重大な決断をする前に確認したいこと

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 6.価値観・世界観について

Pocket

キヨカワは以前、自転車で車と接触未遂事故を起こしまして、急ブレーキで後輪が持ち上がり、自転車から投げ出され、地球とケンカをしてしまい、左肩全部を複雑骨折した経験があります。今振り返ると、そんな事故を起こしたのは自分自身への過信が間違いなく原因だと思います。

4eaf96a6bfcbf046227f532188df8012_s

自分自身が常に冷静な判断ができると思うのは過信

どんな過信かというと、常に冷静な判断が出来る訳ではないということです。感情的になっていると冷静になれないとは良く言った話で、生きている中で“冷静になれない状態”というのは、思いの外あります。キヨカワの事故の場合は、自転車を必死で漕いでいるという、“息が上がっている状態”で物事を判断している、ということを前提に物事を判断しなくてはならなかった、ということです。

今考えると当たり前ですが、息が上がっている状態では確実に視野が狭くなっています。視野が狭い中で物事を判断しているのですから、普段以上に安全な選択を取らなくてはなりません。そういった判断をしていないと、今回の事故のようなことが起こるということがよくわかりました。

重要な決断をする際には、自分自身の状態を必ず確認すべき

このように“冷静になれない状態”がある、ということを覚えておくと、色んな所で役に立ちます。例えば、自分が落ち込んでいる時というのも、“冷静になれない状態”の一つだと思います。落ち込んでいる状態では、物事をネガティブに捉えてしまいがちです。そんな状態において、冷静な判断の下、決断が出来るとは思えません。

重要な決断であればある程、自分自身の状態をよく見て、冷静に判断できる状態なのかを考えてみた方が良いわけです。自分自身を過信しないこれは結構大事な概念なんじゃないかと思います。

スポンサーリンク


関連記事

目標・目的達成に対して最大の障害とは

「海外と繋がるような仕事がしたい。」これが私が自分で起業した理由の一つです。今ようやくその芽が出よう

記事を読む

市川市の保育園の開園断念問題

市川市の保育園の開園が住民の反対により断念されたというニュースが大きく報道されていますね。報道上では

記事を読む

【株】テクニカル分析は本当に無意味か

今日は年末なので(!?)少し趣向を変えた記事を(笑)今日は金融リテラシーについて最近思うことを書いて

記事を読む

仕事で“やりたいことが見つからない”時

「仕事に面白みがなく、毎日が淡々としている。やりたいことをすべきと言われても、何をやりたいのかが分か

記事を読む

人に頼らない人生は楽しいか

「アニメの「ドラえもん」の主人公は誰?」と聞かれて、あなたは何と答えますか?「ドラえもん」と答える人

記事を読む

目的を達成する方法③

他力本願という言葉を聞いたことがあると思います。これ、あまり良いイメージはないですよね。人まかせなイ

記事を読む

夢を見つける方法

「夢を持とう!」というようなことを言う人は多いように思います。確かに、夢というものが人に活力を与え、

記事を読む

ビジネスマナーでメールの危うさを改めて認識させる

対面はもとより、電話やメール、今ではLINEなどのソーシャルメディアに至るまで、誰かとコミュニケーシ

記事を読む

面接で求職者に求められていること

採用担当者の立場になって考えるとは lifehackerのブログで、“採用担当者が求職者に心得てい

記事を読む

キャリア教育最大の問題点

昨今の高等教育の現場では“キャリア教育”というものを推進しているようです。何のためにそういった教育を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑