面接で弱みを聞かれた時の返し方

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 5.希望の面接を突破するために

Pocket

本日のテーマは“自分の“弱み”を“強み”に転じる”ということ。「今からその“弱み”を克服するために頑張りましょう」なんて言う気は全くありません。今日の結論を端的に言えば、視点を変えよう、という話です。どういうことかというと“強み”というのは“状況”によって“弱み”にも転じてしまうということがあるということなのですから、逆もまた然りなはずです。

 fb31cedd2139ac50ce54a42960eca92c_s

弱みは強みの裏返しでもある

つまり、“弱み”と思っていることも、“状況”によっては“強み”に転じさせることが出来るということです。どういうことか?例えば、自分自身の“弱み”として、積極的に人に話しかけにいけないなんていう“弱み”を持っている人がいるとしましょう。そういった“弱み”というのは、裏を返せば“非常に慎重”で、“極力失敗をしないようにしようとしている行動”でもあります。

人に話しかけることによる失敗、というのは別にちょっと恥をかくことくらいかもしれないので大した失敗ではないと思いますが、絶対に失敗してはいけないシーンにおいては、この“非常に慎重”で、“極力失敗をしないようにしようとしている行動”は“強み”に転じるわけです。なので、自分の“弱み”なんていうのは、どういった状況で発揮するかによって“強み”にもなるということなのです。

強みを考えるために弱みを考えてみる

なので、“強み”を考えて出てこない人は、“弱み”を考えてみるといいかもしれません。「あなたの“弱み”は何ですか?」「その“弱み”が“強み”に転じるシーンはありませんか?」「そのシーンが日常にあるような企業はありませんか?」こう考えると、自分の“弱み”を“強み”に転じつつ、そしてその“強み”を活かせる会社にいけるのだと思います。“弱み”を自分の短所を思うわず、“強み”に転じさせる。そういった考えも一つかと思います。

面接で「弱み」を聞かれた時こそ、これを言え

よく面接で、「あなたの強みは分かりました。逆に弱みは何ですか?」と聞かれるケースがあります。その時の答えとして最も適切な答え方が、裏を返せば「強み」になる答えです。面接官によっては、その「弱み」をどう克服しようとするのか、ということを求めてくるケースがありますが、そうしたらいかに「強み」が出るように意識し、「弱み」が出ないようにしていることを言えば良いでしょう。その相関関係がない答え方をすると、相手に突っ込みどころを与えてしまうことになりますので、覚えておいてください。

スポンサーリンク


関連記事

自己分析で“強み”を見つけるヒント

○最高の成果を生み出す 6つのステップ 著:マーカス・バッキンガム 仕事を始めたばかり

記事を読む

no image

面接で「一日の仕事の流れ」を聞いてはいけない理由

「一日の仕事の流れを教えて下さい」。面接をしていてこの質問をされることは本当に多いですね。社会に出て

記事を読む

「面接が苦手」を克服するためには

「面接が苦手」 声に出して言うかどうかはともかく、そういった意識のある方は多いのではないでしょうか

記事を読む

就職活動と転職活動の違い

新卒時の就職活動と一度社会に出てからの転職活動。同じようなことはするのですが、それらの違いについて意

記事を読む

転職理由の嘘と本音

転職理由・退職理由を聞かれるのが困る…転職の面接でそれらを聞かれた際、答え方に困る方は多いのではない

記事を読む

「趣味は読書」じゃダメですか。に思うこと

はてなで“「趣味は読書」じゃダメですか。 ”という記事が話題になっているようです。就活の面接でそう言

記事を読む

面接官の顔色が突然変わる原因

「さっきまでにこやかだった面接官の顔色が突然変わった」こんな経験はないでしょうか?また、たとえ顔色が

記事を読む

自分にしかできない仕事がしたいですか?

「誰でも出来るようなルーティン・ワークではなく、自分にしか出来ないような仕事がしたいんです!」面接時

記事を読む

面接で結果だけが評価されない理由

学生に「あなたが学生時代一番頑張ったことはなんですか?」って聞くと、どうしても直近の印象深い経験や、

記事を読む

面接官に質問例にある質問をすると…

良い社員になりそうな求職者が面接でよく聞く7つの質問ということで、下記の質問が挙げられていました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑