自己分析で“強み”を見出した時の落とし穴

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 5.希望の面接を突破するために

Pocket

山田君

この顔に見覚えはありますでしょうか?そう、「ちびまる子ちゃん 」の山田くんです。「山田!」と呼び捨てにされている彼ですが、どんなキャラクターだったか覚えていますか?彼は、いっつもヘラヘラしていて、「こんな時にヘラヘラするな!」という時にもヘラヘラしています。いわゆる、空気が読めない感じですね。

ですが、逆もまた然りで、普通の人が凹んでしまうような出来事があっても、ヘラヘラ出来るキャラクターであったりもします。そう、彼を悪く言えば、“空気を読めない”のですが、良く言えば、“ポジティブ”というようにも言えるのです。

強みは状況と合わせてはじめて強みになる

自己分析をして自分自身の強みを見出そうとする時、あたかもそれが“絶対的なもの”であるように捉えがちですが、このように、同じ“人”の同じ“特徴”に着目しても、その“特徴”を発揮する状況によって、それが“強み”として捉えられたり、“迷惑”に捉えられたりするのです。

もっと言えば、自分自身が強みと思っていたことを周りの人全てが持っていたら、それは強みでもなんでもないですし、逆に強みだと思っていないことでも、少し自分ができるだけで強みに転じたりします。分かり易い例としては、日本人の中にいる限りは「日本語が話せる」ということは強みになりえませんが、日本人がいない場所で「日本語が話せる」ということは大いに強みになりえるわけです。なので、“強み”というのは、“自分自身の特徴”を“その特徴を発揮すべき状況”で発揮して初めて“強み”になるということが言えます。

強みを発揮できる状況を作り出せそうな企業を探す

これから自己分析をして自分自身の“強み”について考えることが多いと思うのですが、必ずセットで考えなければならないのが、この“状況”です。なので、自己分析する際は、「“強み”を発揮してきた状況にはどんな“条件”が入っていなくてはならなかったか?」また、「そういった“条件”を満たせそうな企業はどこか?」この視点、個人的には凄く大事な視点だと思っています。

スポンサーリンク


関連記事

no image

面接では第一印象が本当に重要

皆さんはリアルアキバボーイズ(RAB)というダンスグループをご存知でしょうか。見た目アキバ系、でも、

記事を読む

本番の面接で離職率の質問を聞いてはいけない

面接をしていると、離職率に関する質問を受けることがあります。ブラック企業という言葉が流行っているせい

記事を読む

【就職活動】インターンシップに参加すべきか

2017年卒の就活の面接解禁日が6月1日と確定しました。ご存知の通り、6月1日はあくまで経団連加入企

記事を読む

面接官への質問時間を戦略的に

「最後に、何か質問はありますか?」この質問が面接において最後にされる質問となることが多いと思います。

記事を読む

身分不相応な憧れの企業から内定を取る方法

突然ですが、もしあなたが特定の誰かと「付き合いたい!」と思った時、今までどんな行動を取ってきましたか

記事を読む

面接は第一印象で決まる?

「面接は開始○秒で決まる!」というようなことを聞いたことはあるでしょうか?開始○秒ということはほとん

記事を読む

「面接が苦手」を克服するためには

「面接が苦手」 声に出して言うかどうかはともかく、そういった意識のある方は多いのではないでしょうか

記事を読む

“本気”の伝え方、証明の仕方

その人が本気かどうかを測る方法 これまで数多くの面接をしてきましたが、ほとんどの場合、その面接のフ

記事を読む

面接で話せる“すごい経験”がない人へ

"Think Globally, Act Locally."この言葉、よく環境問題を語る上で使われる

記事を読む

面接でコミュニケーション能力が高いと言ってはいけない

『コミュニケーション能力に自信があります!』というような話を面接でするのは微妙という話をしたことがあ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑