自分にしかできない仕事がしたいですか?

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 2.組織人として生きるために, 5.希望の面接を突破するために


「誰でも出来るようなルーティン・ワークではなく、自分にしか出来ないような仕事がしたいんです!」面接時にこれを言う言わずにかかわらず、こんな風に思っている求職者の方は多いのではないでしょうか?実際、面接をやっているとよく聞くフレーズ“ベスト10”くらいには入ってくるものだと思います。

こういったことを言う求職者の方の『気持ち』は非常によく分かります。「自分でなくても、他の人でいくらでも代替可能な仕事なんてやりたくない!」そんなことを思っているのだと思います。ですが、こういった発言をする人は、余程仕事ができるか、そうでないか二極化すると思っています。なぜか?今日はそんな話をしたいと思います。

dscf0024-300x227

あなたはどうやって自転車に乗れるようになったのですか?

まずはじめに、皆さんは自転車に乗れますか?恐らく多くの人が「YES」と答えていただけるのではないかと思いますが、もう一つ。皆さんは最初から自転車に(補助輪なしで)乗れましたか?これに対して「YES」と答えられた人は少ないのではないかと思います。では、なぜ多くの人が自転車に乗ることができるようになったのか。答えは簡単で、「練習したから」ですね。この「練習」こそ、ルーティン・ワークではないでしょうか?何度も転んで、何度も挑戦する。それこそが物事を上手くなる最大のコツのはずです。

さて、話を戻しましょう。「誰でも出来るようなルーティン・ワークではなく、自分にしか出来ないような仕事がしたいんです!」という言葉。そもそも矛盾をはらんでいるんです。自分にしかできないような仕事、というのは、それまでにどれだけ自分自身がルーティン・ワークを積んできたか、というところに起因します。つまり、その分野において圧倒的な能力を既に持っている人にしか言えない話なはずなのです。

企業はその人しかできない仕事を作りたくない

また、そもそも論からお話しすると、企業にとってその人にしか出来ない仕事が存在するということは、非常に危険な状態だとみなします。大きな企業が大きな企業でいれる何よりの理由は、しっかりとした“仕組み”があり、これが人によって出せる結果が物凄く違ってくる、なんていうことは起こり得ないようにしているのです。

仕事とは、『基本的には他の人がやりたくないルーティン・ワーク』なのです。大事なのは、そのルーティン・ワークをどう自分が解釈するかではないかなと思います。

スポンサーリンク


関連記事

チームでの物事の進め方

社会に出ると“チームで物事を進める”ことが非常に多くなります。そのような“チームで物事を進める”機会

記事を読む

no image

何かを成し遂げたい時に覚えておきたいこと

○One piece (巻10) 著:尾田 栄一郎 「おれは剣術を使えねェんだコノヤロ

記事を読む

就活が上手くいかない時に考えてみる価値があること

プロダクトアウト、マーケットインとは何か? “プロダクトアウト”、“マーケットイン”という言葉をご

記事を読む

面接に遅刻したら

面接で遅刻する…ということはあってはならないことではありますが、電車の遅延をはじめとした不測の事態で

記事を読む

感情が顔に出る損

昨日の点滴から体調は少なくとも回復傾向にあるものの、薬のせい(?)で大分ぼーっとしているような感じが

記事を読む

転職エージェントを比較する上で知っておきたいこと

転職をする時に転職エージェント(人材紹介会社)を利用する方は多いと思います。有名どころにはとりあえず

記事を読む

相談に求めるのは共感か、解決策か

「解決策を求めているのか、共感を求めているのか」。人に何かを相談する時、その相談した後の結果としてど

記事を読む

怒られた(クレーム)時の対応法

「“怒る”と“叱る”は違う」なんていうことを様々なところで聞きますが、人間は感情の動物ですからどうし

記事を読む

学生が社会人と対等に話すためには

就職人気ランキングの企業に入ることは良い事か? 今回のテーマは、解釈です。今日は根本的な所のお話を

記事を読む

残業はしたくないけど残業代は欲しい件

「長時間労働は悪だ!」「サービス残業なんてありえない!」という声と共に、長時間労働、残業に関する問題

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよきよ

    ドラクエ・FF好きで、ドラクエ10とFFRKは現在進行形でプレイ中。本業はフリーの人事コンサルタント。

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑