面接は第一印象で決まる?

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 5.希望の面接を突破するために

Pocket

「面接は開始○秒で決まる!」というようなことを聞いたことはあるでしょうか?開始○秒ということはほとんど第一印象で決めているようなものです。「第一印象だけで決めるなんて!」というような声が聞こえてきそうですが、実はこの話を完全に否定することは実はできません。むしろ、半分は事実だろうなとも思います。そんな話を今日はしようと思います。

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

直感のメカニズムはどうなっているか

みなさんは「直感」を信じますか?もし信じない、という方がいらっしゃるようであれば、恐らくそれは「直感」というもののメカニズムをあまり理解されていないので信じない、もしくは、知っていた上で自分を信じない(笑)といういずれかなのだと思います。「直感」のメカニズムがどうなっているかというと、“あなたがこれまで見聞きしてきた経験を元に脳が瞬間的に判断するというメカニズム”になっています。…?という方もいらっしゃるかと思いますので、具体的な例でお話しましょう。

例えば、あなたは何かスポーツをやってきた経験はあるでしょうか?例えば、テニスをやったことがあるとしましょう。これからある人とテニスの試合をしようとして、何度か相手と打ち合う機会があろうかと思います。その瞬間に、「この人上手いな/下手だな」の判断が付いてしまったりしないでしょうか?それは、ラケットの持ち方から始まり、ラケットの振り方、走り方、もっと言えば、その人の表情等々、別にその人の上手さを推し量ろうとするまでもなく、相手の力量が何となく分かってしまう、そんな経験はないでしょうか。もちろん、事前のそのような予想というものは絶対に当たるものではないと思います。ただ、その経験をたくさんしていけばいくほど、その精度は上がっていく…ということは想像しやすいですよね。実は同じ現象が面接官の中でも起こっているわけです。

どこまでいっても面接官も人間。だからこそ第一印象が大事。

ご存知の通り、面接官は1日に何人も面接をしますし、多い面接官では1年間で1,000人以上の方と面接をします。そういった中で、しようと思っていなくとも面接の相手を「こんな方ではないかな」と想像してしまうのです(そして、その相手がそういった相手であることを確認するかのような質問をする…というのが多くの面接官が行ってしまいがちな誤りではあるのですが。きちんと経験のある面接官であれば、そういった傾向がきちんとあると認識しているので、そうならないような質問をきちんと用意しているはずです)。とはいえ、面接をするのはどこまでいっても“人間”ですから、完全に直感的な側面を排除して判断するということは非常に難しいことではあります。そういったことを前提に考えると、第一印象が悪いということは極力避けるようにしなくてはならないわけです。

また、第一印象というものは、面接官と会う、というところの第一印象だけでは実はありません。面接の会場に通してくれる受付の方だったり、その企業でお会いする方全てが判断する材料になっている可能性があるということは見逃せません。コートを会社に入る前に脱いでおくとか、逆に、会社を出る前にコートを着てしまったり、一緒に面接を受けた方とおしゃべりしながら会社を出るなど、見る人が見ると印象が良くない、というようなことは極力避ける必要があります。“神は細部に宿る”ではないですが、細かいところではありますが、万全を期すのはこのようなところを徹底することが実は非常に大事だったりするのです。

スポンサーリンク


関連記事

面接で話せる“すごい経験”がない人へ

"Think Globally, Act Locally."この言葉、よく環境問題を語る上で使われる

記事を読む

転職エージェントを比較する上で知っておきたいこと

転職をする時に転職エージェント(人材紹介会社)を利用する方は多いと思います。有名どころにはとりあえず

記事を読む

志望動機が言いづらい?それ間違いです。

「志望動機を教えてください」 多くの会社で聞かれるであろうこの質問、そういった意味で多くの求職者が

記事を読む

「趣味は読書」じゃダメですか。に思うこと

はてなで“「趣味は読書」じゃダメですか。 ”という記事が話題になっているようです。就活の面接でそう言

記事を読む

自己分析で“強み”を見つけるヒント②

「あなたの“強み”は何ですか?」これもよく聞かれる質問だと思います。「私は行動力と精神的なタフさがあ

記事を読む

努力が報われない理由

「こんなに努力しているのになんで評価されないんだ…」こんなことを思ったことはないでしょうか?これから

記事を読む

自己PRを考える時に気をつけたいこと

“需要と供給”という言葉を聞いたことはありますよね?商品の売買などでよく出てくる考え方の一つだと思い

記事を読む

面接で質問する時の注意点

「何か質問はありますか?」どんな選考においてもこう聞かれることは多いでしょう。「何もありません」は正

記事を読む

面接で結果だけが評価されない理由

学生に「あなたが学生時代一番頑張ったことはなんですか?」って聞くと、どうしても直近の印象深い経験や、

記事を読む

本番の面接で離職率の質問を聞いてはいけない

面接をしていると、離職率に関する質問を受けることがあります。ブラック企業という言葉が流行っているせい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑