仕事の段取りで絶対に見逃してはならないこと

公開日: : 2.組織人として生きるために

Pocket

「仕事の段取りで、“進める手順”が“内容”よりも大事なことがある」

この事実をきちんと認識していない方が稀にいらっしゃるように思えます。料理における「さしすせそ(砂糖、塩、酢、醤油、ソース)」のように、その順番を間違うだけで、味が全く違うということと同じなのですが、それが分からない方は非常に苦労をすることになるでしょう。

797e5ea80cad398c16fa94e0d04269c0_s

同じものを入れても、順番を間違うと味が違う

料理においての「さしすせそ」をご存じない方がもしかするといらっしゃるかもしれないので、まずはその説明からしたいと思います。料理における「さしすせそ」とは、単に調味料の種類を示しているわけではなく、味付けをする場合には必ず「さしすせそ」の順番で入れなくてはならないというルールがあります。正確に言えば、ルールというよりも、その順番で入れなければ、味がおかしくなるといった方が正しいかもしれません。

なぜそのようなことが起こるのかと言うと、「さしすせそ」の順番というのは、それぞれの調味料の“粒子の大きさ”から来るものです。「さ」の方が大きく、「そ」になればなるほど小さいと捉えれば良いでしょう。想像すればお分かりになるかと思いますが、砂糖の粒子はある程度大きそうですよね。そしてソースになれば、と捉えてもらっていいかと思います。そして、味を付けたい食材を想像していただきたいのですが、大きい粒子から食材に付けていけば、大きい粒子はもとより、徐々に小さくなっていく粒子がその大きい粒子の隙間を縫って味を浸透させていくことができる…というのは想像ができるのではないでしょうか。これが料理において「さしすせそ」にこだわる必要がある点になるわけです。

見逃されがちなのは「報・連・相」のステップ

一方で「仕事も同じ」という話をしました。これはどういうことかというと、料理と同じように、最終的に入れる調味料が同じだとしてもその順番を間違うと、上手くいくものもいかなくなることがあるのです。特に見逃しがちなのは、そのプロジェクトに関係する自分以外の方への確認というステップです。

「報・連・相」という言葉がありますが、これは主に上司に対して行う標語のようなものとして使われます。この「報・連・相」のステップを、新人の頃はきちんと、不必要なくらいやっていた(もしくはやらされていた)と思うのですが、仕事が慣れるにつれ、その行為をしなくなり、甘く見る傾向が出てきます。

そしてそういった仕事が慣れてきた頃こそ、ある程度大きな仕事を任されるようになり、いつものように特別「報・連・相」をせずに物事を進めてしまい…「聞いてないぞ(怒)」という話になって、場合によってはその大きな仕事そのものが破綻してしまう、なんていうことも実は珍しくないわけです。

順番を間違えることは“信頼”さえ失う可能性も

こういった話が起こるのは、仕事において必要なステップを明確にせずに仕事を進め、しかもそのステップをステップとして捉えず、タスクを並列で考えるから起こることでもあります。要するに、仕事内容が明確にできていないだけでなく、その順番の重要性を明確にできていないからに他なりません。

また、これが“社内”で上司に怒られることで済んだ方は軽症といっても良いかもしれません。問題になるのは、対外的なところでこれをやってしまうことです。そうなるとそれは自分だけの問題ではなくなってしまい、会社としての責任と言われても仕方がない状態にさえなりえるのです。

このような状態になって一番きついのは、“信頼”を失ってしまうことです。ビジネスにおいて“信頼”とは、提供する商品、サービス以上に、ある意味気を遣わなくてはならないポイントです。そこを失ってしまえば、全てを失う。それくらい重要なことだと改めて認識し、一つ一つの仕事を丁寧にこなしていきたいですね。

スポンサーリンク


関連記事

新卒が会社を辞める前に知っておくべき事実

294,500,000円があったら何を買いますか? 294,500,000円。この数字が何を意

記事を読む

目的を達成する方法③

他力本願という言葉を聞いたことがあると思います。これ、あまり良いイメージはないですよね。人まかせなイ

記事を読む

すべらない話のコツ

「すべらない話をしてください!」と突然振られたとしたら、あなたはどうしますか?もちろん、話が上手な方

記事を読む

未経験のことにどう向き合うか

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」といったのはビスマルクの言葉ですが、歴史(=他者の経験や失敗)

記事を読む

企業内でソーシャルメディアの活用がどこまで求められるか

「T字型人材」とは、特定の分野を究め、その深い専門知識と経験・スキルの蓄積を自らの縦軸に据えつつ、さ

記事を読む

自分にしかできない仕事がしたいですか?

「誰でも出来るようなルーティン・ワークではなく、自分にしか出来ないような仕事がしたいんです!」面接時

記事を読む

自分と合わない人との仕事の進め方

「学生と社会人の違いは、自分と合う人とだけ関わっていられるか、そうでないか」というような話を聞きます

記事を読む

仕事で自立した(一人前になった)と認められるには

皆さんの「自立」の定義ですが、自分で何でも出来るようになる力だと思っていませんか?確かに、自分で何で

記事を読む

会議の生産性を向上させるには

「○○について議論するから▲時に集まってもらえる?」このように会議の招集を受けたあなた。その招集通り

記事を読む

成長する方法

突然ですが、「10人、あなたがよく話すなぁと思う人を思い浮かべてください」 ち ょ っ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑