目的達成の障害となる意外なもの

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 6.価値観・世界観について

Pocket

201207131655298f9

20120713170812c04

20120713170812302
出典:ワンピース

感情に走って反撃しそうになる

ご存知ワンピースのワンシーンですが、非常に考えさせられるシーンの一つだと思っています。ルフィは仲間であるナミを救うために島に上陸しようとするのですが、同じ仲間のビビが撃たれ、それに怒って反撃しようとするところを撃たれたビビに止められる、というもの。

仲間を大切にする、というルフィの価値観が揺らぐことはありませんが、上記の瞬間、病気のナミのことを忘れ、目の前で撃たれたビビのことを優先しそうになります。もちろん、撃たれたビビが致命傷であればまた違った対応にはなろうかと思いますが、致命傷かどうかは関係なく、単に感情に走り反撃をしようとしたわけです。「自分がルフィだったら…」なんてことはありませんが、なかなか止まれない衝動に駆られるのではないかと思います。

感情が目的を達成させることを遠回りさせる

もちろん事例は全く違うものの、現実には目的を達成する上で“感情”というものが邪魔をしているケースがたくさんあるように感じます。例えば、英語が喋れるようになりたい、という目的を持っていたとしましょう。そのために英会話のスクールに行ったり、英語の勉強を頑張ったりするのだと思いますが、英語を喋れるようになるためには、留学してしまうということが最も速く目的を達成する方法だと思います。

もちろん、時間やお金といった制約があり、現実的に留学ができないという方もいらっしゃると思います。ただ、それが本当に時間やお金の制約が原因なのか、というところに立ち返る必要はあると感じます。むしろ、留学に対しての「不安」という感情が邪魔をしている可能性はないでしょうか。もしくは、留学にそれだけの時間やお金をかけるだけの価値を見出していないか、いずれかでしょう。(そうすると目的を改めて修正する必要がありますね)

目的を見失っていないかを確認してみる必要性

目的達成を邪魔しているのは、実はお金や時間ではなく、自分自身の感情の可能性は大いにありえます。今回のビビのような人がいれば目的を見失わずに済みますが、多くの場合、そういった人がいるのは稀有。時には立ち止まって、感情が邪魔をしていないか確認してみるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク


関連記事

市川市の保育園の開園断念問題

市川市の保育園の開園が住民の反対により断念されたというニュースが大きく報道されていますね。報道上では

記事を読む

大阪市立中学校長の「女性は2人以上生むことが大切」発言について

大阪市立の中学校の校長先生の「女性は2人以上生むことが大切」発言が未だに波紋を呼んでいるようですね。

記事を読む

仕事がつまらない理由

仕事はじめから1週間。昨日まで3連休と、今日会社に行くのが嫌だったという方は多かったかもしれません。

記事を読む

一流になるための方法

<一流目指すなら早く独立を> テキサス州ダラスの中心部にあるテキサス大サウスウエスタンメディカ

記事を読む

将来、未来が不安な理由

「僕の友人に10ヶ月で世界80ヶ国を回ってきた友人がいるんだけれども、平均すると各国に3日程度しかい

記事を読む

no image

将来に不安があるのに行動できない理由

○鈴木敏文の「話し下手でも成功できる」著:勝見明 提言47:人は「してもらった満足

記事を読む

選ぶ力ってなんだ?

「選ぶ力がない。」このようなことを学生に対してだけでなく、社会人であっても感じることが多々あります。

記事を読む

サービス残業は当たり前か!?

「残業代は月給に含まれているようで出ないんです」このような話をよく聞きます。残業をしても残業代が出な

記事を読む

志望業界以外を見ないで大丈夫か

清河さんのお話の中で一番印象に残ったのが、「世界を語らず日本を語るな」でした。 私はゼミで国際

記事を読む

英会話スクールで英語が喋れるようにならない理由

“PDCA”この言葉は、多くの方が聞いた事のある言葉だと思います。念のため“PDCA”というものをW

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑