面接官に共感してもらう話し方

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 5.希望の面接を突破するために


「私の強みは、『好奇心に対する行動力』です。高校までは部活一筋で、毎日毎日同じ事を週7日間やっていました。一つのことを極めていくということも非常に魅力的ではあるのですが、何となく自分の視野が狭くなっていっている気がして、大学では興味を持ったものはとりあえずやろう!という思考に切り替え、行動しようと思いました。

大学時代にまず興味を持ったのがフリーペーパーの記者です。なぜ、フリーペーパーの記者を始めようかと思ったかというと、老若男女問わず様々な方に出会い、お話が出来ると思った点と、記者という立場を利用して、通常では行けない様な所にも行けると思ったからです。そんな取材を繰り返す中で出会った「海外ボランティア」をしているAさんに出会い、その方とのお話の中で、そのボランティアにも興味を持ちました。早速そのボランティアを通じてインドネシアに行き、現地の方のホスピタリティに感動し、日本に帰ってきたら自分自身が海外の人々に対して同じ事をしてあげようと、海外の方で日本在住の方をサポートするようなボランティア団体に所属して活動しています。以上の点から、私は『好奇心に対する行動力』が自分の強みだと思っています。」

877c8b7a18cc956b901260168feb9e18_s

ストーリーがあるからこそ共感が得られる

この自己PRを読んでどう思われますでしょうか?単発の質問に対してここまで話すのは、人によってはやりすぎと言われる可能性はあるものの、個人的に「強みを語る」という点では、非常に良い答えではないかと思っています。

良い答えだと思うポイントはいくつかあるのですが、一番は、共感出来るという点にあります。なぜ、共感出来るかと言えば、上記がストーリー(物語)で語られているからです。下記は同じ経験をしている人で、違う言い方をしてみたので、とりあえず読んでみて下さい。


「私の強みは、『好奇心に対する行動力』です。大学時代、私はフリーペーパーの記者として、様々な方に出会い、普通の人には出来ないような経験をしてきました。あと、インドネシアに「海外ボランティア」に参加した経験もあります。また、海外の方で日本在住の方をサポートするようなボランティア団体に所属して活動しています。以上の点から、私は『好奇心に対する行動力』が自分の強みだと思っています。」

聞きたいのはあなたの人生という物語

別に言っている内容は悪くないと思うのですが、冒頭と比べると、「ふ~ん」となるんです。なぜでしょう?大きな理由としては、「結論」しか書いていないことにあると思います。桃太郎で言えば、桃から生まれた桃太郎が鬼を退治しましたみたいな感じですね。…「ふ~ん」、ですよね。これでは実際の内容が良くとも、共感されないんです。モッタイナイ。

あなたはあなたの人生という物語の主人公であり、今はその途中。今までどんな人生を歩んできて、どんなことを考え、これからどうなっていきたいのか。それを物語の途中で聞かれている。それが面接なんじゃないかな、と思います。実際に面接の場で語るかどうかはともかく、自分の物語を語れるようにしておくのは良いことだと思いますよ。(矛盾も生まれにくいですから)

P.S.
ダニエル・ピンク著、大前研一氏訳の「ハイ・コンセプト」 でも同じようなことを言っています。これからは「共感」の時代。相手から「共感」されないでやれる仕事は、全部途上国でやられるか、コンピューターに持ってかれるでしょう。大事なのは「共感力」です。

スポンサーリンク


関連記事

no image

面接では第一印象が本当に重要

皆さんはリアルアキバボーイズ(RAB)というダンスグループをご存知でしょうか。見た目アキバ系、でも、

記事を読む

面接で自分のやりたいことを言うときの注意点

先日、ある学生さん達の“業界研究中間発表会”なるものに参加してきました。「業界をしっかりと研究して、

記事を読む

面接で嘘が見抜かれる理由

「あなたが好きです、付き合ってください!」なんてことを“初対面の人”に突然言われたらどう思いますか?

記事を読む

志望動機で“商品・サービスのファン”はありか

「私は人々に夢や希望を与えられる仕事をしたいと思っています。なので、第一志望は“オリエン○ルランド”

記事を読む

【自己分析】自分の強みの見つけ方

先日、こんな就活生に会いました。「私、たとえ私が悪くなくても、謝るということに対して抵抗がないんです

記事を読む

自分のアイデアを採用してもらう方法

「自分のアイデアを形に出来るような仕事がしたい!」そんなことを考えて面接で話をされる方をたまに見掛け

記事を読む

3年以内の転職の是非

厚生労働省が大卒の3割が3年で会社を辞めてしまうという調査結果を発表しました。「最近の若者は

記事を読む

面接後の質問時間を安易に考えてはいけない

○面接官がガッカリする転職希望者の逆質問 面接官への質問は本当に聞きたいことだけを聞くべきで、

記事を読む

面接で質問する時の注意点

「何か質問はありますか?」どんな選考においてもこう聞かれることは多いでしょう。「何もありません」は正

記事を読む

自分にしかできない仕事がしたいですか?

「誰でも出来るようなルーティン・ワークではなく、自分にしか出来ないような仕事がしたいんです!」面接時

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよきよ

    ドラクエ・FF好きで、ドラクエ10とFFRKは現在進行形でプレイ中。本業はフリーの人事コンサルタント。

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑