自己分析で“強み”を見出した時の落とし穴

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 5.希望の面接を突破するために


山田君

この顔に見覚えはありますでしょうか?そう、「ちびまる子ちゃん 」の山田くんです。「山田!」と呼び捨てにされている彼ですが、どんなキャラクターだったか覚えていますか?彼は、いっつもヘラヘラしていて、「こんな時にヘラヘラするな!」という時にもヘラヘラしています。いわゆる、空気が読めない感じですね。

ですが、逆もまた然りで、普通の人が凹んでしまうような出来事があっても、ヘラヘラ出来るキャラクターであったりもします。そう、彼を悪く言えば、“空気を読めない”のですが、良く言えば、“ポジティブ”というようにも言えるのです。

強みは状況と合わせてはじめて強みになる

自己分析をして自分自身の強みを見出そうとする時、あたかもそれが“絶対的なもの”であるように捉えがちですが、このように、同じ“人”の同じ“特徴”に着目しても、その“特徴”を発揮する状況によって、それが“強み”として捉えられたり、“迷惑”に捉えられたりするのです。

もっと言えば、自分自身が強みと思っていたことを周りの人全てが持っていたら、それは強みでもなんでもないですし、逆に強みだと思っていないことでも、少し自分ができるだけで強みに転じたりします。分かり易い例としては、日本人の中にいる限りは「日本語が話せる」ということは強みになりえませんが、日本人がいない場所で「日本語が話せる」ということは大いに強みになりえるわけです。なので、“強み”というのは、“自分自身の特徴”を“その特徴を発揮すべき状況”で発揮して初めて“強み”になるということが言えます。

強みを発揮できる状況を作り出せそうな企業を探す

これから自己分析をして自分自身の“強み”について考えることが多いと思うのですが、必ずセットで考えなければならないのが、この“状況”です。なので、自己分析する際は、「“強み”を発揮してきた状況にはどんな“条件”が入っていなくてはならなかったか?」また、「そういった“条件”を満たせそうな企業はどこか?」この視点、個人的には凄く大事な視点だと思っています。

スポンサーリンク


関連記事

自分のアイデアを採用してもらう方法

「自分のアイデアを形に出来るような仕事がしたい!」そんなことを考えて面接で話をされる方をたまに見掛け

記事を読む

面接で好奇心をアピールする際には注意を

「色んな事に興味があるので、色んな仕事に興味を持っています」「自分の可能性を広げられるような仕事に就

記事を読む

面接は第一印象で決まる?

「面接は開始○秒で決まる!」というようなことを聞いたことはあるでしょうか?開始○秒ということはほとん

記事を読む

キャリアプランの答え方は気をつけろ

こんな風にキャリアプランを言っていませんか? キャリアプランの作り方: ①現状を把握する ②5

記事を読む

就職活動と転職活動の違い

新卒時の就職活動と一度社会に出てからの転職活動。同じようなことはするのですが、それらの違いについて意

記事を読む

【自己分析】自分の強みの見つけ方

先日、こんな就活生に会いました。「私、たとえ私が悪くなくても、謝るということに対して抵抗がないんです

記事を読む

面接に遅刻したら

面接で遅刻する…ということはあってはならないことではありますが、電車の遅延をはじめとした不測の事態で

記事を読む

ありのままの自分で面接に臨んではいけない

面接をしていると、こんな考えを持っている方によく会います。「ありのままの自分を見て欲しい/ありのまま

記事を読む

学生が社会人と対等に話すためには

就職人気ランキングの企業に入ることは良い事か? 今回のテーマは、解釈です。今日は根本的な所のお話を

記事を読む

面接後の質問時間を安易に考えてはいけない

○面接官がガッカリする転職希望者の逆質問 面接官への質問は本当に聞きたいことだけを聞くべきで、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよきよ

    ドラクエ・FF好きで、ドラクエ10とFFRKは現在進行形でプレイ中。本業はフリーの人事コンサルタント。

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑