正論が受け入れられない理由

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 2.組織人として生きるために, 6.価値観・世界観について

Pocket

二人が睦まじくいるためには 愚かでいるほうがいい 立派すぎないほうがいい
立派すぎることは 長持ちしないことだと気付いているほうがいい
完璧をめざさないほうがいい 完璧なんて不自然なことだと うそぶいているほうがいい
二人のうちどちらかが ふざけているほうがいい ずっこけているほうがいい
互いに非難することがあっても 非難できる資格が自分にあったかどうか あとで疑わしくなるほうがいい
正しいことを言うときは 少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは 相手を傷つけやすいものだと 気付いているほうがいい
立派でありたいとか 正しくありたいとかいう 無理な緊張には 色目を使わず
ゆったり ゆたかに 光を浴びているほうがいい
健康で 風に吹かれながら 
生きていることのなつかしさに ふと胸が熱くなる そんな日があってもいい
そして なぜ胸が熱くなるのか 黙っていても 二人にはわかるのであってほしい

(「祝婚歌」吉野弘)

b01becdab0b07f42df33995ad464672d_s

正しいこと(正論)を言うと、相手を傷つけやすい

この歌は、親から教えてもらって、親友の結婚式のスピーチでも話をした歌です。結婚すると色々ありますが、こういったことを念頭においておくと、良い関係が築けるなと心から思います。さて、今日この歌を紹介したのは、この内の一節である、

正しいことを言うときは 少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは 相手を傷つけやすいものだと 気付いているほうがいい

という部分。これは結婚生活だけに留まらず、社会人生活においても非常に重要な考え方だと思っています。具体的な事例を用いて話をしましょう:

ある社会人Aさんは、上司に対して不満を持っています。自分勝手で、部下に注意することを自分が出来ていない、そんな上司です。Aさんはしばらくそんな状況にも我慢してきましたが、同じように注意された際、ついに何かが切れてしまいました。「ふざけんな!」と(笑)。その後、Aさんはそれまで溜まった不満をぶちまけました。周りからすると、Aさんの言っていることは多くの人から見てその通りで、正しいと感じられるものでした。

そんなことがあった後、Aさんは上司の上司から呼び出され、その上司の上司から叱責を受けます。「全く納得がいかない」そんな気持ちでAさんはいっぱいになります。自分は正しいはずなのに、なぜ、それが分からないのか。

こんな経験、ありませんかね?(笑)キヨカワも何度か似たような経験をしていて、胃をキリキリさせていたような気がしますが(笑)、やはりAさんは未熟と言わざるを得ません。

正しいこと(正論)を言う前に“言い方”と“持っていき方”を考える

それは冒頭の歌からも取れるように、正しいことを言うときは相手を傷つけやすいものというところに気付いていない部分がです。Aさんの主張は、多くの人にとって正しいのだと思います。ただ、その“言い方(ソフト面)”や、“持っていき方(ハード面)”が非常にまずかった、と言わざるを得ません。“言い方”というのは、上司に対して「ふざけんな」と言ってしまったり、感情的になってしまった点で、“持っていき方”というのは、上司にとっては何の前触れもなく今回の話を持ってきてしまった点です。きっと、この“言い方”と“持っていき方”を変えれば、Aさんにとっても、上司にとっても違う結果がもたらされたと思います。(具体的なHOWは、その組織によって違うと思うので、ここでは言及しませんが)

勘違いして欲しくないのは、組織に媚びへつらえということではありません。ただ、そうは言っても、会社にサラリーマンとして属しているのであれば、その企業があることによって、給与がもらえているという事実だけは外してはならないと思います。権利には必ず義務も伴います。そこを忘れないでいたいですね。

スポンサーリンク


関連記事

すべらない話のコツ

「すべらない話をしてください!」と突然振られたとしたら、あなたはどうしますか?もちろん、話が上手な方

記事を読む

個性が発揮できる仕事がしたい?

そうさ 僕らも 世界に一つだけの花 一人一人違う種を持つ その花を咲かせることだけに 一生懸命になれ

記事を読む

残業はしたくないけど残業代は欲しい件

「長時間労働は悪だ!」「サービス残業なんてありえない!」という声と共に、長時間労働、残業に関する問題

記事を読む

やりがいのある仕事を選ぶには

「仕事に対して、お金とやりがい、どちらを望みますか?」このような質問に対して、皆さんはどのようにお答

記事を読む

企業選びの軸に是非入れて欲しいこと

後輩が入ってくることは当たり前ではない 「後輩が入ってきて当たり前」このような感覚は、学生時代まで

記事を読む

新卒で転職を考える前に知っておくべき事実②

「ブラック企業」という言葉が生まれてから久しいですね。そのせいもあると思いますが、今多くの企業で労務

記事を読む

研修がつまらないと思っている人へ

Googleの収益モデルは何か? 皆さんは“Google”がどのように収益を上げているかをご存知で

記事を読む

no image

大切なものを失うと何かを得る

○ぼくを探しに 著:シルヴァスタイン 何かが足りない それでぼくは楽しくない 足りない

記事を読む

方向性を考える上で大事なこと

金沢大学は常に恐れることなく現場の困難に立ち向かっていける次の能力・体力・人間力を備えた人材を育成し

記事を読む

今の時代に求められるリーダーシップの型

イエスは彼らを呼び寄せて言われた、「あなたがたの知っているとおり、異邦人の支配者と見られている人々は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑