志望業界で就活することの危険性

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 5.希望の面接を突破するために

Pocket

同じ業界内の会社を回ることは正しいか

『私は○○業界と○○業界、そして○○業界を中心に見ています。』恐らく、就活生の95%位はこんなことを話しているんじゃないかと思います。もちろん、その業界に興味があるからに他ならないと思うのですが、その業界でやる仕事(WHAT)で就活することが非常に危険性を孕んだ就活であることを今日はお話したいと思います。

46ddd9ebab4f81efa18ac73dc48fa7f4_s

分かりやすいように今日は二社、ピックアップしたいと思います。その二社は、『ドコモ』と『ソフトバンク』です。もちろん、皆さんご存知ですよね?両社共に広義の意味で通信業界だし、狭義の意味でも携帯業界(…とは言わないけど、ニュアンスはわかって下さい)です。どちらかを受けている人は、もう片方も受けている人が多いのではないかと思います。そんな両社を受けている(受けようとしている)方に一応言っておくと、『この二社、全然違う会社だよ?』と。

似て見えても背景を調べれば違いが明確にある

まず“理念”を見てみましょう。ドコモは、「新しいコミュニケーション文化の世界の創造」で、ソフトバンクは、「デジタル情報革命を通じて、人々が知恵と知識を共有することを推進し、企業価値の最大化を実現するとともに人類と社会に貢献する。」です。

『似たようなこと言ってるじゃん』と感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、全然違います。それは会社の“沿革”を合わせるとよく分かります。ドコモは、1968年にポケットベルの事業から始まったNTTのグループ会社です。(今の皆さんにはあまり馴染みがないものですよね、ポケベルって…苦笑)そこからPHS、携帯と手段は少々変わってきているものの、ドコモの“理念”である、「新しいコミュニケーション文化の世界の創造」を正に日本の先駆者として実践されてきた企業です。なので、これからのドコモは、新しいコミュニケーション文化、つまり、文化という位ですから、一部の人ではなく、インフラ的なものになりえるコミュニケーション手段の普及を促進していく会社であり続けるのだと思います。

それに対してソフトバンクはどうか?ソフトバンクは、1980年にコンピュータの卸売販売から始まったベンチャー企業です。そこから当時は殆どのものが“アナログ”で、コンピュータを始めとし、これからは“デジタル”な世の中になると信じ、その“デジタル”な世の中に向けて様々な事業を展開してきたのがご存知孫正義さんです。Yahoo Japanを傘下に収めていることを始め、順風満帆なイメージのある同社ですが、非常に紆余曲折し、多くの失敗をしてきている会社で、まずここからドコモとは大きく違います。(詳しくは沿革をご覧下さい)また、今の携帯を扱うようになったのも、孫さんの“デジタル革命”を達成するために必要だっただけであり、インフラを整えるといった概念は恐らく二の次です。(もちろん、その概念がないというわけではなく、優先順位の問題ですね)そんなソフトバンクがこれから向かう先はどこか?間違いなく“デジタル革命”ですね。別に携帯にこだわっている訳じゃない。その時代に合わせた最適な“デジタル革命”は何なのか、それを思いついたら、成功するかどうかはともかく、まずやる。そんな会社です。

事業内容だけ見て判断すると非常に危険

以上のように、表面的には同じ事業(WHAT)をやっている企業でも、全く向かっている方向が違います。今回は分かりやすくドコモとソフトバンクを挙げましたが、どの企業も少なからずそういった違いがあるのです。逆に、全く違う業界であるのに、凄く似ているというケースもあります。“WHAT(事業内容)”はあくまで表面に出てきているものに過ぎません。なぜその“WHAT”をやっているのか、そこを握らずに就活すると、入社後間違いなくギャップが生じることになります。是非、“WHAT”に惑わされない就活をして下さい。

スポンサーリンク


関連記事

自己分析で“強み”を見出した時の落とし穴

この顔に見覚えはありますでしょうか?そう、「ちびまる子ちゃん 」の山田くんです。「山田!」と

記事を読む

面接で自分がやりたいことを話す前に考えたいこと

最初に立ちはだかったのはトラックの手配だった。レンタカーはガソリンがないため借りられず、友だちに相談

記事を読む

面接官が面接で印象に残る話

「面接で、どんな人が印象に残りますか?」こんな質問を受けることがあります。この問いに対しては色んな答

記事を読む

面接時の質問で求職者の評価が変わる

営業利益率を聞かれた面接官が思うこと 「御社の営業利益率は何%ですか?」こんな質問をして来た求職者

記事を読む

面接で質問する時の注意点

「何か質問はありますか?」どんな選考においてもこう聞かれることは多いでしょう。「何もありません」は正

記事を読む

面接官に共感してもらう話し方

「私の強みは、『好奇心に対する行動力』です。高校までは部活一筋で、毎日毎日同じ事を週7日間やっていま

記事を読む

面接の準備で8割合否が決まる

『準備8割、本番2割』この言葉を聞いたことはあるでしょうか。この意味は、結果というものは本番が2割で

記事を読む

同じ間違いを繰り返す理由

テストの結果を点数しか見ていない人は多い 皆さんは“テスト”は好きですか?まぁ、自分の自信のあるこ

記事を読む

身分不相応な憧れの企業から内定を取る方法

突然ですが、もしあなたが特定の誰かと「付き合いたい!」と思った時、今までどんな行動を取ってきましたか

記事を読む

志望業界以外を見ないで大丈夫か

清河さんのお話の中で一番印象に残ったのが、「世界を語らず日本を語るな」でした。 私はゼミで国際

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑