ありのままの自分で面接に臨んではいけない

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 5.希望の面接を突破するために

Pocket

面接をしていると、こんな考えを持っている方によく会います。「ありのままの自分を見て欲しい/ありのままの自分を受け入れてくれる会社に入りたい」…なるほど。20数年間築き上げてきた自分の価値観というものを全てひっくるめて受け入れてくれる、そんな会社に入りたい、ということですよね。確かにその気持ちは分かります。分かります、が、大きな勘違いをしている人もいらっしゃるような気がします。ちょっとたとえ話をしましょう。

図1

「食べ放題」で、食べきれないほど取って残す人をどう思うか?

ある焼き肉店で「食べ放題」のメニューがあったとしましょう。「食べ放題」なわけですから、それはもうたくさん取って、たくさん食べました。あなたはお腹がいっぱいになりましたが、まだ皿にはたくさんお肉が残っています。さて、この事態について、どう思いますか?…申し訳ないけれども、こういう方は非常識な方、と言われても仕方がないのではないでしょうか。確かに食べ放題の権利はお金を払った人にありますが、食べない分をお皿に取って残すというのは、違うでしょう。つまり、「取った分は残さず食べる、ひいて言えば、食べられない分は取らない」という暗黙のルールがそこには存在するわけです。

さて、面接の話に戻りますね。“ありのままの自分を見て欲しい”と思っているので、相手に自分が思うがままの回答をしていく訳ですね。これは、先ほどの食べ放題で言う、自分の欲に赴くまま、お肉をお皿に取っている状態とほとんどイコールです。つまり、完全に“ルール”を無視しているのです。

ルールは説明会やインターネット上等、様々なところで告知されている

その“ルール”は、色んなところで情報提供されています。説明会はもとより、ネット上にもたくさんあります。そういった暗黙のルールがあるにもかかわらず、自分の好き勝手に話を進めてしまう。するとどうなるか。“KY(空気が読めない)”と思われて終了するわけです。

面接という場所は、自分の好きなように話すことが出来ます。けれども、その面接を通過したいのであれば、自分の好きなことを何でもかんでも話していいという場所では、実はないのです。“食べ放題”は“食物を無駄にしていい”という意味合いではありません。是非、改めてその面接での暗黙のルールは何なのか、それを踏まえた上で面接に臨んでいってください。

スポンサーリンク


関連記事

「面接が苦手」を克服するためには

「面接が苦手」 声に出して言うかどうかはともかく、そういった意識のある方は多いのではないでしょうか

記事を読む

面接の準備で8割合否が決まる

『準備8割、本番2割』この言葉を聞いたことはあるでしょうか。この意味は、結果というものは本番が2割で

記事を読む

面接で自分の発言に共感してもらう方法

面接において大事なのは、自分が話していることを面接官に“共感”してもらえているかどうかというポイント

記事を読む

面接官が面接で印象に残る話

「面接で、どんな人が印象に残りますか?」こんな質問を受けることがあります。この問いに対しては色んな答

記事を読む

面接は第一印象で決まる?

「面接は開始○秒で決まる!」というようなことを聞いたことはあるでしょうか?開始○秒ということはほとん

記事を読む

面接でコミュニケーション能力が高いと言ってはいけない

『コミュニケーション能力に自信があります!』というような話を面接でするのは微妙という話をしたことがあ

記事を読む

本番の面接で離職率の質問を聞いてはいけない

面接をしていると、離職率に関する質問を受けることがあります。ブラック企業という言葉が流行っているせい

記事を読む

リンクアンドモチベーションの提示する4つのP

リンクアンドモチベーションの方が“人材が組織に求め、組織が人材に提供できる4つのP”という考え方を記

記事を読む

目的を達成する方法②

突然ですが、今日はまず物語からお読み下さい(笑) あなたは勇者です。ある日王様から、盗賊にさらわれ

記事を読む

自分のアイデアを採用してもらう方法

「自分のアイデアを形に出来るような仕事がしたい!」そんなことを考えて面接で話をされる方をたまに見掛け

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑