物事を効率的に行うことが必ず善か

公開日: : 最終更新日:2015/12/04 6.価値観・世界観について

Pocket

“効率的” 効率がよいさま。無駄がないさま。

出典:goo辞書

この言葉が好きな方は多いのではないでしょうか?かく言うキヨカワも、学生時代はいかに“効率的”に勉強し、勉強以外の時間を確保するか、ということに相当尽力していたことを覚えています。…とまぁ、こんな件で書き始めているのですから、想像力豊かな読者の皆様はお分かりになるでしょう。そう、「“効率的”ってそんなに良いの?」というのが今日のテーマです。

今無駄だと思っていることが将来生きてくる可能性がある

アップル元CEO、スティーブ・ジョブス氏のスタンフォード大学でのスピーチ で話された“ドット”の話、皆さんはご存知でしょうか?

簡単に要約すると、

彼が学生時代に“カリグラフィー ”の授業を“たまたま”取っていたからから、彼の発明したアップルコンピューターに“書体”という概念を取り入れ、今日のパソコンにもそれがある。つまり、その“カリグラフィー”の授業を取っていた時には将来役に立つかどうかも分からないもの(ドット・点)だったことが、今の成功の礎(線)になっていた。

そんなようなことをこのスピーチで言っています。繰り返しますが、彼が“カリグラフィー”を取っていたのは“たまたま”であり、普通に考えれば“無駄”なものであったと思います。でも、それが将来に生きた。もちろん、それ以外にも色々と“無駄”なことはしてきていて、それらが全てこういった形で“線”に繋がったかと言えばそうではありません。無数の“無駄”の中から、これもまた“たまたま”、“カリグラフィー”が“線”として繋がっただけだと思います。ですが、こういった“線”は、一見“無駄”なものとしか繋がってこない、という点は見逃せないところです。

なので、その時には“無駄”に思えるようなものでも、将来どう繋がってくるかは分からないし、そういった“無駄(と思えるかもしれないもの)”の“種”を蒔いておくことこそが、将来自分が思いもよらぬ素晴らしい出来事に出会えるチャンスを作っていることと同義なんだと思います。

スポンサーリンク


関連記事

「好き」を仕事にすべきか否か

“好き”を仕事にすべきか否か 「“好き”を仕事にすべきか否か」。今日はこのテーマについて話をしてい

記事を読む

厳しい指導と優しい指導

研修や面接等、どんな場面においても「厳しい」と言われがちな私です(苦笑)。もちろん、その自覚症状はあ

記事を読む

お金を払わずに自分の欲しいものを手にいれる方法

突然ですが、「あなたが今欲しいものは何ですか?」 ち ょ っ と 考 え て く

記事を読む

面接の準備で8割合否が決まる

『準備8割、本番2割』この言葉を聞いたことはあるでしょうか。この意味は、結果というものは本番が2割で

記事を読む

グループワークの適正人数は…

25人をチーム分けしてグループワークをさせます。さて、あなたならどのようにグループ分けするでしょうか

記事を読む

no image

就活での学歴差別が許せない人へ

○大人のルール―誰も教えてくれなかった 著:中谷彰宏 努力していない人ほど、「不公平だ」、

記事を読む

志望業界以外を見ないで大丈夫か

清河さんのお話の中で一番印象に残ったのが、「世界を語らず日本を語るな」でした。 私はゼミで国際

記事を読む

過去に戻ることでやり直したいことは

「もし、あの時にこうしていれば…」なんていうこと、誰しも一つや二つはあるのではないでしょうか。どこか

記事を読む

no image

夢はどうやったら叶えられるか

「最後の授業」が教えてくれること あなたはランディ・パウシュ氏の「最後の授業」 を見たことはありま

記事を読む

正論が受け入れられない理由

二人が睦まじくいるためには 愚かでいるほうがいい 立派すぎないほうがいい 立派すぎることは 長持ち

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑