面接で求職者に求められていること

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 5.希望の面接を突破するために, 6.価値観・世界観について

Pocket

採用担当者の立場になって考えるとは

lifehackerのブログで、“採用担当者が求職者に心得ていてほしいこと”というタイトルのブログが挙がっていました。見出しを羅列するとこんな感じ。

1.迅速であるべきだが、早すぎる時間に面接場所に行ってはいけない
2.募集条件を満たせない仕事に応募しないこと
3.応募する会社のことを調べる
4.お見合いだと思って臨む
5.面接でする質問を準備していく
6.履歴書に自分のPCスキルをすべて書く
7.ウソをつくとばれるかもしれない
8.礼状を出す
9.しつこく結果をせかさない
10.採用担当者の立場になって考える

全ての意見に全面的に賛同するわけではありませんが、希望の面接を通過する上では非常に大事なポイントが含まれています。

9196e47d754ba388b2ccac42e62f339b_s

その非常に重要なポイントとは、相手の立場に立つという視点です。この“相手の立場に立つ”という言葉ですが、当たり前のように捉えている方も多いのですが、かなりの多くの人が勘違いしているとも思っています。どういうことかと言うと、「(もし自分が採用担当者だったら)こう思う」というように考えているからです。




と、「クエッションマーク」が頭によぎった方、是非次を読んでください。

あなたはどこまでもいってもあなたであり、相手ではない

相手の立場に立つ、というのは、もしあなたがその人(相手)の立場だったらを考えることではないと思っています。なぜなら、あなたはどこまでいっても“あなた”であり、相手の方ではないからです。考える主体が“あなた”である以上、“相手”にはなれない、ということです。

なので、“相手の立場に立つ”ということの第一ステップとしては、自分の考えを放棄するということからはじめます。そして第二ステップは、相手の声に耳を傾けるということをします。採用ページはもちろん、採用担当者が発信しているブログ、また、企業そのものが発信している情報(特に沿革など)を総合的に拾っていく必要があります。そして、第三のステップとして、それらの情報発信の根源になっているもの(価値観)は何なのかということを考えるのです。そして理想的には、これらのステップによって考え出された仮説を先方にぶつけられれば最高です。(なので、就活でOB訪問ができるというのは、最高の答え合わせの機会になるわけです)

相手(採用担当者)は相手(採用担当者)ごとに異なる

このようなステップを繰り返していくことこそ、相手の立場に立つということなはずです。この考えを踏まえれば、上記10項目は、その“相手”によって多少なりとも変わるということが分かるのではないでしょうか。ここに相手の立場に立つことの難しさがあるのだとは思いますが、これをきちんと乗り越えると、結果的にはお互いにミスマッチをなくし、良い関係を築いていけるのではないかなと思うわけです。相手の立場に立ったつもりにならず、相手の背景にまで迫って、本当の意味での相手の立場に立つところまで行っていただきたと思います。

P.S.
個人的な意見としては、2と8は別に必要ないかなと思います。2は応募するだけしてみる、というのも思わぬチャレンジになります。宝くじは買わないと当たらないように、とりあえず応募するというスタンスは大事かなと。もちろん、結果がついてくるかは別問題ですが。8については、余程送る理由がなければ必要ない印象です。話が本当に盛り上がって、本当に楽しい時間が共有できた、というような内容なら良いですが、大して盛り上がらず、受かりたい的なニュアンスで送られると…厳しいかなと。あと、7については、見抜けない面接官が悪いかなあと思うので、これについてはどっちもどっちという印象でしょうか。

スポンサーリンク


関連記事

ビジネスマナーでメールの危うさを改めて認識させる

対面はもとより、電話やメール、今ではLINEなどのソーシャルメディアに至るまで、誰かとコミュニケーシ

記事を読む

身分不相応な憧れの企業から内定を取る方法

突然ですが、もしあなたが特定の誰かと「付き合いたい!」と思った時、今までどんな行動を取ってきましたか

記事を読む

志望業界以外を見ないで大丈夫か

清河さんのお話の中で一番印象に残ったのが、「世界を語らず日本を語るな」でした。 私はゼミで国際

記事を読む

努力が報われない理由

「こんなに努力しているのになんで評価されないんだ…」こんなことを思ったことはないでしょうか?これから

記事を読む

選ぶ力ってなんだ?

「選ぶ力がない。」このようなことを学生に対してだけでなく、社会人であっても感じることが多々あります。

記事を読む

no image

最高峰のチームの中でレギュラーを勝ち取る

○心を整える。 著:長谷部誠 ■外見は自分だけのものではない 高校時代、服部先生は

記事を読む

多くの人が勘違いしている企業研究のやり方

企業研究とは“何”を調べることなのか “企業研究”、皆さんはどうやっていますか?“企業研究”とは一

記事を読む

志望動機で“商品・サービスのファン”はありか

「私は人々に夢や希望を与えられる仕事をしたいと思っています。なので、第一志望は“オリエン○ルランド”

記事を読む

ありのままの自分で面接に臨んではいけない

面接をしていると、こんな考えを持っている方によく会います。「ありのままの自分を見て欲しい/ありのまま

記事を読む

「好き」を仕事にすべきか否か

“好き”を仕事にすべきか否か 「“好き”を仕事にすべきか否か」。今日はこのテーマについて話をしてい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑