今の時代に求められるリーダーシップの型

Pocket

イエスは彼らを呼び寄せて言われた、「あなたがたの知っているとおり、異邦人の支配者と見られている人々は、その民を治め、また偉い人たちは、その民の上に権力をふるっている。しかし、あなたがたの間では、そうであってはならない。かえって、あなたがたの間で偉くなりたいと思う者は、仕える人となり、あなたがたの間でかしらになりたいと思う者は、すべての人の僕とならなねばならない。人の子がきたのも、仕えられるためではなく、仕えるためであり、また多くの人のあがないとして、自分の命を与えるためである。」

(マルコの福音書 第10章42~45節)

lgi01a201310171700

相手に奉仕することから始まるリーダーシップ

“サーバント・リーダーシップ”という言葉を聞いたことがあるでしょうか?直訳すると「奴隷の指導者?」という、ちょっと「ギョッ」としてしまうものですが、実態は皆さんが想像するものとは少し違うかもしれません。“サーバント・リーダーシップ”とは、

リーダーである人は、「まず相手に奉仕し、その後相手を導くものである」という実践哲学

出典:日本サーバント・リーダーシップ協会

ということだそうです。一般的に想像しがちなリーダーは、自らが力を持ち、その力で皆を引っ張っていくようなものだと思いますが、上記の概念はある意味“逆”。「こうすれば良い」という答えがある程度明確な時代においては一人の力で皆を引っ張ることも出来たかもしれませんが、そういったものが非常に見えにくい時代において、“サーバント・リーダーシップ”という考え方は非常に大事なんじゃないかと思います。

One for Allはサーバント・リーダーシップと同義

また、“One for All, All for One”という言葉もどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?この言葉も実は“サーバント・リーダーシップ”とほぼ同義で、“一人は皆のために”な訳です。ただ、後半の“All for One”は、実は“皆は一人のために”ではなく、

“皆は一つのゴールのために” (元ラグビー日本代表監督平尾氏 談)

と訳すのが正しいそうです。カリスマ的に指導出来る人を求めるのは今の時代は難しい。だからこそこういったリーダーシップが求められる。そんな気がします。

スポンサーリンク


関連記事

自己分析で“強み”を見つけるヒント②

「あなたの“強み”は何ですか?」これもよく聞かれる質問だと思います。「私は行動力と精神的なタフさがあ

記事を読む

ビジネスにおけるNGワード

「私は個人的に○○の方が良いと思う」このような発言を会社内でしている方はいらっしゃらないでしょうか。

記事を読む

会社を辞めると決めた時に知っておきたい8つのこと

「会社を辞める」ということは多くの方にとって一大決心になろうかと思います。その「辞める」という意思を

記事を読む

社員のモチベーションの上げ方

○モチベーション3.0 著:ダニエル・ピンク 報酬には依存性がある。「交換条件つき」報

記事を読む

クビにならないように上司に反対する方法

ライフハッカーの記事で“クビにならないように上司に反対する方法”という記事が上がっていました。ポイン

記事を読む

褒めて育てることは良い事か

“子供が良いことをしたときに「えらいね、すごいね」と褒めるのではなくて、「○○してくれてありがとうね

記事を読む

日本がアジアの国々と共に発展するために必要なこと

早いものでプノンペンに来て5日目。明日はアンコールワットのあるシェムリアップに移動するので、プノンペ

記事を読む

グローバル人材を目指すなら

日経ビジネスオンラインで「初任給1000万円を蹴って起業するインドの天才たち」というタイトルの記事が

記事を読む

相談に求めるのは共感か、解決策か

「解決策を求めているのか、共感を求めているのか」。人に何かを相談する時、その相談した後の結果としてど

記事を読む

収監前と後のホリエモンの変化

週末ふとテレビを付けると、ホリエモン(堀江貴文氏)が出ていました。見ていて改めて思うのは、“極めて合

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑