研修受講生の心構え

公開日: : 2.組織人として生きるために

Pocket

早いもので4月ももう1/3が終わりました。新入社員のみなさんの多くはまだ研修中かと思いますが、早いところだと今日から現場という会社もあるかもしれません。私も先週は新入社員研修を行わせていただいたわけですが、へとへとになりますね(苦笑)。そんな研修(新入社員研修に限らず)を実施する度に思うことがあるので、それを今日は共有していこうと思います。

0447642ab39529a3dbd8671b21599435_s

研修では、表面的に取り繕う受講生が多い

研修講師として、研修をする度に思うこと。それは、「もっと失敗しても良いのに」ということです。もっと言えば、多くの受講生が“上手くやろうとしすぎ”なのではないかと感じることが非常に多くあります。まず、大前提として“研修”というものは、学びの場であるべきだと思っています。実際の現場の仕事を本番とするのであれば、研修は練習にしか過ぎません。大事なことは実際の現場で失敗しないことであり、そのためのエッセンスをいかに学び取るかということが研修で担うべきポイントであるはずなのです。

ところが、その練習である研修の場において、表面的に取り繕って上手くいっているかのように見せる受講生が多いように思えます。もちろん、教育担当の方がその様子を見ているので、あまりに突飛なことをすると目を付けられてしまうかもしれませんが、そんな目よりも自分自身がその研修で学び取るべきことを自分自身のものにしっかりすることと比べれば、その人の目など気にする必要は全くないわけです。

研修で怒られることは最高の学び

今回私が実施した新人研修でも多くの受講生はそのような態度を取っていました。ただ一人、勘違いをして(?)失敗を恐れず積極的に挑戦してくる受講生がいて、その受講生を怒ることがありました。そんなことがあった後、その受講生は私に謝罪にきて、このようなことを相談してきました。「自分の持ち味はとにかく積極的に動いてみることだったのですが、怒られてしまったことによって、そのような積極性を発揮していって良いのか分からなくなり、どうしたらいいでしょうか。」と。

ここでこの受講生に伝えたのが、「研修において怒られることは良いことだし、それは最高の学びになる」ということです。先に述べた通り、研修というものは本番で失敗しないための学びの場。ここでどれだけ怒られたところで、本番で失敗することと比べれば全く問題にならない範囲の話だと。怒られず、表面的にこなしている受講生の方が実際に現場に出た際に大変な状態になる可能性が高いという事実に気付いていないことの方が問題であると。

お金を払って恥をかく場が研修

研修というのは練習の場であると同時に、その研修内容について研修を受講する時点でできていなくてもOKという意味でもあろうかと思います(でなければわざわざ研修を受けさせないですよね)。研修を受けさせる側にとっては、研修中にどれだけ失敗しようとも問題はなく、いかに本番で成功するようにしてくれるかの方が断然重要なはずです。

「研修というのは、お金を払って恥をかく場」と誰かが仰っていたことを思い出しますが、正にその通りで、そこで学ぶことはできなくて当たり前です。そこであたかもできるように振舞うのではなく、いかにその場での学びを深めるために積極的に動いていくことができるかの方が大事であると、改めて申し上げたいと思います。

スポンサーリンク


関連記事

残業代を支払ってもらう権利主張について

サービス残業を恒常的に繰り返している会社があり、社員がそれを指摘したところ、経営者はそれを認め、「給

記事を読む

大人は本音を言わない

あなたはどれだけ周囲の人に本音を語っているでしょうか?30%?50%?はたまた、「自分は常に本音!」

記事を読む

大企業に在籍しながらベンチャーを経験する

レンタル移籍と聞くと「サッカーか」と思ってしまいますが、この考え方がビジネスの場にも登場してきている

記事を読む

新入社員は無価値か!?

昨日に引き続き、もう一つ新入社員ネタを。新入社員が入ってくる時期なので新入社員関連の様々な記事が上が

記事を読む

新規プロジェクトの進め方で外してはならないこと

“複数の人を巻き込んで1つのプロジェクトを成功させる。”企業においてルーティンで行われていることも含

記事を読む

やりがいのある仕事を選ぶには

「仕事に対して、お金とやりがい、どちらを望みますか?」このような質問に対して、皆さんはどのようにお答

記事を読む

職場のお局さんはうざいか

業務の本質とはそこまで関係のないような必要以上に細かい指摘をしてきたり、関係のない嫌味を言ってきたり

記事を読む

メルカリのmerci box(メルシーボックス)について思うこと

フリマアプリを運営するメルカリが産休・育休あわせて約8ヶ月分の給与を100%保障する「merci b

記事を読む

面接における本音と建前

嘘ばっかりなんですよ、就職活動って。本当に真面目に採用のホームページ作るんだったら、「弊社が求める人

記事を読む

企業選びの軸に是非入れて欲しいこと

後輩が入ってくることは当たり前ではない 「後輩が入ってきて当たり前」このような感覚は、学生時代まで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑