面接で「第一志望です」とアピールしてはダメ

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 5.希望の面接を突破するために

Pocket

「御社が第一企業なんで、他の企業をあまり見ていません」「浮気出来ないタイプなんで、御社一筋です」「御社の説明会を受けて、正にここだ!と思ったんです」とまぁ、それ以外にもいくつかあるのですが、面接をしていると上記のようにPRする学生さんがいらっしゃいます。就職活動で焦っているのかワカラナイのですが、ごめんなさい、正直、ひいてます。なぜひくかというと、合コンに例えると分かり易いかもしれません。
nomikai_goukon

合コンで初めて会った異性からいきなり告白されることをどう思うか

上記は、合コンの自己紹介の後、いきなり、「付き合ってください!」と、発言をするようなもの、なんですよ。説明会は、そう、自己紹介のようなものです。その自己紹介だけで、その企業をどれだけ分かるのでしょうか?(合コンで、自己紹介だけで判断しないでしょう)興味を持つことは大切だと思います。が、いきなり「告白」にいくのはちょっと違うでしょう。もっと相手のことを知ろう。このステップが抜けているのです。

相手を知る上で、説明会だけで十分なはずがありません。インターネット等を通じて企業をより研究することはもとより、選考を重ねたり、OB訪問したりすることによって、相手のことをもっと知れるのではないでしょうか。その上での「告白」こそ、正攻法なハズです。就職活動はいわば「お見合い」なんですから、自分を安売りしないでください。

重要なのは、相手から告白させること

惚れた弱み、ではないですが、冒頭のような発言をしてしまうのは、正に自分が「惚れてしまっている」からに他ならないでしょう。恋は盲目とはよく言ったもので、そうなるとその企業しか見えなくなったりするわけです。そのような状態からいかに冷静になって、相手から告白させるかを考えましょう。相手が好きなものの情報はインターネットをはじめとし、色々なところに転がっているはずです。そういった情報を集め、その中で自分が提供できるもの(貢献できること)を相手にぶつければ良いのです。そうすれば、わざわざ「第一志望です」などと言わずとも、相手が納得すれば(ココが重要ですが)相手から告白されるはずですから。

P.S.
就職活動をする上で大切なのは、企業を選ぶ軸がぶれないことです。(もしかするとこれが「恋愛」とは違う部分かもしれませんが…)その軸を以って就職活動しているはずなのに、「その軸に当てはまる企業は御社以外ありません!」という答えが返ってくるのはちょっとおかしいかな、と思う今日この頃です。

スポンサーリンク


関連記事

公務員試験・就職浪人を考える前に

「ねえねえ、明日合コンがあるんだけど、来ない?」ある日、あなたはこんな誘いを受けました。そもそもそれ

記事を読む

自己分析で“強み”を見出した時の落とし穴

この顔に見覚えはありますでしょうか?そう、「ちびまる子ちゃん 」の山田くんです。「山田!」と

記事を読む

面接は第一印象で決まる?

「面接は開始○秒で決まる!」というようなことを聞いたことはあるでしょうか?開始○秒ということはほとん

記事を読む

自己PRを考える時に気をつけたいこと

“需要と供給”という言葉を聞いたことはありますよね?商品の売買などでよく出てくる考え方の一つだと思い

記事を読む

自分にしかできない仕事がしたいですか?

「誰でも出来るようなルーティン・ワークではなく、自分にしか出来ないような仕事がしたいんです!」面接時

記事を読む

自分のやり方にこだわる危険性

○Works No.105 早稲田の監督就任1年目のことだった。10番というチームの司令塔とな

記事を読む

面接官の顔色が突然変わる原因

「さっきまでにこやかだった面接官の顔色が突然変わった」こんな経験はないでしょうか?また、たとえ顔色が

記事を読む

面接の準備で8割合否が決まる

『準備8割、本番2割』この言葉を聞いたことはあるでしょうか。この意味は、結果というものは本番が2割で

記事を読む

本番の面接で離職率の質問を聞いてはいけない

面接をしていると、離職率に関する質問を受けることがあります。ブラック企業という言葉が流行っているせい

記事を読む

【自己分析】自分の強みの見つけ方

先日、こんな就活生に会いました。「私、たとえ私が悪くなくても、謝るということに対して抵抗がないんです

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑