働かなくてはならない理由

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 6.価値観・世界観について

Pocket

「迷惑をかけない」なんて綺麗事でしかない。じゃあ、自分が助けられている以上、自分は別の局面で他者を助けられないかと考えるようになるんですね。それが私の多様性の根源的な部分、ベースなんです。 私と比べると、ほかの人の「苦手」って私よりも見えにくいものだから、なんとかごまかせてしまう。だから、みんな隠したり必死に埋めようと労力を費やすんですよね。
出典:「人に迷惑をかけない」なんて綺麗事でしかない──乙武さんと多様性を掘り下げる

 f4c761749b5134c685e6077db2a98d65_s

働かなくてはならない理由はここにある

乙武さんとサイボウズ青野さんの多様性に関する対談の記事が非常に共感値が高いのでシェアしたいと思います。これは本来社会というものが存在する意味とイコールなのではないかと思うわけです。私たちが様々な便益を受けられているのは、自分で全てを行うことができないということが前提にあり、だからこそ助けてもらえるシステム=社会になっているのだと思います。

「なぜ働かなければならないのか?」という問いを学生から受けることがあるけれども、働かなくてはならない最大の理由はここにあり、働かないことは今受けている便益を受けるシステム=社会から離れることと同義なはずです(なので、社会から離れられる人はいわゆる社会で働く必要はないかもしれません。その代わりに違った形の労働をすることにはなると思いますが)。

できないことを表明することで助けてくれる人が現れる

記事のように、苦手なことやできないことを表明することを日本人は嫌がる傾向はありますよね。もちろん、初めから「何もできません!」というようなスタンスでいるのはどうかとは思いますが、できないことを表明すると、それを助けてくれる人が意外と現れるものです。

人間というのは、元来誰かを助けたいと思っている生き物だと思います。自分が誰かの役に立った、ということを感じられると、それ自体が自分の存在意義を認めてもらえているように感じられる経験は誰しもあるのではないでしょうか。そういったマインドがあるわけですから、誰かが自分のできることで「助けて欲しい」と言ってきたとしたら、「自分ができることなら」と進んで助けようとすると思いませんか。

何でも一人でできるようになる=自立ではない

今の社会は、何でも一人でできると勘違いし易いですし、それが自立だと思っている方も多いのではないかと思います。このような社会の仕組みがあってはじめて今の生活が成り立っていることを改めて認識する必要があると感じます。

スポンサーリンク


関連記事

就職に資格はどこまで役に立つのか

就職活動が始まる時期だからか、“資格系”のCMが目立つようになりました。非常に個人的な話ですが、某M

記事を読む

「運が悪い」理由

起こったことを受け入れられることを“幸せ”と言い、起こったことを受け入れられないことを“不幸”と言う

記事を読む

方向性を考える上で大事なこと

金沢大学は常に恐れることなく現場の困難に立ち向かっていける次の能力・体力・人間力を備えた人材を育成し

記事を読む

夢を見つける方法

「夢を持とう!」というようなことを言う人は多いように思います。確かに、夢というものが人に活力を与え、

記事を読む

no image

目的達成は犠牲の上

○鋼の錬金術師 著:荒川弘 このマンガのメインテーマになっている等価交換という考え方を

記事を読む

騙されたくない人はチャンスを失っている!?

騙されたくない=チャンスを失っている!? 「騙されたい人?」と聞かれて、「騙されたい!」と胸を張っ

記事を読む

目標・目的達成に対して最大の障害とは

「海外と繋がるような仕事がしたい。」これが私が自分で起業した理由の一つです。今ようやくその芽が出よう

記事を読む

ビジネスマナーでメールの危うさを改めて認識させる

対面はもとより、電話やメール、今ではLINEなどのソーシャルメディアに至るまで、誰かとコミュニケーシ

記事を読む

【就活解禁時期変更を受けて】経団連はバカなのか?

週末、経団連が就活の解禁時期を8月から6月へ変更する方針であることを発表していました。これを受けて、

記事を読む

no image

就活での学歴差別が許せない人へ

○大人のルール―誰も教えてくれなかった 著:中谷彰宏 努力していない人ほど、「不公平だ」、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑