日本の労働環境の今後

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 1.キャリア構築の大枠の考え方, 4.グローバル人材になるために

Pocket

欧米では一般化している同一労働・同一賃金という考え方。特に経済が成熟化している欧州では常に仕事<労働力なので、この考え方が強いです。誰もができる作業であれば、給与さげてワークシェアリングするということ。

sgi01a201401061400

今後日本もより成熟化していくなかで、間違いなくこの考え方になります。そもそも就職氷河期に卒業したら一生非正規社員で、正社員と同じ仕事なのに賃金が大きく差がつくのは、運不運だけで片付けられる問題だとは思えません。そもそもの仕組み(システム)に問題があります。給与は市場価格(職種の需給バランス)と連動させないと、高コスト体質の是正(その職種であれば外部のほうが圧倒的に安い場合は外部に合わせる)がなされず、結果企業競争力で負けてしまいます。(みんなが不幸)

常々僕がみんなに業務を作業と仕事に切り分けて作業はどんどんDA(アルバイト)さんにまかせて行こうと言っているのも来るべきワークシェアリングに備えてです。望んで作業したい主婦(責任をともなわない仕事がむしろ希望)と今後は望まないけど能力が追いつかないので作業しかできないという人が同じ職場で働く時代がもうすでに来てます。工場のラインがまさにそう。今まで聖域だったホワイトカラーの職場もまさしくそうなります。(グローバリゼイション・経済の停滞・ブルーカラーの職場の減少)

厳しいけどこの現実を早くにとらえて、準備することが大事です。今やってる仕事は今後作業化するのか、仕事化するのか。誤解して欲しくないのは、作業をしている人がいないとうちの会社も社会も廻りません。不幸なのは本人が高年収を夢見ていて将来作業化する仕事をし、そこに気づかず何の能力向上もせず気づいたら収入が下がり続けていて、年齢的にも手遅れになるということです。

かなり過激な文章かも知れないけど、リーダーの大事な役目に世の中の流れをよんでみんなをそちらの方向(世の中の需要があるところ)へ導くという大事な使命があるので、僕の考えを書いておきます。

上記は私がサラリーマン時代の代表がブログで書いていたものになります。代表が言っていることは、恐らく現実のものとなると思います。付加価値の高い“仕事”をする人と、誰でも出来る“作業”をする人。そこには給与はもとより、ありとあらゆる待遇が180°変わってくるでしょう。“格差社会”なんていう言葉は、未だ一部の方にしか実感がないところだと思いますが、多くの人がそう感じる時代がすぐそこまで来ている、そんな気がしてなりません。

精一杯頑張って、そこそこの生活ができる

そんな時代の中で、「そこそこやって、そこそこの生活が出来れば良いんじゃない?」という考えは、恐らく通用しなくなると思います。そこそこしかやらなければ、間違いなく生活レベルは落ちるでしょう。そこに対してどれだけの人がどれだけの危機感を抱けているのでしょうか?また、そこに「危機感を抱く必要があるの?」と真顔で聞いてくる人もいます。真顔で、「今の年収以下になっても構わないよ!」と言っているのとイコールです。(それならそれで構わないですが・・・。)

多分、今の日本では、「精一杯頑張って、そこそこの生活が出来る」これが少子高齢化を迎え成熟化した日本の現実だと思います。精神的に幸福なら良い、もしかすると、そんな人なら良いかもしれない。でも、日本人はそう言えない位、贅沢をしていると思う。それを放棄して戻れるか、いや、戻れないでしょう。と思う今日この頃です。

スポンサーリンク


関連記事

新年の挨拶のネタで“箱根駅伝”を使う前に

あけましておめでとうございます。今日から仕事始めという方も多いのではないかと思いますが、皆様はどのよ

記事を読む

会社に不満があっても退職しない理由

2月9日付けの東洋経済オンラインで“日本人は世界一、自分の会社を嫌っている”という記事が上がっていま

記事を読む

no image

組織の譲れない価値観の作り方

多様性のマネジメントは大変難しいもので、究極的には相容れない価値観もあります。だから私は、逆説的かも

記事を読む

方向性を考える上で大事なこと

金沢大学は常に恐れることなく現場の困難に立ち向かっていける次の能力・体力・人間力を備えた人材を育成し

記事を読む

リスク回避の判断基準

“いかに致命傷を負わないか”ということが大事と先輩起業家から言われてきたことは当ブログでも何度か紹介

記事を読む

ジェネラリストとスペシャリスト、どちらを目指すべき

2012年の8月に発売した“ドラクエ10”。それまではゲームを卒業していたのに、それでゲームに復帰し

記事を読む

目標・目的達成に対して最大の障害とは

「海外と繋がるような仕事がしたい。」これが私が自分で起業した理由の一つです。今ようやくその芽が出よう

記事を読む

日本人が冒険心を持てない理由と対策

Newsweekで日本の20代の冒険志向が断トツ世界一低い、という不名誉な称号を得てしまったことを紹

記事を読む

転職先は研修制度が充実している企業を選ぶべきか

質問者:トップ20パーセントには全てを尽くし、真ん中70パーセントにはトップになる方法を教える。下位

記事を読む

リスクを事前に想定しておくことの重要性

本日から1週間、カンボジアに行って参ります(この記事が上がるときには飛行機の上デス)。高校生、大学生

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑