やりがいのある仕事を選ぶには

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 2.組織人として生きるために, 6.価値観・世界観について

Pocket

「仕事に対して、お金とやりがい、どちらを望みますか?」このような質問に対して、皆さんはどのようにお答えになるでしょうか。実はこれ、先日キヨカワがグループディスカッションの練習のお手伝いをした時に出たテーマなのですが、そこで面白い話をしたのでシェアしたいと思います。ちなみに、先に皆さんの答えを聞きたいと思います。

free-illustration-money-01










多くの人が“やりがい”を選んでいたが…

いかがでしょうか。解説に入る前に、当日のグループディスカッションのほとんどのチームが出した答えから発表します。それは、“やりがい”です。その理由は色々と話し合われていましたが、まあ、その部分は割愛します(笑)さて、この答えに対して、皆さんはどうでしたでしょうか?皆さんも“やりがい”を選ばれましたか?

…さて、これを受けてキヨカワがした話をこれからしたいと思います。結論から言うと、私は“お金”を選びました。もちろん、多くの人が答えた“やりがい”という結論を出した、気持ちは非常に分かります。でも、分かっても“お金”を選ぶんです。「キヨカワは金の亡者だから」ということ、かもしれませんが(笑)、それ以上に、「その仕事に“やりがい”を見出せるかどうかは、自分次第」と思っているためです。

やりがいは誰かから与えられるものではない

何が言いたいかというと、多くの人は“やりがい”というものを、与えられるものと思っていないか、という投げかけをしたかったわけです。残念ながら、同じ仕事をしていても、やりがいを感じてやれる人とそうでない人がいます。それは、もちろん、それまでの経験によるところもありますが、物事を解釈する力というものが非常に関係していると思っています。

だから、どんな仕事であっても、何かしらのやりがいを見つけることは出来る、そういったある程度の自信が付いたからこそ、“お金”を選ぼうと思った訳です。もちろん、どんな仕事でも(犯罪とか)となると、難しいと思いますが、ある程度なら出来るんじゃないかなと思えるようになってきたと思っています。

働いていない学生さんに、そこまでの自信を持ってもらうのは難しいかもしれません。けれども、覚えておいて欲しいのは、“やりがいは与えられるものではなく、自分で見つけるもの”であるということ。最終的には自分次第。そこを忘れないで欲しいなと思います。

スポンサーリンク


関連記事

論理的思考(ロジカルシンキング)が必要とか言う前に

「あいつはロジカルじゃないよね」「論理的にそれ間違ってない?」などなど、ビジネスの場で“ロジカル(シ

記事を読む

敬意を払うことを意識する

“レストランのウエイターに対して横柄な態度を取る”。これが百年の恋も一気に冷める瞬間の一つだそうです

記事を読む

no image

夢はどうやったら叶えられるか

「最後の授業」が教えてくれること あなたはランディ・パウシュ氏の「最後の授業」 を見たことはありま

記事を読む

面接における本音と建前

嘘ばっかりなんですよ、就職活動って。本当に真面目に採用のホームページ作るんだったら、「弊社が求める人

記事を読む

成長して成功する方法

“世界最強の製造業” GEの勝ち続けるための人材育成と企業文化という記事がニュースイッチというサイト

記事を読む

先見性を養うためには

先週いっぱいで仕事納めの方もいらっしゃったようですが、多くの方が今日が仕事納めのようですね。2015

記事を読む

挑戦(チャレンジ)を支えるリスクヘッジとは

皆さんは“空中ブランコ”を見たことがありますか?以前、シルクドソレイユを観に行ったことがあるのですが

記事を読む

夢を見つけることよりも大事なこと

「あなたがもし、宇宙飛行士になれるチャンスがあったとしたら、なりたいと思いますか―」この質問にYES

記事を読む

凡ミスが多いことへの対策&ヒント

最近、仕事上でミスをしてしまいました…クライアントには大変ご迷惑をお掛けしてしまい、本当に申し訳ない

記事を読む

no image

弱者が目的達成する方法

<決断とは「他の可能性を切り捨てる」こと> 決断することが感嘆で効果的なら、ナイキのコマーシャルの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑