成長する方法

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 2.組織人として生きるために


突然ですが、「10人、あなたがよく話すなぁと思う人を思い浮かべてください」













4c524471b24117357cef8a0cbd162478_s
いかがでしたでしょうか?どんな人がその中には含まれていますか?あなたの親友、恋人、サークルやバイト先の友人、両親、兄弟姉妹、etc…と、どういった人で構成されるかは、人それぞれかと思います。さて、その構成を見て、あなたはどう思いますか?

その10人こそ今のあなたを形作っている

今回言いたいのは、実はその10人こそが、今のあなたを形作っていると言っても過言ではない、ということです。例えばその10人のほとんどが同級生の場合、良くも悪くもその同級生が考える思考レベルでご自身も物事を考えています。それ以上でも、それ以下でもありません。むしろ、それ以上やそれ以下になってくると、段々付き合う人が変わってきます。なぜなら、話が合わなくなるからです。

人は無意識でいると、自分が心地が良いところに行こうとするので、自分にとって良い具合のところで落ち着きます。そういった時に周りにいる人の平均が、正にあなたというワケです。なので、類友(類は友を呼ぶ)とはよく言ったもので、その人を知りたければ、その人の周りの人がどんな人なのかを見てみれば分かるのです。その考え方を応用すると、自分が普段付き合っている人を、自分が目標とすべき人ばかりに変えていくと、その平均が自分なのでかなりの成長が見込めます。

成長を望むなら、10人を変えていく必要がある

ただ、そういった場に居続けること自体ハードルが高いことなので、結構難しいことだったりします。「成長したい!」と多くの人が言いますが、上記のようなことまでして成長志向を持っている人は少ないです。「いや、今の友達は大事だし」と思っている人は、その友達以上にはなれないでしょう。もちろん、友達を切れ、ということを言うつもりはありません。けれども、そうすることでその思考から出られないのも事実としてあります。その辺りとどう付き合うのか?そういったことを“意識的”にどうしていこうかを考えるのは大事なのではないでしょうか。あなたがよく話す10人の平均はあなた覚えておいて損はないのではないでしょうか。

スポンサーリンク


関連記事

個人としてのリスク回避と企業人としてのそれは違う

前回のエントリーに続き、今回のテーマも“リスク”について。前回は、“個人”としてどのようなリスク回避

記事を読む

努力が報われない理由

「こんなに努力しているのになんで評価されないんだ…」こんなことを思ったことはないでしょうか?これから

記事を読む

自己分析で“強み”を見つけるヒント

○最高の成果を生み出す 6つのステップ 著:マーカス・バッキンガム 仕事を始めたばかり

記事を読む

専業主婦の妥当な年収の記事を受け

最近、マイナビウーマンで「専業主婦の妥当な年収はいくらか」というアンケートで、女性が200万と答えた

記事を読む

面接における本音と建前

嘘ばっかりなんですよ、就職活動って。本当に真面目に採用のホームページ作るんだったら、「弊社が求める人

記事を読む

相談に求めるのは共感か、解決策か

「解決策を求めているのか、共感を求めているのか」。人に何かを相談する時、その相談した後の結果としてど

記事を読む

問題と課題の違い、そして解決策より問題定義が重要な理由

ある飲食店が客離れに苦しんでいる。客離れだけでなく、客単価もどうやら落ちてしまっている。それに来店す

記事を読む

転職先は研修制度が充実している企業を選ぶべきか

質問者:トップ20パーセントには全てを尽くし、真ん中70パーセントにはトップになる方法を教える。下位

記事を読む

新卒で転職を考えるその前に

新卒の皆さまは入社して半年が経ちましたね。「右も左も分からないという状況だったものが、少し仕事に慣れ

記事を読む

企業選びの軸が“働く社員”の方へ

「私は“何をするか”より“誰と働くか”ということを重視しておりまして、特に業種等は絞っておりません。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよきよ

    ドラクエ・FF好きで、ドラクエ10とFFRKは現在進行形でプレイ中。本業はフリーの人事コンサルタント。

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑