“忙しい”が仕事の悩みの方へ

公開日: : 最終更新日:2015/12/28 1.キャリア構築の大枠の考え方

Pocket

毎日同じ時間に起きて、毎日同じ時間に家を出て、毎日同じ時間の電車に乗る。そして毎日同じ時間に出社し、毎日同じ時間にお昼を食べ、毎日同じ時間に会社を出て家に帰り、毎日同じ時間に就寝する。これが毎日、毎月、毎年続いている。

21204b8dc3fae2923aaa9f936eefb8ea_s

今年ももうすぐ終わりですね。何だか嫌な文章の始め方をしてしまいましたが、そんなように日々を過ごして気がついたら今年も終わりという方も多いのではないでしょうか。時間が早く過ぎることは良いことかもしれません。苦しい時は時間が過ぎることが遅く感じられますから。ただ、上記のような“同じような”日々を過ごしていくことは、“過ごしていく”という言葉の通り、“何も思考せず景色が流れていく”ことを見ているだけになっているかもしれません。

会社は“仕事以外のことをいかに考えさせないか”ということに天才的

仕事で日々が忙しく、将来のこと等を考える余裕がない。そのような方は多いのではないでしょうか。ご存知の方も多いと思いますが、忙しいという言葉は「心」を「亡くす」と書いて「忙しい」わけですから、余裕がないのも当然です。もちろん、仕事を始めたばかりで、仕事を覚えるのが大変という時期は当然あってしかるべきでしょう。ただ、その状態はそう長く続くわけではないはずです。どこかのタイミングで仕事に“慣れ”、本来であれば思考できる余裕が生まれてくるはずなのですが、“慣れ”で仕事ができるようになってくると、その“慣れ”に仕事を任せ、忙しいフリをしている人も実は多いはずです。そう、“思考する”ということは疲れる作業だからです。

また、会社という組織はいかに“仕事以外のことを考えさせないようにするか”ということに対して天才的です。暇になれば新たな業務を任されるし、給与は毎月自動で振り込まれ、税金も勝手に天引きされる。そして正社員であれば副業を許さないわけです。それは仕事に集中させるという意味では非常に有効な方法ではありますが、その方法にまんまと乗せられているわけですね。このようにあなたから“思考を奪う環境”はしっかりと整っていると言えるでしょう。

自分の人生のコントロール権を取り返す

年末年始というのは、もちろんご実家に帰省されるなどプライベートでお忙しい時期になろうかとは思いますが、ご自身について、しっかりと思考することができる非常に有効な時期であることは間違いありません。何より会社という呪縛からある程度の期間離れることができる時間なのですから。

あなた自身がこれからどのようなキャリアを作っていくかはもちろん自由です。ただ、一つ間違いなく言えることはあなた自身が“思考”を止めた瞬間から、あなた自身が良いように使われる可能性が高くなるわけです。自分の人生は自分でコントロールするということは、誰もが思っていることだとは思いますが、思考を放棄するということは、その権利を放棄することと同義だとも思います。

自分の人生のコントロール権を是非、この年末年始で取り返してください。

スポンサーリンク


関連記事

これからの時代でキャリアを築く方法

“戦略”とは、特定の目標を達成するために、長期的視野と複合思考で力や資源を総合的に運用する技術・科学

記事を読む

企業内でソーシャルメディアの活用がどこまで求められるか

「T字型人材」とは、特定の分野を究め、その深い専門知識と経験・スキルの蓄積を自らの縦軸に据えつつ、さ

記事を読む

転職先が決まる前に辞めるのはNGか

“「辞めてから次を探す」はキケン!転落する人がやりがちなこと”というタイトルの記事で、キャリアコンサ

記事を読む

「給料が少ない」が理由で転職するのは

転職理由の一つとして「給料が少ない」という話をされる方は多いようです。もちろん、お金は多いに越したこ

記事を読む

リスク回避の判断基準

“いかに致命傷を負わないか”ということが大事と先輩起業家から言われてきたことは当ブログでも何度か紹介

記事を読む

何かが足りないのは良い事だ

皆さんは京都にある龍安寺 の石庭をご存知でしょうか?多くの人は修学旅行か何かで一度は訪れているのでは

記事を読む

先見性を養うためには

先週いっぱいで仕事納めの方もいらっしゃったようですが、多くの方が今日が仕事納めのようですね。2015

記事を読む

サラリーマンこそ確定申告のススメ

今年も確定申告の締切りが迫ってきましたね。私も本日の午前中に提出を終え一息をついたところです。ところ

記事を読む

リスクを事前に想定しておくことの重要性

本日から1週間、カンボジアに行って参ります(この記事が上がるときには飛行機の上デス)。高校生、大学生

記事を読む

日本人が冒険心を持てない理由と対策

Newsweekで日本の20代の冒険志向が断トツ世界一低い、という不名誉な称号を得てしまったことを紹

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑