客単価もどうやら落ちてしまっている。それに来店す

記事を読む

重大な決断をする前に確認したいこと

キヨカワは以前、自転車で車と接触未遂事故を起こしまして、急ブレーキで後輪が持ち上がり、自転車から投げ

記事を読む

no image

選ぶことが怖いと感じる方へ

“選択と集中”という言葉が好きだ。この言葉を知ったのはいつだろう?と考えると、前職に入るきっかけにな

記事を読む

専業主婦の妥当な年収の記事を受け

最近、マイナビウーマンで「専業主婦の妥当な年収はいくらか」というアンケートで、女性が200万と答えた

記事を読む

大企業も終身雇用を保証できない理由

何事も永遠ではない。人は死ぬし建物はいつか壊れる。国も、いわんや企業をや、である。企業の寿命は30年

記事を読む

未経験のことにどう向き合うか

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」といったのはビスマルクの言葉ですが、歴史(=他者の経験や失敗)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑