やりがいのある仕事を選ぶには

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 2.組織人として生きるために, 6.価値観・世界観について


「仕事に対して、お金とやりがい、どちらを望みますか?」このような質問に対して、皆さんはどのようにお答えになるでしょうか。実はこれ、先日キヨカワがグループディスカッションの練習のお手伝いをした時に出たテーマなのですが、そこで面白い話をしたのでシェアしたいと思います。ちなみに、先に皆さんの答えを聞きたいと思います。

free-illustration-money-01










多くの人が“やりがい”を選んでいたが…

いかがでしょうか。解説に入る前に、当日のグループディスカッションのほとんどのチームが出した答えから発表します。それは、“やりがい”です。その理由は色々と話し合われていましたが、まあ、その部分は割愛します(笑)さて、この答えに対して、皆さんはどうでしたでしょうか?皆さんも“やりがい”を選ばれましたか?

…さて、これを受けてキヨカワがした話をこれからしたいと思います。結論から言うと、私は“お金”を選びました。もちろん、多くの人が答えた“やりがい”という結論を出した、気持ちは非常に分かります。でも、分かっても“お金”を選ぶんです。「キヨカワは金の亡者だから」ということ、かもしれませんが(笑)、それ以上に、「その仕事に“やりがい”を見出せるかどうかは、自分次第」と思っているためです。

やりがいは誰かから与えられるものではない

何が言いたいかというと、多くの人は“やりがい”というものを、与えられるものと思っていないか、という投げかけをしたかったわけです。残念ながら、同じ仕事をしていても、やりがいを感じてやれる人とそうでない人がいます。それは、もちろん、それまでの経験によるところもありますが、物事を解釈する力というものが非常に関係していると思っています。

だから、どんな仕事であっても、何かしらのやりがいを見つけることは出来る、そういったある程度の自信が付いたからこそ、“お金”を選ぼうと思った訳です。もちろん、どんな仕事でも(犯罪とか)となると、難しいと思いますが、ある程度なら出来るんじゃないかなと思えるようになってきたと思っています。

働いていない学生さんに、そこまでの自信を持ってもらうのは難しいかもしれません。けれども、覚えておいて欲しいのは、“やりがいは与えられるものではなく、自分で見つけるもの”であるということ。最終的には自分次第。そこを忘れないで欲しいなと思います。

スポンサーリンク


関連記事

ジェネラリストとスペシャリスト、どちらを目指すべき

2012年の8月に発売した“ドラクエ10”。それまではゲームを卒業していたのに、それでゲームに復帰し

記事を読む

相談に求めるのは共感か、解決策か

「解決策を求めているのか、共感を求めているのか」。人に何かを相談する時、その相談した後の結果としてど

記事を読む

研修がつまらないと思っている人へ

Googleの収益モデルは何か? 皆さんは“Google”がどのように収益を上げているかをご存知で

記事を読む

自己分析で“強み”を見つけるヒント

○最高の成果を生み出す 6つのステップ 著:マーカス・バッキンガム 仕事を始めたばかり

記事を読む

問題の多くは”既得権益”が絡む~それを壊すには

世の中には大小様々な問題があるかと思いますが、その多くの問題は“既得権益”という言葉で説明がつくこと

記事を読む

挑戦(チャレンジ)を支えるリスクヘッジとは

皆さんは“空中ブランコ”を見たことがありますか?以前、シルクドソレイユを観に行ったことがあるのですが

記事を読む

仕事に行きたくない時の対処法

「仕事に行きたくない」仕事をしているとこのように思うこともあるでしょう。この感覚が一時的なものであれ

記事を読む

no image

最高峰のチームの中でレギュラーを勝ち取る

○心を整える。 著:長谷部誠 ■外見は自分だけのものではない 高校時代、服部先生は

記事を読む

相互理解は異文化だけの話ではない

「相互理解」という言葉を聞いたことはあるでしょう。端的にその意味を言えば、“お互いにお互いのことを理

記事を読む

収監前と後のホリエモンの変化

週末ふとテレビを付けると、ホリエモン(堀江貴文氏)が出ていました。見ていて改めて思うのは、“極めて合

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよきよ

    ドラクエ・FF好きで、ドラクエ10とFFRKは現在進行形でプレイ中。本業はフリーの人事コンサルタント。

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑