今の時代に求められるリーダーシップの型

Pocket

イエスは彼らを呼び寄せて言われた、「あなたがたの知っているとおり、異邦人の支配者と見られている人々は、その民を治め、また偉い人たちは、その民の上に権力をふるっている。しかし、あなたがたの間では、そうであってはならない。かえって、あなたがたの間で偉くなりたいと思う者は、仕える人となり、あなたがたの間でかしらになりたいと思う者は、すべての人の僕とならなねばならない。人の子がきたのも、仕えられるためではなく、仕えるためであり、また多くの人のあがないとして、自分の命を与えるためである。」

(マルコの福音書 第10章42~45節)

lgi01a201310171700

相手に奉仕することから始まるリーダーシップ

“サーバント・リーダーシップ”という言葉を聞いたことがあるでしょうか?直訳すると「奴隷の指導者?」という、ちょっと「ギョッ」としてしまうものですが、実態は皆さんが想像するものとは少し違うかもしれません。“サーバント・リーダーシップ”とは、

リーダーである人は、「まず相手に奉仕し、その後相手を導くものである」という実践哲学

出典:日本サーバント・リーダーシップ協会

ということだそうです。一般的に想像しがちなリーダーは、自らが力を持ち、その力で皆を引っ張っていくようなものだと思いますが、上記の概念はある意味“逆”。「こうすれば良い」という答えがある程度明確な時代においては一人の力で皆を引っ張ることも出来たかもしれませんが、そういったものが非常に見えにくい時代において、“サーバント・リーダーシップ”という考え方は非常に大事なんじゃないかと思います。

One for Allはサーバント・リーダーシップと同義

また、“One for All, All for One”という言葉もどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?この言葉も実は“サーバント・リーダーシップ”とほぼ同義で、“一人は皆のために”な訳です。ただ、後半の“All for One”は、実は“皆は一人のために”ではなく、

“皆は一つのゴールのために” (元ラグビー日本代表監督平尾氏 談)

と訳すのが正しいそうです。カリスマ的に指導出来る人を求めるのは今の時代は難しい。だからこそこういったリーダーシップが求められる。そんな気がします。

スポンサーリンク


関連記事

組織で提案を通す方法

コトを進める前に人間模様マップを作成してみる 出典:東洋経済 東洋経済オンラインで“成功する

記事を読む

未経験のことにどう向き合うか

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」といったのはビスマルクの言葉ですが、歴史(=他者の経験や失敗)

記事を読む

コンプライアンスの意味を改めて考える

企業のコンプライアンスという言葉が叫ばれて久しい。そう、“久しい”話ではありながらも、実はここ10年

記事を読む

忙しい人が実践している時間の作り方

○官僚に学ぶ仕事術 著:久保田崇 自分がコントロールできることに集中する 世の中には自分

記事を読む

海外で働く必要性はどこまであるか

日本人が海外で働く必要ってあるの?結論から言うと、何か目的でもない限り必要ないと僕は思っています。G

記事を読む

企業選びの軸が“働く社員”の方へ

「私は“何をするか”より“誰と働くか”ということを重視しておりまして、特に業種等は絞っておりません。

記事を読む

利益追求と社会貢献

「利益追求のような仕事ではなく直接社会や人に貢献できる仕事ってありますか?」というエントリーがJOB

記事を読む

職場のパワハラ、セクハラ、モラハラ対処法

パワハラ、セクハラ、モラハラなどなど、職場で起こる問題は尽きません。それらの件数がここ最近増えてきて

記事を読む

新卒で転職を考える前に知っておくべき事実②

「ブラック企業」という言葉が生まれてから久しいですね。そのせいもあると思いますが、今多くの企業で労務

記事を読む

no image

最高峰のチームの中でレギュラーを勝ち取る

○心を整える。 著:長谷部誠 ■外見は自分だけのものではない 高校時代、服部先生は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑