社員のモチベーションの上げ方

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 3.マネジメント人材になるために

Pocket

○モチベーション3.0 著:ダニエル・ピンク

t02200220_0300030010664072468

報酬には依存性がある。「交換条件つき」報酬やその他の外的な報酬は、危険な副作用を引き起こすおそれのある処方薬に似ている。(中略)金銭的な報酬やきらびやかなトロフィーは、最初は満足感をもたらす快い刺激を与えるが、その感覚はすぐに消え去る。その感覚を保ち続けるために、受け手は、もっと大量に、もっと頻繁に報酬を要求するようになるからだ。(中略)お小遣いで釣って息子にゴミを捨てさせる-するとほぼ確実に、その子はもう二度と、お小遣いなしではゴミを出さなくなるだろう。最初の金額のもたらした興奮がさめてきたら、相手を従わせるために、やがてその額を増やさざるを得なくなる。

(本書p87-89)

外的報酬(給与等の物理的な報酬)には限界がある

基本的には、ボーナスなどの“外的報酬(モチベーション2.0)の限界”について書かれている本です。上記は、

1.外的報酬というものを用いて相手をモチベートし、それによって動いてもらった

2.モチベートされた方は、次に同じ行動を頼まれた時、同じ又はそれ以上の報酬を期待する

3.頼む側がその頼まれる側の期待値を下回る提案をした場合、頼まれる側は動かない

という原理になっているのでしょう。“外的報酬”というものには(当たり前ですが)限度があり、それが常に満たされる状況を作り出すことは難しいと思います。だからこそ、“内的な動機(モチベーション3.0)”にupdateしようというのが論旨です。

やりがいは持たせられずとも、気付きを促せる

内的な動機とは、端的に言えば“仕事のやりがい”です。これは人によって何に対してやりがいを持てるかということが全く異なるので、やりがいを持たせれば良い、なんていう簡単な話ではありません。ただ、やりがいそのものを持たせることはできなくとも、本人に気付きを促すような働きかけはできるのではないかと思います。例えば、過去の仕事でやりがいを持ってやっていた仕事は何なのか、ということを振り返ってもらえると良いですね。

p.s.
“外的報酬”に関して全くその効果がない訳ではなく、ルーティンワークに対してであれば効果が見込めたり、思いもよらない“外的報酬”なんかは非常に機能することも書いてあります。“外的報酬”自体に対して否定的という訳ではないけれども、その使い方をしっかりと考えないと、逆効果になる、ということですね。

スポンサーリンク


関連記事

あなたの話が聞いてもらえない理由

皆さんは魚を飼ったことはありますか?そう言っておきながらキヨカワ自身は実は経験がありません(苦笑)で

記事を読む

クラウドソーシング(業務委託)の課題

ランサーズやクラウドワークスといった“クラウドソーシング”と呼ばれる業界が流行り始めて久しいですね。

記事を読む

待てないことで失っているもの

ビジネスにおいて“時間を有効活用する”ということが重要であることは言うまでもないでしょう。ただ、“時

記事を読む

大企業に在籍しながらベンチャーを経験する

レンタル移籍と聞くと「サッカーか」と思ってしまいますが、この考え方がビジネスの場にも登場してきている

記事を読む

新規プロジェクトの進め方で外してはならないこと

“複数の人を巻き込んで1つのプロジェクトを成功させる。”企業においてルーティンで行われていることも含

記事を読む

自分と合わない人との仕事の進め方

「学生と社会人の違いは、自分と合う人とだけ関わっていられるか、そうでないか」というような話を聞きます

記事を読む

企業経営はボトムアップ(民主主義)でやるべきか

「民主主義が絶対に良いのか?」この質問に対して、あなたならどう答えますか?多くの人が『YES』と答え

記事を読む

何かに挑戦(チャレンジ)させる上での注意点

このようなシーン、よく戦争映画で見ませんか?ちょっと冷静に考えてもらいたいのですが、本当の戦

記事を読む

企業内のプロジェクトが上手くいかない理由

“DRI”という言葉を聞いたことはあるでしょうか?これは、Directly Responsible

記事を読む

自主性を発揮させる環境の作り方

「自主性というものが日本のスポーツには欠けているのかなとつくづく思いました」と切り出し た五郎丸。「

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑