何かを成し遂げたい時に覚えておきたいこと

公開日: : 最終更新日:2015/12/05 2.組織人として生きるために, 6.価値観・世界観について

Pocket

○One piece (巻10) 著:尾田 栄一郎

「おれは剣術を使えねェんだコノヤロー!!!
     航海術も持ってねェし!!!
     料理も作れねェし!!
     ウソもつけねェ!!
     おれは助けてもらわねェと生きていけねェ自信がある!!!」
「てめェに一体何ができる!!?」
「お前に勝てる」

ハイ、今日はワンピース です(笑)ワンピースの中でも非常に有名なシーンの一つで、色んな所で引用されているのを見かけます。

誰が何ができるのかを知っている人は強い

一見、物語の主人公らしからぬ、

おれは助けてもらわねェと生きていけねェ自信がある!!!

という言葉、実は物凄く大事な概念です。鉄鋼王と言われたアンドリュー・カーネギー ですが、実は彼は“たった一つのこと”を除いて何も出来なかったと言います。その“たった一つのこと”とは、誰が何ができるかを知っていた、それだけだそうです。

多くの日本人は、何かを成し遂げる時、全てを自分でやろうとする傾向にあります。日本の教育は“カンニングは悪”という風に教育してきていますから、自分一人で何とかすることが正々堂々としていることであり、そうすべきと皆が考えるのも無理はありません。ただ、そういったことは学生までなんです。社会人になってからは一人でやろうとすることこそ愚行だと思っています。

自分が不完全であることを受け入れる

人間は絶対に完璧にはなり得ません。いや、完璧になれるだけの時間が人間にはないと言った方が良いでしょう。人生という限られた時間の中で、最大限のパフォーマンスを上げるには、誰かの助けを借りるということが間違いなく必要になってきます。そうするためには、まず自分自身が完全になろうとすることを手放す、つまり、不完全な自分を受け入れるということが物凄く大事なんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク


関連記事

挑戦(チャレンジ)を支えるリスクヘッジとは

皆さんは“空中ブランコ”を見たことがありますか?以前、シルクドソレイユを観に行ったことがあるのですが

記事を読む

働かなくてはならない理由

「迷惑をかけない」なんて綺麗事でしかない。じゃあ、自分が助けられている以上、自分は別の局面で他者を助

記事を読む

凡ミスが多いことへの対策&ヒント

最近、仕事上でミスをしてしまいました…クライアントには大変ご迷惑をお掛けしてしまい、本当に申し訳ない

記事を読む

no image

夢はどうやったら叶えられるか

「最後の授業」が教えてくれること あなたはランディ・パウシュ氏の「最後の授業」 を見たことはありま

記事を読む

転職先が決まる前に辞めるのはNGか

“「辞めてから次を探す」はキケン!転落する人がやりがちなこと”というタイトルの記事で、キャリアコンサ

記事を読む

面接の準備で8割合否が決まる

『準備8割、本番2割』この言葉を聞いたことはあるでしょうか。この意味は、結果というものは本番が2割で

記事を読む

忙しい人が実践している時間の作り方

○官僚に学ぶ仕事術 著:久保田崇 自分がコントロールできることに集中する 世の中には自分

記事を読む

「運が悪い」理由

起こったことを受け入れられることを“幸せ”と言い、起こったことを受け入れられないことを“不幸”と言う

記事を読む

仕事で“やりたいことが見つからない”時

「仕事に面白みがなく、毎日が淡々としている。やりたいことをすべきと言われても、何をやりたいのかが分か

記事を読む

no image

大切なものを失うと何かを得る

○ぼくを探しに 著:シルヴァスタイン 何かが足りない それでぼくは楽しくない 足りない

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑