叶えたい願いを知る方法

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 6.価値観・世界観について

Pocket

最近、感情を動かされたことをすぐ思い出せますか?

「最近あった良かったことは何ですか?」これはアイスブレイクでよく使われるHappy & Good Newsという手法です。(日本人はこういったことに慣れていないのか?慣れていない人はついつい考え込んでしまうような印象がありますが・苦笑)上記は、「良かったこと」ではありますが、「良かったこと」に限らず、何か皆さんの感情を動かしたことというものを是非、思い出していただきたく思います。6abde750bec19e5b64dd5fc61381b6c3_s














いかがでしょうか?自分の感情がいつ動いているのか、ということは、意外と思い出せないものです。というのも、あまり感情がどう動いているのか、ということに対して無頓着でいることに他ならないと思うのですが、この“感情”がどういう時に動くのか、なぜ動いたのかということを知っておくと、今の自分自身が足りないものであったり、叶えたい願望が見つかります。

例えば、映画を見るとしましょう。どんなジャンルの映画でも構いません。そして、映画を見ている時に一つだけ、自分の感情がいつ動いたのかということを覚えておいて欲しいのです。その映画を見終わり、感情が動いたシーンを思い出します。なぜ、そのシーンに惹かれたのでしょうか。

下町ロケットが人気な理由

今、下町ロケットというTVドラマが人気ですね。なぜ、人気なのでしょう。一つの仮説としては、閉塞感を打開していく姿に心を打たれるというものになろうかと思います。そういったところに感情が動くということは、正に閉塞感を打開したい、という願望があるからに他なりません。何の変哲もないシーンに心が動かないのは、何の変哲もないからです。これは、映画やTVドラマに限った話ではありません。小説であったり、マンガであったり、また、日々の生活においての感情の変化でさえ、自分自身に何が足りないか、欲しているのか、ということに気付けるのだと思います。

便利な世の中だからこそ感情に注目する必要性が高い

世の中が便利になり、あまり感情が動かなくなっていることも同時にあるように感じます。冒頭のHappy & Good Newsではないですが、そういった時に何も出てこない、というのは一つのその表れかもしれません。自分自身の感情に対して注目してみる、ということは色々な意味で重要な意味を持つのではないでしょうか。

スポンサーリンク


関連記事

就活で内定が出ない理由

仕事柄、就活生から就活の相談に乗ることが多々あります。そんな時、ほぼ共通して話をしているのが、“貢献

記事を読む

未経験のことにどう向き合うか

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」といったのはビスマルクの言葉ですが、歴史(=他者の経験や失敗)

記事を読む

選ぶ力ってなんだ?

「選ぶ力がない。」このようなことを学生に対してだけでなく、社会人であっても感じることが多々あります。

記事を読む

安保法案反対のデモの本当の意図…?

先週末に渋谷で成立した安保法案に反対するデモがあったようです。彼らの主張はもちろん、「戦争反対」。そ

記事を読む

重大な決断をする前に確認したいこと

キヨカワは以前、自転車で車と接触未遂事故を起こしまして、急ブレーキで後輪が持ち上がり、自転車から投げ

記事を読む

引くに引けない状態・現象=思考停止

「ここまでやっているのだから引くに引けない」。こんなような感覚に陥った経験がある方も多いのではないで

記事を読む

方向性を考える上で大事なこと

金沢大学は常に恐れることなく現場の困難に立ち向かっていける次の能力・体力・人間力を備えた人材を育成し

記事を読む

面接で自分がやりたいことを話す前に考えたいこと

最初に立ちはだかったのはトラックの手配だった。レンタカーはガソリンがないため借りられず、友だちに相談

記事を読む

リスクを取ることを怖いと思う方へ

「踏切を渡る時、電車の信号が“赤”だと安心するんですよね。それは“電車が来ない”ってことですから。逆

記事を読む

今の受験勉強は意味ない?

<大人と子供 一緒に学べ> 「1+2=3」みたいなことを学んでもしょうがない。正解が1つではないも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑