学生が社会人と対等に話すためには

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 5.希望の面接を突破するために, 6.価値観・世界観について


就職人気ランキングの企業に入ることは良い事か?

今回のテーマは、解釈です。今日は根本的な所のお話を少ししたいと思っています。その話をする前にちょっとこの質問にお答え下さい。「就職人気ランキングの企業に入社することは良い事だ」このことに対して、あなたは賛成ですか?反対ですか?
1217bd6d6e91f9818248e41d5e84de14_s












さて、いかがでしょうか?当たり前ですが、この問いに対して“賛成”という人もいるし、“反対”という人もいるでしょう。まぁ、一般的に“賛成”とする方の方が多いのではないでしょうか。とはいえ、それぞれ別にどっちが合っているかとか、間違っているかなど絶対に決められないと思います。なぜなら、“賛成”と言う人は“賛成”という人なりの、また、“反対”の人は“反対”という人なりの、それまでに培ってきた経験や価値観に基づいた“解釈”をしてそれを判断しているだけだからです。

解釈はその人の経験と価値観からくるもの

以前、“そこにあるのは事実だけ” という話をしていますが、それをどう捉えるかはその人次第となるのです。で、ここからが大事になるのですが、その“解釈”をどういった経験ないし価値観を以てしているのかという点。例えば、同じ“賛成”と仰る方でも、「ランキングに上がる位良い会社なんだから当然賛成でしょ」という解釈と、「大事なのはその企業が注力していく市場だったり、もし、それが間違っていた時に軌道修正が可能かどうかの柔軟性、そして、そういった変化にも対応していけるだけの実力が付けられる環境があるかということをトータルで考えた上で、ランキングにある全ての企業とは言い難いが、その内いくつかの企業はそう思えるので、概ね賛成する」というところまでの解釈とでは、全く別物になってしまいます。

社会人とのコミュニケーションが解釈の幅を広げる

ここまでの解釈が出来るかどうか、というのは、やはり社会人とのコミュニケーションが間違いなく必要になってくる、という訳です。「そこまで学生に求めるか?」というご意見を頂いてしまうかもしれませんが、残念ながら自分の行きたい企業に行けている人は、そういった傾向にあることは間違いないと思います。“解釈出来る幅”、是非、社会人とのコミュニケーションで広げていって欲しいです。

スポンサーリンク


関連記事

no image

最高峰のチームの中でレギュラーを勝ち取る

○心を整える。 著:長谷部誠 ■外見は自分だけのものではない 高校時代、服部先生は

記事を読む

騙されたくない人はチャンスを失っている!?

騙されたくない=チャンスを失っている!? 「騙されたい人?」と聞かれて、「騙されたい!」と胸を張っ

記事を読む

no image

大切なものを失うと何かを得る

○ぼくを探しに 著:シルヴァスタイン 何かが足りない それでぼくは楽しくない 足りない

記事を読む

未経験のことにどう向き合うか

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」といったのはビスマルクの言葉ですが、歴史(=他者の経験や失敗)

記事を読む

個性が発揮できる仕事がしたい?

そうさ 僕らも 世界に一つだけの花 一人一人違う種を持つ その花を咲かせることだけに 一生懸命になれ

記事を読む

面接後の質問時間を安易に考えてはいけない

○面接官がガッカリする転職希望者の逆質問 面接官への質問は本当に聞きたいことだけを聞くべきで、

記事を読む

面接官に共感してもらう話し方

「私の強みは、『好奇心に対する行動力』です。高校までは部活一筋で、毎日毎日同じ事を週7日間やっていま

記事を読む

敬意を払うことを意識する

“レストランのウエイターに対して横柄な態度を取る”。これが百年の恋も一気に冷める瞬間の一つだそうです

記事を読む

仕事で“やりたいことが見つからない”時

「仕事に面白みがなく、毎日が淡々としている。やりたいことをすべきと言われても、何をやりたいのかが分か

記事を読む

就職活動と転職活動の違い

新卒時の就職活動と一度社会に出てからの転職活動。同じようなことはするのですが、それらの違いについて意

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよきよ

    ドラクエ・FF好きで、ドラクエ10とFFRKは現在進行形でプレイ中。本業はフリーの人事コンサルタント。

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑