目的達成の障害となる意外なもの

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 6.価値観・世界観について

Pocket

201207131655298f9

20120713170812c04

20120713170812302
出典:ワンピース

感情に走って反撃しそうになる

ご存知ワンピースのワンシーンですが、非常に考えさせられるシーンの一つだと思っています。ルフィは仲間であるナミを救うために島に上陸しようとするのですが、同じ仲間のビビが撃たれ、それに怒って反撃しようとするところを撃たれたビビに止められる、というもの。

仲間を大切にする、というルフィの価値観が揺らぐことはありませんが、上記の瞬間、病気のナミのことを忘れ、目の前で撃たれたビビのことを優先しそうになります。もちろん、撃たれたビビが致命傷であればまた違った対応にはなろうかと思いますが、致命傷かどうかは関係なく、単に感情に走り反撃をしようとしたわけです。「自分がルフィだったら…」なんてことはありませんが、なかなか止まれない衝動に駆られるのではないかと思います。

感情が目的を達成させることを遠回りさせる

もちろん事例は全く違うものの、現実には目的を達成する上で“感情”というものが邪魔をしているケースがたくさんあるように感じます。例えば、英語が喋れるようになりたい、という目的を持っていたとしましょう。そのために英会話のスクールに行ったり、英語の勉強を頑張ったりするのだと思いますが、英語を喋れるようになるためには、留学してしまうということが最も速く目的を達成する方法だと思います。

もちろん、時間やお金といった制約があり、現実的に留学ができないという方もいらっしゃると思います。ただ、それが本当に時間やお金の制約が原因なのか、というところに立ち返る必要はあると感じます。むしろ、留学に対しての「不安」という感情が邪魔をしている可能性はないでしょうか。もしくは、留学にそれだけの時間やお金をかけるだけの価値を見出していないか、いずれかでしょう。(そうすると目的を改めて修正する必要がありますね)

目的を見失っていないかを確認してみる必要性

目的達成を邪魔しているのは、実はお金や時間ではなく、自分自身の感情の可能性は大いにありえます。今回のビビのような人がいれば目的を見失わずに済みますが、多くの場合、そういった人がいるのは稀有。時には立ち止まって、感情が邪魔をしていないか確認してみるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク


関連記事

挑戦(チャレンジ)を支えるリスクヘッジとは

皆さんは“空中ブランコ”を見たことがありますか?以前、シルクドソレイユを観に行ったことがあるのですが

記事を読む

仕事で自立した(一人前になった)と認められるには

皆さんの「自立」の定義ですが、自分で何でも出来るようになる力だと思っていませんか?確かに、自分で何で

記事を読む

問題を全て自分で抱え込んでしまう人へ

皆さんにとって、コネってどういうイメージがありますか?そう、「あれってあの人のコネでそうなったんだよ

記事を読む

仕事で“やりたいことが見つからない”時

「仕事に面白みがなく、毎日が淡々としている。やりたいことをすべきと言われても、何をやりたいのかが分か

記事を読む

目的を達成する方法③

他力本願という言葉を聞いたことがあると思います。これ、あまり良いイメージはないですよね。人まかせなイ

記事を読む

重大な決断をする前に確認したいこと

キヨカワは以前、自転車で車と接触未遂事故を起こしまして、急ブレーキで後輪が持ち上がり、自転車から投げ

記事を読む

学生が社会人と対等に話すためには

就職人気ランキングの企業に入ることは良い事か? 今回のテーマは、解釈です。今日は根本的な所のお話を

記事を読む

リスクを取ることを怖いと思う方へ

「踏切を渡る時、電車の信号が“赤”だと安心するんですよね。それは“電車が来ない”ってことですから。逆

記事を読む

夢の叶え方

ある早稲田大学の教授が“夢”を“YouME”と表記していました。分解するとYouとMeです。つまり、

記事を読む

安保法案反対のデモの本当の意図…?

先週末に渋谷で成立した安保法案に反対するデモがあったようです。彼らの主張はもちろん、「戦争反対」。そ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑