学生が社会人と対等に話すためには

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 5.希望の面接を突破するために, 6.価値観・世界観について

Pocket

就職人気ランキングの企業に入ることは良い事か?

今回のテーマは、解釈です。今日は根本的な所のお話を少ししたいと思っています。その話をする前にちょっとこの質問にお答え下さい。「就職人気ランキングの企業に入社することは良い事だ」このことに対して、あなたは賛成ですか?反対ですか?
1217bd6d6e91f9818248e41d5e84de14_s












さて、いかがでしょうか?当たり前ですが、この問いに対して“賛成”という人もいるし、“反対”という人もいるでしょう。まぁ、一般的に“賛成”とする方の方が多いのではないでしょうか。とはいえ、それぞれ別にどっちが合っているかとか、間違っているかなど絶対に決められないと思います。なぜなら、“賛成”と言う人は“賛成”という人なりの、また、“反対”の人は“反対”という人なりの、それまでに培ってきた経験や価値観に基づいた“解釈”をしてそれを判断しているだけだからです。

解釈はその人の経験と価値観からくるもの

以前、“そこにあるのは事実だけ” という話をしていますが、それをどう捉えるかはその人次第となるのです。で、ここからが大事になるのですが、その“解釈”をどういった経験ないし価値観を以てしているのかという点。例えば、同じ“賛成”と仰る方でも、「ランキングに上がる位良い会社なんだから当然賛成でしょ」という解釈と、「大事なのはその企業が注力していく市場だったり、もし、それが間違っていた時に軌道修正が可能かどうかの柔軟性、そして、そういった変化にも対応していけるだけの実力が付けられる環境があるかということをトータルで考えた上で、ランキングにある全ての企業とは言い難いが、その内いくつかの企業はそう思えるので、概ね賛成する」というところまでの解釈とでは、全く別物になってしまいます。

社会人とのコミュニケーションが解釈の幅を広げる

ここまでの解釈が出来るかどうか、というのは、やはり社会人とのコミュニケーションが間違いなく必要になってくる、という訳です。「そこまで学生に求めるか?」というご意見を頂いてしまうかもしれませんが、残念ながら自分の行きたい企業に行けている人は、そういった傾向にあることは間違いないと思います。“解釈出来る幅”、是非、社会人とのコミュニケーションで広げていって欲しいです。

スポンサーリンク


関連記事

有益な情報を得る方法

長谷川豊さんがまた強烈な記事を上げています・笑(記事はコチラ)。日本人のメディアリテラシーの低さにつ

記事を読む

異業種への転職に年齢制限?

転職活動をしていると、必ずしも今と同じ業種、職種で転職しようという方は少ないのではないでしょうか。い

記事を読む

面接に遅刻したら

面接で遅刻する…ということはあってはならないことではありますが、電車の遅延をはじめとした不測の事態で

記事を読む

面接で見ているのは実績?プロセス?

「私は○○で全国大会に出場し、ベスト○という成績を収めました!」こういったことを話せる学生さんは、面

記事を読む

自己PRを考える時に気をつけたいこと

“需要と供給”という言葉を聞いたことはありますよね?商品の売買などでよく出てくる考え方の一つだと思い

記事を読む

転職先が決まる前に辞めるのはNGか

“「辞めてから次を探す」はキケン!転落する人がやりがちなこと”というタイトルの記事で、キャリアコンサ

記事を読む

企業選びの軸が“働く社員”の方へ

「私は“何をするか”より“誰と働くか”ということを重視しておりまして、特に業種等は絞っておりません。

記事を読む

目標・目的達成に対して最大の障害とは

「海外と繋がるような仕事がしたい。」これが私が自分で起業した理由の一つです。今ようやくその芽が出よう

記事を読む

面接で自分がやりたいことを話す前に考えたいこと

最初に立ちはだかったのはトラックの手配だった。レンタカーはガソリンがないため借りられず、友だちに相談

記事を読む

多くの人が勘違いしている企業研究のやり方

企業研究とは“何”を調べることなのか “企業研究”、皆さんはどうやっていますか?“企業研究”とは一

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑