組織で提案を通す方法

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 2.組織人として生きるために, 3.マネジメント人材になるために

Pocket

コトを進める前に人間模様マップを作成してみる

img_8a76e9d47b331cc60b3149b756f4b9f0184608
出典:東洋経済

東洋経済オンラインで“成功する人が使う、組織内「人間模様マップ」”という記事が上がっています。上記の図は、「コト(企画)」を成功させる上で、その「コト」を上手くいかせることによって影響を受ける大小及び、その「コト」に対しての姿勢別にマッピングする、というものです。

企業に所属していると、ご存知の通り、自分自身が良い案だと思い、良かれと思って提案することも、別の人から見ると様々な理由で反対を受けることもしばしばあります。こういった点が会社が中々合理的になり切れない側面だとも思うのですが、人が集まっている以上、そのようなことが起こることは必然なのかもしれません。そういった中で、上記のような考え方が大事、というものですね。

上手くやってくれる人を味方につける

「敵は内にあり」という言葉があるように、大きな組織で組織を動かすということは、本質的な企画内容よりも、このような内部的な対応は欠かせません。ここが苦手な方は出世に響くと言っても過言ではないでしょう。ただ、こういったことに対して非常に苦手意識を持ってしまう方も多いのではないでしょうか。(かく言う私も非常に苦手です)そういった際の対処法としては、こういったことを上手くやってくれる人を味方に付けるという考え方が非常に大事だと思います。

すべて自分で対応しない

同記事内でも、

利害関係者対応の鉄則は「すべて自分で対応しない」こと

という言葉があります。

もちろん、対応を全て自分でやる必要はないですし、もっと言えば、本当に自分自身の企画に自信があれば、そういったところを支持して、利害関係対応をやってくれる人を見つけられれば良いのです。(利害関係者のマッピングくらいはご自身でやった方がいいですが)日本人は特に、全てを自分でやらなければならないと抱え込む習性があるような気がします。そういったところを上手く甘えられるような関係を周りの方々と作れると良いですね。(但し、自分自身が何かしらGIVEできる、ということが前提になりますよ)

スポンサーリンク


関連記事

チームでの物事の進め方

社会に出ると“チームで物事を進める”ことが非常に多くなります。そのような“チームで物事を進める”機会

記事を読む

管理職はボトムアップ型、トップダウン型いずれであるべきか

昨今の管理職はトップダウン型よりもボトムアップ型が圧倒的に多いそうです。部下の気持ちをきちんと把握し

記事を読む

組織内で正しいことが通らない一つの理由

○私が官僚1年目で知っておきたかったこと 著:久保田崇 ◆チームで働いていることを常に

記事を読む

仕事に行きたくない時の対処法

「仕事に行きたくない」仕事をしているとこのように思うこともあるでしょう。この感覚が一時的なものであれ

記事を読む

権限委譲の正しいやり方

権限委譲 与えられた(業務)目標を達成するために、組織の構成員に自律的に行動する力を与えること

記事を読む

ダイバーシティ問題を解決する方法とその副作用

女性の社会進出をダイバーシティと呼んでいるきらいのある日本ですが、本来のダイバーシティの意味はもっと

記事を読む

企業内のプロジェクトが上手くいかない理由

“DRI”という言葉を聞いたことはあるでしょうか?これは、Directly Responsible

記事を読む

ビジネスにおけるNGワード

「私は個人的に○○の方が良いと思う」このような発言を会社内でしている方はいらっしゃらないでしょうか。

記事を読む

成長する方法

突然ですが、「10人、あなたがよく話すなぁと思う人を思い浮かべてください」 ち ょ っ

記事を読む

新年の挨拶のネタで“箱根駅伝”を使う前に

あけましておめでとうございます。今日から仕事始めという方も多いのではないかと思いますが、皆様はどのよ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑