面接官に質問例にある質問をすると…

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 5.希望の面接を突破するために


良い社員になりそうな求職者が面接でよく聞く7つの質問ということで、下記の質問が挙げられていました。

1. 「入社後3カ月以内にやってほしいと期待していることは何ですか?」
2. 「社員の実績をランク付けするとしたら、上位3人に共通している特徴は何ですか?」
3. 「この仕事では何が結果につながりますか?」
4. 「今年の御社の最優先目標は何ですか? またその目標に対して、この役職がどのように貢献できる(してほしい)と思っていますか?」
5. 「何パーセントの社員が、現在の社員の紹介で入社しましたか?」
6. 「空き時間に社員はどんなことをしていますか?」
7. 「もし…な場合はどのようにする予定ですか?」

(参照:良い社員になりそうな求職者が面接でよく聞く7つの質問

その質問する相手は誰なのか、ということを必ず考えるべき

面接において、最後に聞かれる「何か質問はありますか?」の時間が非常に重要という話を以前の記事でも再三して参りました。そういった中で、上記のような質問が良い、という意味合いで挙げられているものかと思いますが…流石にこれらはテクニック的な要素が強いので、使う人やタイミングを間違えると毒にもなり得るものになっています。特に、誰がこの質問を受けるのかという観点。CEOなのか、人事の方なのか、現場の責任者なのか。また、その企業規模はどうなのか。それによって質問すべきかどうかをまずは考えるべきです。

9ba45ceba4d6bd56931e8faf828e26d7_s

小さな企業であれば、CEOは全てのことを認識するようにしているかと思いますが、従業員が概ね300人を超えてくれば、それは難しくなります。入社3ヶ月内に期待することは、入社後の上長になるであろう方に聞くのは正しいと思いますが、そうでなければ的外れでしょう。社員をランク付けして上位3位、というのも、誰の目線でどういう基準で3位なのかによっても変わるはずです。(これこそ答えの内容を気にしていないではないでしょうか)最優先目標というのは現場及びCEOがしっかりと語れるべきですが、それまでの文脈で「なぜあなたに話さなければならないのか?」と思われていたら終了です。何%の社員が紹介かは、何%以上は良い、悪いという基準はあるのでしょうか?(これも答えの内容を主観的に判断されそうですね)などなど、ある意味突っ込みどころ満載です。

やはり質問は事前準備が必要。準備と当日の面接官との会話を踏まえて自然に。

また、上記の質問に共通して気になるのは、どこか上から目線な質問のような印象に捉えられかねないものが多いと感じます。もちろん、求職者と企業は対等、とは思いますが、採否を決めるのはあくまで企業側。変に上から目線と捉えられるのも心外でしょう。質問というのは、相手が考えていることと自分の考えていることのすり合わせを行う行為です。それまで面接官からどんな質問をされ、それにどう答え、そういったやり取り+事前にその企業について調べたことをトータルで考え、自然と出てくる質問をする、というのが遠回りであり王道な方法かと思います。

p.s.
誤解のないように申し上げておきますが、これらが絶対にダメという話ではありません。きちんと質問をする人とタイミング、そしてそれまでの話の文脈を踏まえて質問しましょう、というものです。

スポンサーリンク


関連記事

面接で「社会貢献」はNGワードか

『面接で“社会貢献がしたい”って言ったらダメですか?』そんな質問を受けたことがあります。その学生曰く

記事を読む

自己PRを考える時に気をつけたいこと

“需要と供給”という言葉を聞いたことはありますよね?商品の売買などでよく出てくる考え方の一つだと思い

記事を読む

面接で質問する時の注意点

「何か質問はありますか?」どんな選考においてもこう聞かれることは多いでしょう。「何もありません」は正

記事を読む

面接で弱みを聞かれた時の返し方

本日のテーマは“自分の“弱み”を“強み”に転じる”ということ。「今からその“弱み”を克服するために頑

記事を読む

面接で見ているのは実績?プロセス?

「私は○○で全国大会に出場し、ベスト○という成績を収めました!」こういったことを話せる学生さんは、面

記事を読む

面接官の顔色が突然変わる原因

「さっきまでにこやかだった面接官の顔色が突然変わった」こんな経験はないでしょうか?また、たとえ顔色が

記事を読む

面接で「第一志望です」とアピールしてはダメ

「御社が第一企業なんで、他の企業をあまり見ていません」「浮気出来ないタイプなんで、御社一筋です」「御

記事を読む

面接で自分の発言に共感してもらう方法

面接において大事なのは、自分が話していることを面接官に“共感”してもらえているかどうかというポイント

記事を読む

就職活動と転職活動の違い

新卒時の就職活動と一度社会に出てからの転職活動。同じようなことはするのですが、それらの違いについて意

記事を読む

自分のアイデアを採用してもらう方法

「自分のアイデアを形に出来るような仕事がしたい!」そんなことを考えて面接で話をされる方をたまに見掛け

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよきよ

    ドラクエ・FF好きで、ドラクエ10とFFRKは現在進行形でプレイ中。本業はフリーの人事コンサルタント。

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑