【自己分析】自分の強みの見つけ方

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 5.希望の面接を突破するために


先日、こんな就活生に会いました。「私、たとえ私が悪くなくても、謝るということに対して抵抗がないんです。むしろ、率先してその役を買って出ます。だって、そうすることでその相手とより良い信頼関係を築けるチャンスじゃないですか。」こういったことを「え、それって普通ですよね?」と言わんばかりの顔で言われるとビックリしますね。普通じゃないですよ(笑)

fe7d07dd78ebfec9b0485bb99ae0ba53_s

自分にとって当たり前のことは気付けない

上記は誰もが、頭では分かっていると思います。けれども、それを実践できる人、というのは中々お目にかかりません。それを“素”でやれるというのは、もっと凄いことです。でも、上記でお分かりになる通り、本人はその凄さに気付いていませんでした。実は、強み、というのはこういったところにあると思います。

一人で机に向かってはいけないのは、他の人との比較が必要なため

自分にとっては当たり前、だからこそ気付かない。そんなものだったりするのです。一人で机に向かって自己分析するな、なんていう話をしたことがありますが、その理由は正にコレ。他の人との比較においてでしか、“自分の特徴”というのは絶対に見えてきません。そしてその“特徴”こそが、他の人に貢献出来る(喜んで貰える)ポイント。つまり、他の人に認めてもらえるポイントなわけです。

人間は承認されたい生き物です。仕事上で承認される、これこそが生き生きと働けることに繋がっています。ご自身の“特徴”が一体何なのか?就職活動も終盤に差し掛かっていますが、今一度、他の人と比較して探してみても良いかもしれませんよ。

スポンサーリンク


関連記事

面接で自分の発言に共感してもらう方法

面接において大事なのは、自分が話していることを面接官に“共感”してもらえているかどうかというポイント

記事を読む

面接で質問する時の注意点

「何か質問はありますか?」どんな選考においてもこう聞かれることは多いでしょう。「何もありません」は正

記事を読む

面接官の顔色が突然変わる原因

「さっきまでにこやかだった面接官の顔色が突然変わった」こんな経験はないでしょうか?また、たとえ顔色が

記事を読む

異業種への転職に年齢制限?

転職活動をしていると、必ずしも今と同じ業種、職種で転職しようという方は少ないのではないでしょうか。い

記事を読む

残念な面接官もいることを知る

日経ビジネスONLINEで、“こんな学生は採らない 人事が語る「残念な人」”という特集が組まれていま

記事を読む

キャリアプランの答え方は気をつけろ

こんな風にキャリアプランを言っていませんか? キャリアプランの作り方: ①現状を把握する ②5

記事を読む

多くの人が勘違いしている企業研究のやり方

企業研究とは“何”を調べることなのか “企業研究”、皆さんはどうやっていますか?“企業研究”とは一

記事を読む

面接官に共感してもらう話し方

「私の強みは、『好奇心に対する行動力』です。高校までは部活一筋で、毎日毎日同じ事を週7日間やっていま

記事を読む

面接の準備で8割合否が決まる

『準備8割、本番2割』この言葉を聞いたことはあるでしょうか。この意味は、結果というものは本番が2割で

記事を読む

面接官に質問例にある質問をすると…

良い社員になりそうな求職者が面接でよく聞く7つの質問ということで、下記の質問が挙げられていました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよきよ

    ドラクエ・FF好きで、ドラクエ10とFFRKは現在進行形でプレイ中。本業はフリーの人事コンサルタント。

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑