2016年1月から5月までの世界経済を振り返る 前編

公開日: : 最終更新日:2016/05/17 1.キャリア構築の大枠の考え方

Pocket

長期的に物事を見よう、という上で欠かせない要素の一つに、“世界経済の大枠の流れを掴む”という項目があるように思えます。その大枠の流れを掴むための一つの方法として、各国の株価を見るという方法があるように思っています。日本であれば日経平均、アメリカであればダウというような代表的な株価がどのような要因で上昇するのか、また、下落するのかということを見ていくと、世界はどのようなことに影響を強く受け、そしてどのような方向に向かっているのかということを断片的に知ることはできます。今日は、最近どのような現象が世界経済に影響を与えているのかということを紹介していこうと思います。

b22f8241ccf0d5df192726bf1bb_s

年初の株価はどの国も大暴落

まず、現在(2016年5月16日)の株価について紹介していきます。まず日経平均ですが、16,450円前後です。そしてダウは、17,550ドル前後、そして、ヨーロッパを代表して英国FTSEが6,100ポンド前後、また、中国が3,000元前後となっています。これらの数値が高いのか低いのかということはあまり関係のない話ではありますが、これらの数値にどのように至っているのかというプロセスを見ておくことは非常に有益だと思います。

一つ一つ細かい事象でどの程度値が動いたのかということをやると流石に大変ですが、年初から今日に至るまでどのような値動きをしてきたかは一旦ご把握いただきたいと思います。まず年初ですが、記憶に新しい方もいらっしゃるとは思いますが、各国とも株価がかなり下がりました。日経平均では15,000円を切り、ダウも15,500ドル程度まで落ち込み、ここ最近の最安値を年初から記録するか、というようなことが言われていました。幸いにもその最安値を更新せず、そこから回復していくことになります。

今はアメリカ一人勝ちと言われている

回復していくと申し上げたものの、その後順調に回復をしていったのは実はアメリカだけだったりします。実に2月中旬~4月中旬ごろまで上昇トレンドが変わることはありませんでした。ところが他の3カ国を見てみると、その期間においても上昇トレンドと下落トレンドを繰り返しています(この事実が今、アメリカ一人勝ちと言われる所以になっています)。その中でも特に日本のボラティリティ(変動)はひどく、アメリカでは最も株価の高かった4月中旬に15,300円台を記録するなど、非常に不安定な相場となっていました。しかも、その原因が日本国内での出来事というよりは完全に日本外の要因によるものが強く、「日本市場の主体は日本ではない」と多くの専門家が言うほどでした。

本日はまず、年明けから今日に至るまでの株価の動きを追ってきました。明日はそれらの株価の動きに大きな影響を与えた出来事をピックアップし、それらの出来事を踏まえた上で、今後どのような株価の動きをしていくのかということを予想していこうかと考えています。

スポンサーリンク


関連記事

成功の近道は若いうちからの挑戦

○石川遼が2位に浮上、首位は朴相賢…男子ゴルフ ゴルフ・トップ杯東海クラシック第2日(2日・愛

記事を読む

引くに引けない状態・現象=思考停止

「ここまでやっているのだから引くに引けない」。こんなような感覚に陥った経験がある方も多いのではないで

記事を読む

何かが足りないのは良い事だ

皆さんは京都にある龍安寺 の石庭をご存知でしょうか?多くの人は修学旅行か何かで一度は訪れているのでは

記事を読む

日本人が冒険心を持てない理由と対策

Newsweekで日本の20代の冒険志向が断トツ世界一低い、という不名誉な称号を得てしまったことを紹

記事を読む

朝、時間通りに出社することは当たり前なのか

今朝の東京は雪で大変でしたね。私も今日はお客様先に朝から向かう必要があり、ただでさえ混んでいる時間帯

記事を読む

自己分析におけるタイプ別診断の穴

昨日キャリア教育に関しての記事を上げ、“自己分析”というものにフォーカスされすぎている点を問題視しま

記事を読む

願い事がないことのヤバさ

出典:ドラゴンボール 「さあ願いを言え、どんな願いも一つだけ叶えてやろう。」おなじみ(?で

記事を読む

リストラされないための備え

本日、今年に入って2度目のサーキットブレイカーが中国で発動されました。それだけでなく、昨日は北朝鮮に

記事を読む

大企業も終身雇用を保証できない理由

何事も永遠ではない。人は死ぬし建物はいつか壊れる。国も、いわんや企業をや、である。企業の寿命は30年

記事を読む

これから求められる付加価値の高い人材とは

○フラット化する世界 著:トーマス・フリードマン 以前のブログで、“同一労働・同一賃金

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑