面接で「一日の仕事の流れ」を聞いてはいけない理由

公開日: : 最終更新日:2015/12/04 5.希望の面接を突破するために


「一日の仕事の流れを教えて下さい」。面接をしていてこの質問をされることは本当に多いですね。社会に出て働いたことがない学生さんが聞くならばまだしも、社会に一度出ている転職希望者でさえも同じ質問をされるケースは非常に多いです。何の変哲もない質問のように思えますが…気をつけてください。この質問、もし私が面接官だったらマイナスポイントを付ける可能性が高いです。そんな話を今日はしたいと思います。

48140f7a06d83b71fa117a4a6644887f_s

一日の流れを聞かれると、後ろ向きな理由があるように感じる

どういうことかと言うと、たった一日の仕事の流れを聞いたところで、「そんな一日はほとんどない」し、そもそも、「○時から営業に行って、○時に帰ってきて、○時から会議があって…」という非常に抽象的で何かを判断するにはあまりにお粗末な内容にしかなりません。それを聞いてどうするのか?と思うわけです。

そういった質問する人に詳しく聞いてみたのですが、出てきたのが「イメージしたい」という答えが返ってきました。正確に言えば、「自分の想像の範囲内にあるものなのかどうかを確認したい」ということなのだろうとも思います。もしそこに自分が想像する範囲を越えてくるような嫌なことがあったら入社するのは嫌だなとか、範囲内にあることで安心したいなとか、どちらかと言えば“後ろ向き”な理由で出てくる質問のような印象がどうしても拭えません。

これからは柔軟性や臨機応変さが求められる時代。だからこそ本番で聞くな。

これからの時代、どの企業も安泰ではないし、どんなことが起こるか分かりません。そんな中で、いつも同じ仕事を同じようにしていくことができるかというと、極めて難しい時代になってきていると思っています。柔軟性というか、臨機応変さが非常に求められる時代になってきていると思うのです。そんな中で、自分の想像の範囲内で安心したい、というマインドそのものに対して「大丈夫だろうか」というような疑惑をかけざるを得なくなるわけですね。

もちろん、人間が一番恐怖を覚えるものは自分にとって未知のものですから、不安に思う気持ちも非常によく分かります。以前の記事でも上げておりますが、そういったマイナスの要因を含む質問は、本番の面接以外の場所で解消すべきことなのだと思います。面接官に変に勘ぐられるような要素をわざわざ自分から提供する必要はないのではないかと思いますよ。

スポンサーリンク


関連記事

自己分析で“強み”を見出した時の落とし穴

この顔に見覚えはありますでしょうか?そう、「ちびまる子ちゃん 」の山田くんです。「山田!」と

記事を読む

公務員試験・就職浪人を考える前に

「ねえねえ、明日合コンがあるんだけど、来ない?」ある日、あなたはこんな誘いを受けました。そもそもそれ

記事を読む

面接で弱みを聞かれた時の返し方

本日のテーマは“自分の“弱み”を“強み”に転じる”ということ。「今からその“弱み”を克服するために頑

記事を読む

本番の面接で離職率の質問を聞いてはいけない

面接をしていると、離職率に関する質問を受けることがあります。ブラック企業という言葉が流行っているせい

記事を読む

異業種への転職に年齢制限?

転職活動をしていると、必ずしも今と同じ業種、職種で転職しようという方は少ないのではないでしょうか。い

記事を読む

【自己分析】リーダーシップがない人はいない

リーダーシップとは何か? 色んな本で言われていることだと思いますが、“リーダーシップ”とは周りの人

記事を読む

面接は第一印象で決まる?

「面接は開始○秒で決まる!」というようなことを聞いたことはあるでしょうか?開始○秒ということはほとん

記事を読む

面接後の質問時間を安易に考えてはいけない

○面接官がガッカリする転職希望者の逆質問 面接官への質問は本当に聞きたいことだけを聞くべきで、

記事を読む

面接時の質問で求職者の評価が変わる

営業利益率を聞かれた面接官が思うこと 「御社の営業利益率は何%ですか?」こんな質問をして来た求職者

記事を読む

【就職活動】インターンシップに参加すべきか

2017年卒の就活の面接解禁日が6月1日と確定しました。ご存知の通り、6月1日はあくまで経団連加入企

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよきよ

    ドラクエ・FF好きで、ドラクエ10とFFRKは現在進行形でプレイ中。本業はフリーの人事コンサルタント。

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑