面接で「一日の仕事の流れ」を聞いてはいけない理由

公開日: : 最終更新日:2015/12/04 5.希望の面接を突破するために

Pocket

「一日の仕事の流れを教えて下さい」。面接をしていてこの質問をされることは本当に多いですね。社会に出て働いたことがない学生さんが聞くならばまだしも、社会に一度出ている転職希望者でさえも同じ質問をされるケースは非常に多いです。何の変哲もない質問のように思えますが…気をつけてください。この質問、もし私が面接官だったらマイナスポイントを付ける可能性が高いです。そんな話を今日はしたいと思います。

48140f7a06d83b71fa117a4a6644887f_s

一日の流れを聞かれると、後ろ向きな理由があるように感じる

どういうことかと言うと、たった一日の仕事の流れを聞いたところで、「そんな一日はほとんどない」し、そもそも、「○時から営業に行って、○時に帰ってきて、○時から会議があって…」という非常に抽象的で何かを判断するにはあまりにお粗末な内容にしかなりません。それを聞いてどうするのか?と思うわけです。

そういった質問する人に詳しく聞いてみたのですが、出てきたのが「イメージしたい」という答えが返ってきました。正確に言えば、「自分の想像の範囲内にあるものなのかどうかを確認したい」ということなのだろうとも思います。もしそこに自分が想像する範囲を越えてくるような嫌なことがあったら入社するのは嫌だなとか、範囲内にあることで安心したいなとか、どちらかと言えば“後ろ向き”な理由で出てくる質問のような印象がどうしても拭えません。

これからは柔軟性や臨機応変さが求められる時代。だからこそ本番で聞くな。

これからの時代、どの企業も安泰ではないし、どんなことが起こるか分かりません。そんな中で、いつも同じ仕事を同じようにしていくことができるかというと、極めて難しい時代になってきていると思っています。柔軟性というか、臨機応変さが非常に求められる時代になってきていると思うのです。そんな中で、自分の想像の範囲内で安心したい、というマインドそのものに対して「大丈夫だろうか」というような疑惑をかけざるを得なくなるわけですね。

もちろん、人間が一番恐怖を覚えるものは自分にとって未知のものですから、不安に思う気持ちも非常によく分かります。以前の記事でも上げておりますが、そういったマイナスの要因を含む質問は、本番の面接以外の場所で解消すべきことなのだと思います。面接官に変に勘ぐられるような要素をわざわざ自分から提供する必要はないのではないかと思いますよ。

スポンサーリンク


関連記事

面接官がムカつく理由

面接官にムカついた(ネガティブな感情にさせられた)。そんな経験をしたことのある方も多いのではないでし

記事を読む

面接官の顔色が突然変わる原因

「さっきまでにこやかだった面接官の顔色が突然変わった」こんな経験はないでしょうか?また、たとえ顔色が

記事を読む

3年以内の転職の是非

厚生労働省が大卒の3割が3年で会社を辞めてしまうという調査結果を発表しました。「最近の若者は

記事を読む

面接に遅刻したら

面接で遅刻する…ということはあってはならないことではありますが、電車の遅延をはじめとした不測の事態で

記事を読む

努力が報われない理由

「こんなに努力しているのになんで評価されないんだ…」こんなことを思ったことはないでしょうか?これから

記事を読む

面接で事業内容を聞かれたら

中途の方との面談や、会社説明会を受けていない学生さんとの面談の時、実は、求職者を試すような(?)質問

記事を読む

異業種への転職に年齢制限?

転職活動をしていると、必ずしも今と同じ業種、職種で転職しようという方は少ないのではないでしょうか。い

記事を読む

面接官への質問時間を戦略的に

「最後に、何か質問はありますか?」この質問が面接において最後にされる質問となることが多いと思います。

記事を読む

面接で嘘が見抜かれる理由

「あなたが好きです、付き合ってください!」なんてことを“初対面の人”に突然言われたらどう思いますか?

記事を読む

面接で結果だけが評価されない理由

学生に「あなたが学生時代一番頑張ったことはなんですか?」って聞くと、どうしても直近の印象深い経験や、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑