挑戦(チャレンジ)を支えるリスクヘッジとは

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 6.価値観・世界観について

Pocket

皆さんは“空中ブランコ”を見たことがありますか?以前、シルクドソレイユを観に行ったことがあるのですが、凄技が次々と出てきたので“空中ブランコ”の凄さが半減してしまっていましたが(笑)、危険な技であることは言うまでもなく、下の図のように“セーフティネット”が必ず張られています。言うまでもありませんが、この“セーフティネット”があることによって、“空中ブランコ”のような、失敗したら“命”にかかわるような危険な技でも、“チャレンジ出来る”わけです。

maxresdefault

セーフティネットを張ろうという意識がない

“チャレンジ”と“安心”、相対するような言葉ですが、実はセットにすると非常に心強いペアだということに気付きます。これらをセットで考えず、“安心”を度外視すると、その“チャレンジ”は“無謀”となるし、“安心”を考え、自分の身の丈内でやろうとすれば、それは大した“チャレンジ”にはなりません。

これは実社会でも同じなはずなのですが、世の中の多くの“チャレンジ”を試みる人は、“自分の能力を高めること”だけによってチャレンジできる幅を広げようとします。何が言いたいかというと、“セーフティネットを張ろう(リスクヘッジ)”という意識があまりない、ということです。“空中ブランコ”で言えば、それに必要な筋力をつけているようなものですが…それで出来るようになると思いますか?(中々、厳しいでしょうあせる)

実社会でのセーフティネットは“人”信頼関係を築ける人をどれだけ増やせるか

では、実社会での“セーフティネット”とは何なのか?それは、です。自分が仮に失敗したとしても助けてくれる自分の周りの人です。もっと言えば、失敗する前に、失敗させないようにしてくれる人だと思います。ただ、自分の周りにいる人は、残念ながらあなたを助ける義務はありません。助けるかどうかは、あなたの普段の行動次第なわけです。

恐らくあなたも同じだと思います。自分自身にとって大切な人が失敗しそうになっていたら、手を差し伸べるのではないでしょうか?人間とはそういったもののはずです。なので、いかにそういった人間関係を普段から構築しているか、ということが実社会で“セーフティネット”を張ることに繋がっているのです。“チャレンジ”と“安心”はセットこれから“チャレンジ”をしていきたいと思う人は、“セーフティネット”の重要性を改めて認識しなくてはならないですね。

スポンサーリンク


関連記事

夢の叶え方②

下手糞の上級者への道のりは己が下手さを知りて一歩目 (参照:SLAM DUNK 22巻

記事を読む

投資より貯金は思考停止している証拠?

投資の話をすると、「いや、そもそも投資をするお金がないんです」という反応が返ってきます。そういう人に

記事を読む

個性が発揮できる仕事がしたい?

そうさ 僕らも 世界に一つだけの花 一人一人違う種を持つ その花を咲かせることだけに 一生懸命になれ

記事を読む

論理的思考(ロジカルシンキング)が必要とか言う前に

「あいつはロジカルじゃないよね」「論理的にそれ間違ってない?」などなど、ビジネスの場で“ロジカル(シ

記事を読む

「好き」を仕事にすべきか否か

“好き”を仕事にすべきか否か 「“好き”を仕事にすべきか否か」。今日はこのテーマについて話をしてい

記事を読む

有益な情報を無料で得る方法

「有益な情報は無料ではない」という話を以前のブログでもしたことがありますが、もう少しこの点について突

記事を読む

グループワークの適正人数は…

25人をチーム分けしてグループワークをさせます。さて、あなたならどのようにグループ分けするでしょうか

記事を読む

本を読まない人はバカなのか

「最近、どんな本を読みましたか?」なんでも、この質問が仕事ができる人かどうかを判断する一つの方法らし

記事を読む

人に頼らない人生は楽しいか

「アニメの「ドラえもん」の主人公は誰?」と聞かれて、あなたは何と答えますか?「ドラえもん」と答える人

記事を読む

就職に資格はどこまで役に立つのか

就職活動が始まる時期だからか、“資格系”のCMが目立つようになりました。非常に個人的な話ですが、某M

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑