面接で「第一志望です」とアピールしてはダメ

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 5.希望の面接を突破するために

Pocket

「御社が第一企業なんで、他の企業をあまり見ていません」「浮気出来ないタイプなんで、御社一筋です」「御社の説明会を受けて、正にここだ!と思ったんです」とまぁ、それ以外にもいくつかあるのですが、面接をしていると上記のようにPRする学生さんがいらっしゃいます。就職活動で焦っているのかワカラナイのですが、ごめんなさい、正直、ひいてます。なぜひくかというと、合コンに例えると分かり易いかもしれません。
nomikai_goukon

合コンで初めて会った異性からいきなり告白されることをどう思うか

上記は、合コンの自己紹介の後、いきなり、「付き合ってください!」と、発言をするようなもの、なんですよ。説明会は、そう、自己紹介のようなものです。その自己紹介だけで、その企業をどれだけ分かるのでしょうか?(合コンで、自己紹介だけで判断しないでしょう)興味を持つことは大切だと思います。が、いきなり「告白」にいくのはちょっと違うでしょう。もっと相手のことを知ろう。このステップが抜けているのです。

相手を知る上で、説明会だけで十分なはずがありません。インターネット等を通じて企業をより研究することはもとより、選考を重ねたり、OB訪問したりすることによって、相手のことをもっと知れるのではないでしょうか。その上での「告白」こそ、正攻法なハズです。就職活動はいわば「お見合い」なんですから、自分を安売りしないでください。

重要なのは、相手から告白させること

惚れた弱み、ではないですが、冒頭のような発言をしてしまうのは、正に自分が「惚れてしまっている」からに他ならないでしょう。恋は盲目とはよく言ったもので、そうなるとその企業しか見えなくなったりするわけです。そのような状態からいかに冷静になって、相手から告白させるかを考えましょう。相手が好きなものの情報はインターネットをはじめとし、色々なところに転がっているはずです。そういった情報を集め、その中で自分が提供できるもの(貢献できること)を相手にぶつければ良いのです。そうすれば、わざわざ「第一志望です」などと言わずとも、相手が納得すれば(ココが重要ですが)相手から告白されるはずですから。

P.S.
就職活動をする上で大切なのは、企業を選ぶ軸がぶれないことです。(もしかするとこれが「恋愛」とは違う部分かもしれませんが…)その軸を以って就職活動しているはずなのに、「その軸に当てはまる企業は御社以外ありません!」という答えが返ってくるのはちょっとおかしいかな、と思う今日この頃です。

スポンサーリンク


関連記事

面接官に共感してもらう話し方

「私の強みは、『好奇心に対する行動力』です。高校までは部活一筋で、毎日毎日同じ事を週7日間やっていま

記事を読む

面接で嘘が見抜かれる理由

「あなたが好きです、付き合ってください!」なんてことを“初対面の人”に突然言われたらどう思いますか?

記事を読む

面接で自分のやりたいことを言うときの注意点

先日、ある学生さん達の“業界研究中間発表会”なるものに参加してきました。「業界をしっかりと研究して、

記事を読む

自分のアイデアを採用してもらう方法

「自分のアイデアを形に出来るような仕事がしたい!」そんなことを考えて面接で話をされる方をたまに見掛け

記事を読む

多くの就活生が面接でやりがちな間違い

『今日はカレーが食べたいなぁ』そんなことをあなたが思ったとしましょう。『オーダー、カレー!』というビ

記事を読む

面接で話せる“すごい経験”がない人へ

"Think Globally, Act Locally."この言葉、よく環境問題を語る上で使われる

記事を読む

スカウトメールは嬉しい!?

転職サイトに登録していると届く“スカウトメール”。届くとついつい嬉しくなって開いてしまうことも多いか

記事を読む

同じ間違いを繰り返す理由

テストの結果を点数しか見ていない人は多い 皆さんは“テスト”は好きですか?まぁ、自分の自信のあるこ

記事を読む

【就職活動】インターンシップに参加すべきか

2017年卒の就活の面接解禁日が6月1日と確定しました。ご存知の通り、6月1日はあくまで経団連加入企

記事を読む

公務員試験・就職浪人を考える前に

「ねえねえ、明日合コンがあるんだけど、来ない?」ある日、あなたはこんな誘いを受けました。そもそもそれ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑