挑戦(チャレンジ)を支えるリスクヘッジとは

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 6.価値観・世界観について

Pocket

皆さんは“空中ブランコ”を見たことがありますか?以前、シルクドソレイユを観に行ったことがあるのですが、凄技が次々と出てきたので“空中ブランコ”の凄さが半減してしまっていましたが(笑)、危険な技であることは言うまでもなく、下の図のように“セーフティネット”が必ず張られています。言うまでもありませんが、この“セーフティネット”があることによって、“空中ブランコ”のような、失敗したら“命”にかかわるような危険な技でも、“チャレンジ出来る”わけです。

maxresdefault

セーフティネットを張ろうという意識がない

“チャレンジ”と“安心”、相対するような言葉ですが、実はセットにすると非常に心強いペアだということに気付きます。これらをセットで考えず、“安心”を度外視すると、その“チャレンジ”は“無謀”となるし、“安心”を考え、自分の身の丈内でやろうとすれば、それは大した“チャレンジ”にはなりません。

これは実社会でも同じなはずなのですが、世の中の多くの“チャレンジ”を試みる人は、“自分の能力を高めること”だけによってチャレンジできる幅を広げようとします。何が言いたいかというと、“セーフティネットを張ろう(リスクヘッジ)”という意識があまりない、ということです。“空中ブランコ”で言えば、それに必要な筋力をつけているようなものですが…それで出来るようになると思いますか?(中々、厳しいでしょうあせる)

実社会でのセーフティネットは“人”信頼関係を築ける人をどれだけ増やせるか

では、実社会での“セーフティネット”とは何なのか?それは、です。自分が仮に失敗したとしても助けてくれる自分の周りの人です。もっと言えば、失敗する前に、失敗させないようにしてくれる人だと思います。ただ、自分の周りにいる人は、残念ながらあなたを助ける義務はありません。助けるかどうかは、あなたの普段の行動次第なわけです。

恐らくあなたも同じだと思います。自分自身にとって大切な人が失敗しそうになっていたら、手を差し伸べるのではないでしょうか?人間とはそういったもののはずです。なので、いかにそういった人間関係を普段から構築しているか、ということが実社会で“セーフティネット”を張ることに繋がっているのです。“チャレンジ”と“安心”はセットこれから“チャレンジ”をしていきたいと思う人は、“セーフティネット”の重要性を改めて認識しなくてはならないですね。

スポンサーリンク


関連記事

今の受験勉強は意味ない?

<大人と子供 一緒に学べ> 「1+2=3」みたいなことを学んでもしょうがない。正解が1つではないも

記事を読む

no image

最高峰のチームの中でレギュラーを勝ち取る

○心を整える。 著:長谷部誠 ■外見は自分だけのものではない 高校時代、服部先生は

記事を読む

どの分野の力を伸ばすべきかを見つける方法

みなさんご存知のイチロー。野球にかかわる多くの記録を塗り替えてきた彼を見て、皆さんはどんな気持ちにな

記事を読む

厳しい指導と優しい指導

研修や面接等、どんな場面においても「厳しい」と言われがちな私です(苦笑)。もちろん、その自覚症状はあ

記事を読む

個性が発揮できる仕事がしたい?

そうさ 僕らも 世界に一つだけの花 一人一人違う種を持つ その花を咲かせることだけに 一生懸命になれ

記事を読む

体調管理は社会人の大前提

やはり、やってしまいました。予想通りというか、いや、本当はそうなってはならないのですが…体調を崩すと

記事を読む

夢の叶え方②

下手糞の上級者への道のりは己が下手さを知りて一歩目 (参照:SLAM DUNK 22巻

記事を読む

「使える人材」と「使えない人材」を分けるポイント?

「使える人材」と「使えない人材」を分けるポイントを探った。そしてわかったのは、「使える」と言われた新

記事を読む

キャリア教育最大の問題点

昨今の高等教育の現場では“キャリア教育”というものを推進しているようです。何のためにそういった教育を

記事を読む

敬意を払うことを意識する

“レストランのウエイターに対して横柄な態度を取る”。これが百年の恋も一気に冷める瞬間の一つだそうです

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑