面接で弱みを聞かれた時の返し方

Pocket

本日のテーマは“自分の“弱み”を“強み”に転じる”ということ。「今からその“弱み”を克服するために頑張りましょう」なんて言う気は全くありません。今日の結論を端的に言えば、視点を変えよう、という話です。どういうことかというと“強み”というのは“状況”によって“弱み”にも転じてしまうということがあるということなのですから、逆もまた然りなはずです。

 fb31cedd2139ac50ce54a42960eca92c_s

弱みは強みの裏返しでもある

つまり、“弱み”と思っていることも、“状況”によっては“強み”に転じさせることが出来るということです。どういうことか?例えば、自分自身の“弱み”として、積極的に人に話しかけにいけないなんていう“弱み”を持っている人がいるとしましょう。そういった“弱み”というのは、裏を返せば“非常に慎重”で、“極力失敗をしないようにしようとしている行動”でもあります。

人に話しかけることによる失敗、というのは別にちょっと恥をかくことくらいかもしれないので大した失敗ではないと思いますが、絶対に失敗してはいけないシーンにおいては、この“非常に慎重”で、“極力失敗をしないようにしようとしている行動”は“強み”に転じるわけです。なので、自分の“弱み”なんていうのは、どういった状況で発揮するかによって“強み”にもなるということなのです。

強みを考えるために弱みを考えてみる

なので、“強み”を考えて出てこない人は、“弱み”を考えてみるといいかもしれません。「あなたの“弱み”は何ですか?」「その“弱み”が“強み”に転じるシーンはありませんか?」「そのシーンが日常にあるような企業はありませんか?」こう考えると、自分の“弱み”を“強み”に転じつつ、そしてその“強み”を活かせる会社にいけるのだと思います。“弱み”を自分の短所を思うわず、“強み”に転じさせる。そういった考えも一つかと思います。

面接で「弱み」を聞かれた時こそ、これを言え

よく面接で、「あなたの強みは分かりました。逆に弱みは何ですか?」と聞かれるケースがあります。その時の答えとして最も適切な答え方が、裏を返せば「強み」になる答えです。面接官によっては、その「弱み」をどう克服しようとするのか、ということを求めてくるケースがありますが、そうしたらいかに「強み」が出るように意識し、「弱み」が出ないようにしていることを言えば良いでしょう。その相関関係がない答え方をすると、相手に突っ込みどころを与えてしまうことになりますので、覚えておいてください。

スポンサーリンク


キヨカワ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする