全国大会で優勝する一つの方法

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 2.組織人として生きるために, 3.マネジメント人材になるために


最近では甲子園常連校となった沖縄の興南高校。今でこそ有名校ではありますが、恐らくこの高校を一躍有名にしたのが2010年に果たした甲子園優勝(沖縄勢初)、しかも春夏連覇というものでしょう。この高校の実力の裏側に、こんなエピソードがあったことはあまり知られていないかもしれないので、今日はそれを共有します:

興南高校には強豪らしからぬ事情がある。同校は全国制覇するようなチームとしては珍しく、野球に秀でた中学生を対象にしたセレクションと呼ばれる試験や、スカウト活動は一切していない。野球の技術の高さを理由にした特待生も認めていない。

興南の生徒なら誰でも野球部に入部できるし、一度入部した生徒を我喜屋監督は簡単に退部させない。結果的に3学年で130人を超える大所帯だ。部員が多いと1人当たりの練習機会はどうしても減ってしまう。それでも、1学年の部員数を制限したり、大量に入部させて見込みのある生徒以外は退部に追い込んだりする策は取らない。

それは、「野球をやりたいと思う生徒を放り出すことはできない」という前提に立って、最善を尽くすのが高校野球だと思っているからだ。企業にも雇用に対する責任があるように、高校野球にも生徒の意思を尊重する責任があると考える。

(日経ビジネス2010.6.14号p79)

0fdedccf17b46d5a7ceae897cbac3316_s

一体感を作り出して全国優勝につなげた

上記の記事だけではなく、他のメディアも含めて彼らから感じるのは一体感です。実は、彼らが春に全国制覇をした時、その時のレギュラーがその一体感を乱すような行為をしたそうです。その行為とは…“後輩をパシリに使う”“掃除をしない”“遅刻をする”なんていう、他の学校ではごくごく普通にありそうなこと。それを見た我喜屋監督は、全国制覇のレギュラー含め、試合に出さないという処分を下したそう。恐らく、全国4,000校ある野球部の中で、結果が出ていながらそういった処分を下せているのはそう多くないと思います。しかも、そういった学校が全国で優勝する、しかも、マイナーなスポーツではなく、野球といった最激戦スポーツにおいて、です。

上記のような状況を知ってからというもの、すっかり興南高校のファンとなり、彼らに本当に勝って欲しいと本気で思うようになりました。そしてその夏の連覇という偉業を達成されたわけです。そういったチームこそ勝ち上がれる、また、そういった企業こそ勝ち上がれる、そう思わされたことと記憶しています。

スポンサーリンク


関連記事

権限委譲の正しいやり方

権限委譲 与えられた(業務)目標を達成するために、組織の構成員に自律的に行動する力を与えること

記事を読む

会社を辞めると決めた時に知っておきたい8つのこと

「会社を辞める」ということは多くの方にとって一大決心になろうかと思います。その「辞める」という意思を

記事を読む

正論が受け入れられない理由

二人が睦まじくいるためには 愚かでいるほうがいい 立派すぎないほうがいい 立派すぎることは 長持ち

記事を読む

成長して成功する方法

“世界最強の製造業” GEの勝ち続けるための人材育成と企業文化という記事がニュースイッチというサイト

記事を読む

自社商品(サービス)に誇りが持てない方へ

塾講師が忙しいだけなら別にいいんです。しかしオーバーワークのしわ寄せは全て授業のクオリティーに影響し

記事を読む

ビジネスにおけるNGワード

「私は個人的に○○の方が良いと思う」このような発言を会社内でしている方はいらっしゃらないでしょうか。

記事を読む

組織を改善・改革するためには

「なんでうちの会社は○○(不満)なんだ。」組織というものに所属している以上、100%満足していられる

記事を読む

待てないことで失っているもの

ビジネスにおいて“時間を有効活用する”ということが重要であることは言うまでもないでしょう。ただ、“時

記事を読む

仕事に行きたくない時の対処法

「仕事に行きたくない」仕事をしているとこのように思うこともあるでしょう。この感覚が一時的なものであれ

記事を読む

相談に求めるのは共感か、解決策か

「解決策を求めているのか、共感を求めているのか」。人に何かを相談する時、その相談した後の結果としてど

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよきよ

    ドラクエ・FF好きで、ドラクエ10とFFRKは現在進行形でプレイ中。本業はフリーの人事コンサルタント。

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑