成長する方法

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 2.組織人として生きるために

Pocket

突然ですが、「10人、あなたがよく話すなぁと思う人を思い浮かべてください」













4c524471b24117357cef8a0cbd162478_s
いかがでしたでしょうか?どんな人がその中には含まれていますか?あなたの親友、恋人、サークルやバイト先の友人、両親、兄弟姉妹、etc…と、どういった人で構成されるかは、人それぞれかと思います。さて、その構成を見て、あなたはどう思いますか?

その10人こそ今のあなたを形作っている

今回言いたいのは、実はその10人こそが、今のあなたを形作っていると言っても過言ではない、ということです。例えばその10人のほとんどが同級生の場合、良くも悪くもその同級生が考える思考レベルでご自身も物事を考えています。それ以上でも、それ以下でもありません。むしろ、それ以上やそれ以下になってくると、段々付き合う人が変わってきます。なぜなら、話が合わなくなるからです。

人は無意識でいると、自分が心地が良いところに行こうとするので、自分にとって良い具合のところで落ち着きます。そういった時に周りにいる人の平均が、正にあなたというワケです。なので、類友(類は友を呼ぶ)とはよく言ったもので、その人を知りたければ、その人の周りの人がどんな人なのかを見てみれば分かるのです。その考え方を応用すると、自分が普段付き合っている人を、自分が目標とすべき人ばかりに変えていくと、その平均が自分なのでかなりの成長が見込めます。

成長を望むなら、10人を変えていく必要がある

ただ、そういった場に居続けること自体ハードルが高いことなので、結構難しいことだったりします。「成長したい!」と多くの人が言いますが、上記のようなことまでして成長志向を持っている人は少ないです。「いや、今の友達は大事だし」と思っている人は、その友達以上にはなれないでしょう。もちろん、友達を切れ、ということを言うつもりはありません。けれども、そうすることでその思考から出られないのも事実としてあります。その辺りとどう付き合うのか?そういったことを“意識的”にどうしていこうかを考えるのは大事なのではないでしょうか。あなたがよく話す10人の平均はあなた覚えておいて損はないのではないでしょうか。

スポンサーリンク


関連記事

no image

最高峰のチームの中でレギュラーを勝ち取る

○心を整える。 著:長谷部誠 ■外見は自分だけのものではない 高校時代、服部先生は

記事を読む

仕事で自立した(一人前になった)と認められるには

皆さんの「自立」の定義ですが、自分で何でも出来るようになる力だと思っていませんか?確かに、自分で何で

記事を読む

クビにならないように上司に反対する方法

ライフハッカーの記事で“クビにならないように上司に反対する方法”という記事が上がっていました。ポイン

記事を読む

新年度のご挨拶代わりに

本日は4月1日ということで、本日から新年度、新しい生活が始まるという方も多いかと思います。また、自分

記事を読む

新入社員は無価値か!?

昨日に引き続き、もう一つ新入社員ネタを。新入社員が入ってくる時期なので新入社員関連の様々な記事が上が

記事を読む

仕事の段取りで絶対に見逃してはならないこと

「仕事の段取りで、“進める手順”が“内容”よりも大事なことがある」 この事実をきちんと認識して

記事を読む

歳をとる度に気をつけたいこと

先日の出張の帰りの新幹線の中で、どこからともなくゲームの音が聞こえてきました。「子供かな…」と思って

記事を読む

努力が報われない理由

「こんなに努力しているのになんで評価されないんだ…」こんなことを思ったことはないでしょうか?これから

記事を読む

企業選びの軸に是非入れて欲しいこと

後輩が入ってくることは当たり前ではない 「後輩が入ってきて当たり前」このような感覚は、学生時代まで

記事を読む

問題を全て自分で抱え込んでしまう人へ

皆さんにとって、コネってどういうイメージがありますか?そう、「あれってあの人のコネでそうなったんだよ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑