物事を効率的に行うことが必ず善か

公開日: : 最終更新日:2015/12/04 6.価値観・世界観について

Pocket

“効率的” 効率がよいさま。無駄がないさま。

出典:goo辞書

この言葉が好きな方は多いのではないでしょうか?かく言うキヨカワも、学生時代はいかに“効率的”に勉強し、勉強以外の時間を確保するか、ということに相当尽力していたことを覚えています。…とまぁ、こんな件で書き始めているのですから、想像力豊かな読者の皆様はお分かりになるでしょう。そう、「“効率的”ってそんなに良いの?」というのが今日のテーマです。

今無駄だと思っていることが将来生きてくる可能性がある

アップル元CEO、スティーブ・ジョブス氏のスタンフォード大学でのスピーチ で話された“ドット”の話、皆さんはご存知でしょうか?

簡単に要約すると、

彼が学生時代に“カリグラフィー ”の授業を“たまたま”取っていたからから、彼の発明したアップルコンピューターに“書体”という概念を取り入れ、今日のパソコンにもそれがある。つまり、その“カリグラフィー”の授業を取っていた時には将来役に立つかどうかも分からないもの(ドット・点)だったことが、今の成功の礎(線)になっていた。

そんなようなことをこのスピーチで言っています。繰り返しますが、彼が“カリグラフィー”を取っていたのは“たまたま”であり、普通に考えれば“無駄”なものであったと思います。でも、それが将来に生きた。もちろん、それ以外にも色々と“無駄”なことはしてきていて、それらが全てこういった形で“線”に繋がったかと言えばそうではありません。無数の“無駄”の中から、これもまた“たまたま”、“カリグラフィー”が“線”として繋がっただけだと思います。ですが、こういった“線”は、一見“無駄”なものとしか繋がってこない、という点は見逃せないところです。

なので、その時には“無駄”に思えるようなものでも、将来どう繋がってくるかは分からないし、そういった“無駄(と思えるかもしれないもの)”の“種”を蒔いておくことこそが、将来自分が思いもよらぬ素晴らしい出来事に出会えるチャンスを作っていることと同義なんだと思います。

スポンサーリンク


関連記事

リスクを取ることを怖いと思う方へ

「踏切を渡る時、電車の信号が“赤”だと安心するんですよね。それは“電車が来ない”ってことですから。逆

記事を読む

「使える人材」と「使えない人材」を分けるポイント?

「使える人材」と「使えない人材」を分けるポイントを探った。そしてわかったのは、「使える」と言われた新

記事を読む

学生が社会人と対等に話すためには

就職人気ランキングの企業に入ることは良い事か? 今回のテーマは、解釈です。今日は根本的な所のお話を

記事を読む

働かなくてはならない理由

「迷惑をかけない」なんて綺麗事でしかない。じゃあ、自分が助けられている以上、自分は別の局面で他者を助

記事を読む

大阪市立中学校長の「女性は2人以上生むことが大切」発言について

大阪市立の中学校の校長先生の「女性は2人以上生むことが大切」発言が未だに波紋を呼んでいるようですね。

記事を読む

no image

目的達成は犠牲の上

○鋼の錬金術師 著:荒川弘 このマンガのメインテーマになっている等価交換という考え方を

記事を読む

“チャンス”を逃さない方法

“チャンス”を逃さない方法はあるか 「“チャンス”を逃さない方法ってないのでしょうか?」こんな

記事を読む

敬意を払うことを意識する

“レストランのウエイターに対して横柄な態度を取る”。これが百年の恋も一気に冷める瞬間の一つだそうです

記事を読む

一流になるための方法

<一流目指すなら早く独立を> テキサス州ダラスの中心部にあるテキサス大サウスウエスタンメディカ

記事を読む

【株】長期的な株式投資のススメ

今日は株式投資の話。以前のブログでも株の話をしたことがあり、その時は“トレンド”というものが想像以上

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑