何かを成し遂げたい時に覚えておきたいこと

公開日: : 最終更新日:2015/12/05 2.組織人として生きるために, 6.価値観・世界観について

Pocket

○One piece (巻10) 著:尾田 栄一郎

「おれは剣術を使えねェんだコノヤロー!!!
     航海術も持ってねェし!!!
     料理も作れねェし!!
     ウソもつけねェ!!
     おれは助けてもらわねェと生きていけねェ自信がある!!!」
「てめェに一体何ができる!!?」
「お前に勝てる」

ハイ、今日はワンピース です(笑)ワンピースの中でも非常に有名なシーンの一つで、色んな所で引用されているのを見かけます。

誰が何ができるのかを知っている人は強い

一見、物語の主人公らしからぬ、

おれは助けてもらわねェと生きていけねェ自信がある!!!

という言葉、実は物凄く大事な概念です。鉄鋼王と言われたアンドリュー・カーネギー ですが、実は彼は“たった一つのこと”を除いて何も出来なかったと言います。その“たった一つのこと”とは、誰が何ができるかを知っていた、それだけだそうです。

多くの日本人は、何かを成し遂げる時、全てを自分でやろうとする傾向にあります。日本の教育は“カンニングは悪”という風に教育してきていますから、自分一人で何とかすることが正々堂々としていることであり、そうすべきと皆が考えるのも無理はありません。ただ、そういったことは学生までなんです。社会人になってからは一人でやろうとすることこそ愚行だと思っています。

自分が不完全であることを受け入れる

人間は絶対に完璧にはなり得ません。いや、完璧になれるだけの時間が人間にはないと言った方が良いでしょう。人生という限られた時間の中で、最大限のパフォーマンスを上げるには、誰かの助けを借りるということが間違いなく必要になってきます。そうするためには、まず自分自身が完全になろうとすることを手放す、つまり、不完全な自分を受け入れるということが物凄く大事なんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク


関連記事

就職に資格はどこまで役に立つのか

就職活動が始まる時期だからか、“資格系”のCMが目立つようになりました。非常に個人的な話ですが、某M

記事を読む

自分のやり方にこだわる危険性

○Works No.105 早稲田の監督就任1年目のことだった。10番というチームの司令塔とな

記事を読む

大人は本音を言わない

あなたはどれだけ周囲の人に本音を語っているでしょうか?30%?50%?はたまた、「自分は常に本音!」

記事を読む

no image

選ぶことが怖いと感じる方へ

“選択と集中”という言葉が好きだ。この言葉を知ったのはいつだろう?と考えると、前職に入るきっかけにな

記事を読む

引くに引けない状態・現象=思考停止

「ここまでやっているのだから引くに引けない」。こんなような感覚に陥った経験がある方も多いのではないで

記事を読む

論理的思考(ロジカルシンキング)が必要とか言う前に

「あいつはロジカルじゃないよね」「論理的にそれ間違ってない?」などなど、ビジネスの場で“ロジカル(シ

記事を読む

今の時代に求められるリーダーシップの型

イエスは彼らを呼び寄せて言われた、「あなたがたの知っているとおり、異邦人の支配者と見られている人々は

記事を読む

組織で提案を通す方法

コトを進める前に人間模様マップを作成してみる 出典:東洋経済 東洋経済オンラインで“成功する

記事を読む

相互理解は異文化だけの話ではない

「相互理解」という言葉を聞いたことはあるでしょう。端的にその意味を言えば、“お互いにお互いのことを理

記事を読む

no image

最高峰のチームの中でレギュラーを勝ち取る

○心を整える。 著:長谷部誠 ■外見は自分だけのものではない 高校時代、服部先生は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑