自己分析におけるタイプ別診断の穴

公開日: : 1.キャリア構築の大枠の考え方

Pocket

昨日キャリア教育に関しての記事を上げ、“自己分析”というものにフォーカスされすぎている点を問題視しました。今日はその続きです。“自己分析”の方法の一つにエニアグラムのような特定のタイプに自分を当てはめるものがあるのはご存知の通りかと思います。そのタイプの解説文を見て、「当たってる!」というような占いで自分のことを言い当てられたような感覚に陥ったこともあるのではないでしょうか。今日はそのタイプ別診断的なものに対して一つの警鐘を鳴らす記事を書いていきたいと思います。

888f81067c83516fa9cca1685e960640_s

タイプ別診断のメリットは自分自身を再確認できることだが…

皆さんはエニアグラムという診断をされたことはありますか。簡易なものはネット上で診断できるのでしてみていただくと一つ面白いかもしれません。ちなみに私は5番(研究者)と8番(統率者)が同数という結果でした。私をご存知の方は「当たってる!」というように仰るかもしれません。もちろん、それらの解説文を読めば自分でも「当たってるな~」と感じる部分はあります。それは当然で、そのような回答を診断中にしているわけですから、当たっていないわけがないというもの然りであることは見逃せません。

このようなタイプ別診断のメリットの一つに、“自分自身を再確認できる”という点があります。言語化しにくい“自分”という存在を、一般的な言葉で言語化することにより、改めて自分という存在がどのような特徴を持ち、どのようにその結果を生かしていくべきかを考えさせる一つのきっかけにできるというところが大きなメリットとなっているのではないでしょうか。実はこの大きなメリットこそ、大きなデメリットにもなっていることに気付いていない方が多いのではないかと思うのです。

傾向があるだけで実力との相関は薄い

もう一度、そのような診断をする際にどのように回答していくかを考えてみましょう。診断に設問があり、その設問に対して“自分の過去を振り返り”回答していく、というプロセスを踏むと思います。そう、“自分の過去(経験)”に基づいて回答していくわけです。当たり前の話のように思えますが、ここに診断というものに対する限界があります。例えば“ついついリーダーを買って出やすい”という項目に○を付けたとしましょう。それはその方がリーダーをやって上手くいった経験がある⇒だからその行動を繰り返してきた、というだけに過ぎないのです。

もちろん、リーダーという役職を他の人よりも多く経験してくれば、そこから学んできたことはそれなりにあるでしょう。ただ、その経験の多さがリーダーに必要な力の優劣を決めるかと言えば、全くそうではないし、また別の次元の話になるわけです。何が言いたいかと言えば、このような診断で自分の過去の経験上“リーダー”を買って出てきていたとしても、それが社会で実際にリーダーとして実力があるか(活躍できるか)どうかは別問題である可能性が多分にあるということです。

世の中は絶対的な基準ではなく相対的な基準で決まる

このような話をすると、そもそもの診断自体を否定するような話になりやすいですが、そういうわけでもありません。このような診断はこれまでの自分自身の“傾向”を非常によく示してくれるツールであり、そのような経験をたくさん積んできているという自己認識を持っているということを確認できるツールです。そして、その経験を自信に転換して、新たな挑戦につなげていく力にしていくことはできるものであることは間違いありません。

ただ、このような結果で出てきたものを“絶対的なもの”として捉えるのは非常に危険であるということです。物事は“絶対的”な基準で決まるわけではなく、“相対的”な基準で決まります。つまり、自分自身がリーダーシップがあるかどうかということではなく、周りと比較してリーダーシップがあれば、自分でリーダーシップがあると思っていなくともリーダーになる可能性があるし、逆もまた然りというわけです。大事なのはその時その時にどんな力が求められているのか、どのような力でそのチームに貢献できそうかというような視点で考えられる人間になれるかどうかだと思うのです。

ネット上の診断は“その程度のもの”

今回のエニアグラムのような診断は、心理学がベースになっていることが多いと思います。そのような診断ですから、本来であれば専門家である心理学者がしっかりと説明をした上で実施されなければならないものが多いわけです。ところが、そのような専門家が説明するようなプロセスもなく、簡易的にするからこそこのような弊害が生まれるのだとも思います。ネットで受けられるような診断というものは、“その程度のもの”と捉えるに留めておくべき話だと思いますよ。

スポンサーリンク


関連記事

大企業も終身雇用を保証できない理由

何事も永遠ではない。人は死ぬし建物はいつか壊れる。国も、いわんや企業をや、である。企業の寿命は30年

記事を読む

2016年1月から5月までの世界経済を振り返る 後編

2016年1月から5月までの世界経済を振り返るシリーズ?も本日で最後です。最後の記事は“振り返る”と

記事を読む

転職で年収が上がるのには条件がある

エン・ジャパンは2015年10月13日、「ミドルの転職後の年収」についてのアンケート調査結果を発表し

記事を読む

不満でも会社を辞めずにいれば良い事あるのか

本当に残酷な転職マネー版グリム童話「ヤメ・ソーヤーの冒険」 不満だらけでも辞めずに残った男が手にす

記事を読む

2016年1月から5月までの世界経済を振り返る 中編

昨日は2016年の年初から今日に至るまでの株価の動きを追ってきました。アメリカが一人勝ちであること、

記事を読む

3年以内の転職の是非

厚生労働省が大卒の3割が3年で会社を辞めてしまうという調査結果を発表しました。「最近の若者は

記事を読む

2016年1月から5月までの世界経済を振り返る 前編

長期的に物事を見よう、という上で欠かせない要素の一つに、“世界経済の大枠の流れを掴む”という項目があ

記事を読む

これから求められる付加価値の高い人材とは

○フラット化する世界 著:トーマス・フリードマン 以前のブログで、“同一労働・同一賃金

記事を読む

毎日がつまらない中年男性72%

嵐の大野くんが出演しているドラマ「世界一難しい恋」を妻が昨日見ていたのを横目で見ていました。内容につ

記事を読む

日本人が冒険心を持てない理由と対策

Newsweekで日本の20代の冒険志向が断トツ世界一低い、という不名誉な称号を得てしまったことを紹

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑