面接に遅刻したら

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 5.希望の面接を突破するために

Pocket

面接で遅刻する…ということはあってはならないことではありますが、電車の遅延をはじめとした不測の事態で遅れてしまうことというのもあるでしょう。そういったことも含めて行動できるか、ということが社会人になって求められることではありますが、遅刻してしまったという事実に直面した時にどのような対応を取るかで面接の合否に大きく関わることがあります。

4026da04ec93822872125b66ba511790_s

まずは遅刻が分かった時点で早めに電話連絡を

まず、当たり前のことになりますが、遅刻することが分かった早目の段階で先方に連絡を入れることです。予定時刻の5分前くらいに連絡される方がいらっしゃいますが、それは現地にほぼ着いていて迷ったなどの理由を除いてNGです。5分以上遅刻するほとんどの場合、10分以上前には遅刻することが分かるはずです。遅刻するかしないか微妙なところ、という時にも連絡を一本入れておくのが理想です。結果として間に合ったとしても、そこに対してマイナス評価が付くことはないはずですから。また、連絡は必ず“電話”でお願いします。言うまでもありませんが、メール等ではリアルタイムで見ていない可能性がありますから。

また、電話をした結果、後日の日程で面接を再調整される可能性もあります。それはそれで先方の指示に従いましょう。遠方から来た際は困ることもあろうかと思いますが、そうなってしまったのは自分の責任と捉え、企業側に判断を委ねた方が無難です。

謝罪は面接官だけでなく、その関係の方々にも

電話をして遅刻を許されて現地に到着した際ですが、まずやっていただきたいのが「呼吸を落ち着かせること」です。走って来られる方もいらっしゃいますが、息をはあはあしながら受付に行くのは止めましょう。受付の方も「まず落ち着いてください」と声に出さずとも思っているはずです(当然、コートとかは脱いでおいてくださいね)。ただ重要なのは、その受付の方に対しても「連絡は入れさせて頂いているのですが、申し訳ありませんでした。」という旨の話を入れ込んでおくと良いと思います。面接用の受付は普通の来訪者とは別の方が対応されるケースも多く、受付時の様子を面接官が聞くこともありますし、受付の方が遅刻する旨を知っているケースも多いです。まずは受付の方に謝罪、です。

そして面接官にお会いするのだと思いますが、またその場で謝罪することは当然必要です。また、そんな中でも面接の機会をいただき、ありがとうございます、という旨も含めていただいた方がよりベターですね。あと、新卒の場合特に気を付けたいのが、それがグループワークなどの複数名による選考だった場合、他の学生さんたちに対しても謝罪の言葉は述べた方が良いでしょう。

マナーが徹底できているという自分をアピールできる場に

最後に退出する際です。最後の最後にまた「謝罪」…というのは流石にやりすぎな印象はあるので、そこは謝罪する必要はないと思います。ただ、そこまで徹底して「謝罪」してきているわけですから、最後まで気を抜かず、コートは屋外に出てから着るとか、会社を出たすぐのところで他の学生と喋ってしまうとか、面接官がマナー的にNGだと感じるようなことは絶対にしてはなりません。あくまで、遅刻の際だけでなくマナーが徹底できている人なんだな、という印象を持ってもらうことが大事なのです。

遅刻は極力避けるということが鉄則ですが、遅刻というピンチにこそマナーをアピールできる格好の場でもあります。万が一遅刻した場合、これを覚えておくと良いかも!?しれません。

スポンサーリンク


関連記事

志望動機で“商品・サービスのファン”はありか

「私は人々に夢や希望を与えられる仕事をしたいと思っています。なので、第一志望は“オリエン○ルランド”

記事を読む

面接で自分のやりたいことを言うときの注意点

先日、ある学生さん達の“業界研究中間発表会”なるものに参加してきました。「業界をしっかりと研究して、

記事を読む

本番の面接で離職率の質問を聞いてはいけない

面接をしていると、離職率に関する質問を受けることがあります。ブラック企業という言葉が流行っているせい

記事を読む

面接官の顔色が突然変わる原因

「さっきまでにこやかだった面接官の顔色が突然変わった」こんな経験はないでしょうか?また、たとえ顔色が

記事を読む

面接官への質問時間を戦略的に

「最後に、何か質問はありますか?」この質問が面接において最後にされる質問となることが多いと思います。

記事を読む

面接における本音と建前

嘘ばっかりなんですよ、就職活動って。本当に真面目に採用のホームページ作るんだったら、「弊社が求める人

記事を読む

自分にしかできない仕事がしたいですか?

「誰でも出来るようなルーティン・ワークではなく、自分にしか出来ないような仕事がしたいんです!」面接時

記事を読む

就職活動と転職活動の違い

新卒時の就職活動と一度社会に出てからの転職活動。同じようなことはするのですが、それらの違いについて意

記事を読む

自己PRを考える時に気をつけたいこと

“需要と供給”という言葉を聞いたことはありますよね?商品の売買などでよく出てくる考え方の一つだと思い

記事を読む

面接で話せる“すごい経験”がない人へ

"Think Globally, Act Locally."この言葉、よく環境問題を語る上で使われる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑