組織で提案を通す方法

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 2.組織人として生きるために, 3.マネジメント人材になるために

Pocket

コトを進める前に人間模様マップを作成してみる

img_8a76e9d47b331cc60b3149b756f4b9f0184608
出典:東洋経済

東洋経済オンラインで“成功する人が使う、組織内「人間模様マップ」”という記事が上がっています。上記の図は、「コト(企画)」を成功させる上で、その「コト」を上手くいかせることによって影響を受ける大小及び、その「コト」に対しての姿勢別にマッピングする、というものです。

企業に所属していると、ご存知の通り、自分自身が良い案だと思い、良かれと思って提案することも、別の人から見ると様々な理由で反対を受けることもしばしばあります。こういった点が会社が中々合理的になり切れない側面だとも思うのですが、人が集まっている以上、そのようなことが起こることは必然なのかもしれません。そういった中で、上記のような考え方が大事、というものですね。

上手くやってくれる人を味方につける

「敵は内にあり」という言葉があるように、大きな組織で組織を動かすということは、本質的な企画内容よりも、このような内部的な対応は欠かせません。ここが苦手な方は出世に響くと言っても過言ではないでしょう。ただ、こういったことに対して非常に苦手意識を持ってしまう方も多いのではないでしょうか。(かく言う私も非常に苦手です)そういった際の対処法としては、こういったことを上手くやってくれる人を味方に付けるという考え方が非常に大事だと思います。

すべて自分で対応しない

同記事内でも、

利害関係者対応の鉄則は「すべて自分で対応しない」こと

という言葉があります。

もちろん、対応を全て自分でやる必要はないですし、もっと言えば、本当に自分自身の企画に自信があれば、そういったところを支持して、利害関係対応をやってくれる人を見つけられれば良いのです。(利害関係者のマッピングくらいはご自身でやった方がいいですが)日本人は特に、全てを自分でやらなければならないと抱え込む習性があるような気がします。そういったところを上手く甘えられるような関係を周りの方々と作れると良いですね。(但し、自分自身が何かしらGIVEできる、ということが前提になりますよ)

スポンサーリンク


関連記事

リシュ面を導入している企業はどうなのか

“リシュ面”という大学の履修及び成績を面接の中で聞いていき、学生に話を盛らせないための面接手法が流行

記事を読む

怒られた(クレーム)時の対応法

「“怒る”と“叱る”は違う」なんていうことを様々なところで聞きますが、人間は感情の動物ですからどうし

記事を読む

朝令暮改が行き当たりばったりにならないために

“朝令暮改”という言葉があることは皆さんご存知のことと思います。朝言ったことが夕方には覆る、そのよう

記事を読む

下町ロケットの経営手法をどう捉えるか

昨日ついに「下町ロケット」の最終回を迎えましたね。結論は…まあそうなるだろうと予想は付いていたものの

記事を読む

目的を達成する方法③

他力本願という言葉を聞いたことがあると思います。これ、あまり良いイメージはないですよね。人まかせなイ

記事を読む

デーブ氏の「違和感がある」報道に対して

「サンデージャポン(TBS)」でデーブ・スペクター氏がSMAPの解散騒動に対して、報じているのは週刊

記事を読む

企業経営はボトムアップ(民主主義)でやるべきか

「民主主義が絶対に良いのか?」この質問に対して、あなたならどう答えますか?多くの人が『YES』と答え

記事を読む

指示待ち人間の改善方法

“指示待ち人間” このように評価されて気持ちが良い人は恐らくほとんどいないでしょう。“指示待ち

記事を読む

仕事で自立した(一人前になった)と認められるには

皆さんの「自立」の定義ですが、自分で何でも出来るようになる力だと思っていませんか?確かに、自分で何で

記事を読む

チームでの物事の進め方

社会に出ると“チームで物事を進める”ことが非常に多くなります。そのような“チームで物事を進める”機会

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑