公務員試験・就職浪人を考える前に

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 5.希望の面接を突破するために, 6.価値観・世界観について

Pocket

「ねえねえ、明日合コンがあるんだけど、来ない?」ある日、あなたはこんな誘いを受けました。そもそもそれほど合コンが好きではないし、そもそもお金もない。しかも今は就職活動真っ只中。合コンなんかに行っている場合ではない。「ごめん、就活で忙しくて…」ともっともらしい理由で断るあなた。その夜、パソコンを開くと例の如くメールが届いている。お祈りメールだ。…このメールは本当に自己否定される気分になる。「就職浪人しようかな・・・」そんなことを思う今日この頃。

6ad07dce0f490a6d39820446e0b2d746_s

なんていう人、いませんか?先日リクルートキャリアが発表した記事によると、この9月1日時点で内定が出ている人の割合は78.0%。今年は就活解禁日の時期が後ろ倒しにされたため、純粋にこれまでと比較はできませんが、昨年とほぼ同じ水準、という話にはなっているようです。

リスク回避しているつもりが、違うリスクを背負う結果に

と、そんな話はさておき、就活が上手くいかない時に考えてしまいがちなのが、公務員、専門学校への進学、大学院への進学などではないでしょうか。これらの選択肢を否定するつもりはもちろんありません。ただ、そういった選択をすることによるリスクというものをあまり認識せず、安易に選んでしまっている人も多い印象があります。

例えば公務員の場合。公務員試験というものがあり、多くの人はダブルスクールをして試験に臨みます。…いったいいくらかかるんでしょうね?しかも、当たり前ですが、その金額をかけたところで合格できるかは自分次第。仮に50%の確率で合格できるとしても、50%の確率で落ちます。期待値で計算すると、仮にダブルスクールに50万かかったとすると、25万円のリスクを孕んでいることになります。しかも、初年度で合格しなければ1年間という時間もロスすることに。

選ばなかったことのリスクの検証をしておく必要がある

それにひきかえ、冒頭の“合コン”。リスクとしては、飲み会代の5000円程度、時間にすれば数時間のロスです。でも、場合によってはそこで運命の人に出会えるかもしれない、なんていうオマケ付(笑)今日は何が言いたいかと言うと、“合コンのリスク”と、いきなり“公務員を目指すというリスク”をきちんとリスク比較して欲しいということ。

もちろん、“合コン”というのは少々偏った話かもしれませんので微妙なたとえかもしれません。しかし、“リスク”を取りなれていない人は、こういった感覚がまるでない。「その“リスク”は取るべきじゃないでしょう」という“リスク”を平気で取ってしまう。リスクを取らないことが最大のリスク。小さな“負け”なら良いんです。大きく負けなければ、やり直しはいくらでもきく。いかに小さな“リスク”を負い、“リスク”というものに慣れていくか。そんなことが求められる時代なのではないかと思う今日この頃です。

スポンサーリンク


関連記事

未経験のことにどう向き合うか

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」といったのはビスマルクの言葉ですが、歴史(=他者の経験や失敗)

記事を読む

多くの人が勘違いしている企業研究のやり方

企業研究とは“何”を調べることなのか “企業研究”、皆さんはどうやっていますか?“企業研究”とは一

記事を読む

面接の準備で8割合否が決まる

『準備8割、本番2割』この言葉を聞いたことはあるでしょうか。この意味は、結果というものは本番が2割で

記事を読む

有益な情報を無料で得る方法

「有益な情報は無料ではない」という話を以前のブログでもしたことがありますが、もう少しこの点について突

記事を読む

キャリア教育最大の問題点

昨今の高等教育の現場では“キャリア教育”というものを推進しているようです。何のためにそういった教育を

記事を読む

no image

選ぶことが怖いと感じる方へ

“選択と集中”という言葉が好きだ。この言葉を知ったのはいつだろう?と考えると、前職に入るきっかけにな

記事を読む

面接官への質問時間を戦略的に

「最後に、何か質問はありますか?」この質問が面接において最後にされる質問となることが多いと思います。

記事を読む

「運が悪い」理由

起こったことを受け入れられることを“幸せ”と言い、起こったことを受け入れられないことを“不幸”と言う

記事を読む

分析する自己と分析される自己が分裂する件

女子大生が就活の自己分析について激怒するツイートが拡散されているようですね。「自己分析って分析する自

記事を読む

目標・目的達成に対して最大の障害とは

「海外と繋がるような仕事がしたい。」これが私が自分で起業した理由の一つです。今ようやくその芽が出よう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑