海外で働く必要性はどこまであるか

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 4.グローバル人材になるために


日本人が海外で働く必要ってあるの?結論から言うと、何か目的でもない限り必要ないと僕は思っています。GDPは約500兆円(世界第3位/シェア6%)、平均年収は約400万円で世界17位。世界トップクラスの治安の良さ、水道水も飲める。300円台で牛丼が食べられて、お寿司は一皿100円からあります。トイレはどこに行っても綺麗で無料。警官は賄賂を求めないし、道路もしっかりと修繕されていて安心して歩けます。電車は時間通りに来て、都市部では電車やバスで行きたいところへほとんど行ける。こんな素敵な国は世界中どこを探してもないと思っています。つまり、そんな快適な環境を捨ててまで得たいものや実現したいことがないと、海外での仕事は続かないと思います。

(参照:4ヶ国での仕事経験から思う、「ぶっちゃけ海外で働くってどうよ?」という話

9ba4a7ea0d4e11b2e03a1e0a8ff78d96_s

海外が機会の宝庫であることは間違いない

「海外に出て、はじめて日本の良さを知る」そんな経験をされる方は多いと思います。私も留学をして感じたのは、留学をした後は、海外志向になるか国内志向になるかがかなり二極化するということ。海外の良さを見て、海外にどんどん出て行こうとする人と、海外と比較して日本があまりに良い国で、愛国心が芽生える人ですね。

もちろん、どちらが良いとかそういった不毛な議論をすることはしたくないのですが、私個人として海外を押したいのは、やはり需要と供給の側面からです。記事中にもある通り、海外は機会の宝庫なのです。それは、いわゆるテクノロジー的な側面もありますが、それ以上に、人口が増えているという事実は絶対に見逃せないと思います。つまり、需要が増えている中での勝負をすれば良いわけです。「上りのエスカレーターと下りのエスカレーター、どちらが「上る」のに楽ですか?」という比喩をよく使いますが、需要が増えている中というのは、正に上りのエスカレーターを上ることなのですから。(海外が楽、という話ではありませんが)

海外であろうと日本であろうと思考停止することが一番危険

もちろん、国内だとダメ、という話ではありません。しかし、国内であれば、その点をどうクリアにするのか、という解を自分なりに持つ必要があろうかと思います。思考停止の記事同様、この点については一人ひとりにとってかなり重要なことだと思いますので、是非思考停止せず、考え抜いていただきたいポイントだと思っています。

スポンサーリンク


関連記事

今の時代に求められるリーダーシップの型

イエスは彼らを呼び寄せて言われた、「あなたがたの知っているとおり、異邦人の支配者と見られている人々は

記事を読む

留学ではグローバル人材になれない!?

「現代の留学は無意味ー」と切り捨てる記事が上がっていました。この記事の趣旨としては、「今の留学は“海

記事を読む

企業でダイバーシティを受け入れる手段

ジェイソン:セールスフォースさんで言うと、多分そのままセールスクラウドを使う割合とかは、結構具体的な

記事を読む

専業主婦の妥当な年収の記事を受け

最近、マイナビウーマンで「専業主婦の妥当な年収はいくらか」というアンケートで、女性が200万と答えた

記事を読む

専門性だけ、リーダーシップだけではダメ

○Works No.106 ■目指すはプロフェッショナルリーダー リーダーシップと専

記事を読む

ワークライフバランスの本当の意味

武石恵美子氏の「働く人のワーク・ライフ・バランスを実現するための企業・職場の課題」によると、イギリス

記事を読む

no image

組織の譲れない価値観の作り方

多様性のマネジメントは大変難しいもので、究極的には相容れない価値観もあります。だから私は、逆説的かも

記事を読む

留学者数が減少することはヤバイ

「今の日本の若者は内向き志向だ」あなたもそんなことをどこかで聞いたことがあるかもしれません。確かに、

記事を読む

メディアリテラシーと海外経験

カンボジアの首都プノンペンからアンコールワットのあるシェムリアップに移動して2日目。シェムリアップの

記事を読む

先見性を養うためには

先週いっぱいで仕事納めの方もいらっしゃったようですが、多くの方が今日が仕事納めのようですね。2015

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよきよ

    ドラクエ・FF好きで、ドラクエ10とFFRKは現在進行形でプレイ中。本業はフリーの人事コンサルタント。

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑