新規プロジェクトの進め方で外してはならないこと

公開日: : 最終更新日:2016/02/26 2.組織人として生きるために, 3.マネジメント人材になるために

Pocket

“複数の人を巻き込んで1つのプロジェクトを成功させる。”企業においてルーティンで行われていることも含めれば日常茶飯事なことかもしれませんが、こと新規プロジェクトとなると途端にその難易度が上がります。もちろん、何を以って成功かというところにもよりますが、誰もが成功と思えるようなプロジェクトを実現するのは非常に難しいことです。どうすれば成功するかということまでは言及できませんが、どうすると失敗するかということを今日のテーマとして書いていきます。

ee4b948c63406ca449c21a225c885498_s

プロジェクトの目的のコンセンサスを取る

失敗するポイントの1つ目は、“プロジェクトの目的のコンセンサスが取れていない”ことです。そのプロジェクトを実施するに当たって、プロジェクト メンバーで共有しなくてはならないのがプロジェクトの目的です。「そんなものは分かりきっているだろう!」と怒られそうですが、実際にプロジェクトメン バーに言語化させてみると微妙なズレがあります。それは、プロジェクトを進めるに当たっての議論を進めていくと、プロジェクトメンバーで意見のズレが出て くることが何よりの証拠です。

「メンバーで意見の相違が出てくるのは当たり前」と思うかも しれませんが、実際は“目的”のコンセンサスが取れていないことがほとんどです。以前記事でも上げていますが、「個人的には○○と思う」というような、 “個人的”というキーワードが出てくる議論は目的が握れていない証拠です。そのプロジェクトはあくまで設定された“目的”を達成するための議論であり、 “個人的な意見”は聞いていないのです。“個人的には~”というキーワードが出てきたら、“目的”が握れていないということを疑った方がいいでしょう。

責任者を必ず明確にする

失敗するポイントの2つ目は、“責任者不在”です。「責任者がいないプロジェクトなんて存在するのか!?」と思われそうですが、意外とあります。形式的には誰が責任者かということは決まっているケースもあるようですが、議論が暗礁に乗り上げて何かを“決め”なくてはならないような側面において、自身の責任を以って決断をしていくことができる存在が絶対的に必要です。

勘違いしていただきたくないのは、“責任者”=“トップダウンで物事を決める人”ではないということです。トップダウンで物事を決めていくということは1つの手段ではありますが、ボトムアップで物事を決めてももちろん構いません。ただ、どういった決め方であれ、決まった事項に対して責任を持つことが責任者には求められるわけです。なぜなら、トップダウンであろうが、ボトムアップであろうが、その決め方を決められるのは責任者に他ならないのです。その責任を取るべきはずの責任者が不在であることこそ、プロジェクトが頓挫する大きなポイントの1つです。

責任者が最も実践して欲しい行動をする

失敗するポイントの3つ目は、“責任者が口だけ”ということです。表向きは真っ当なことを言いながらも、行動に全く移さない又は、最も実践して欲しい行動をしない(できない)ケースがこれに当たります。特に、関係各所との調整をしない(できない)人が多いように思えます。新しくプロジェクトを実行するということは、実プロジェクト以外の側面においても関係各所と調整をしていかなくてはならないのですが、この調整に対して“無頓着”もしくは、“苦手意識”を持ってしまっているのかなんなのか、とにかく行動できない(しない)とプロジェクトはくだらないところで破綻します。

そんなくだらないことの代表例が、「そんなことは聞いていない!」と激怒し始める影響力の強い人との調整です。プロジェクトの内容としては誰が見ても素晴らしいものになっていたとしても、それを事前に知っているかどうか等、本当にくだらなさこの上ない話ではありますが、そのようなステップを踏まない(気付いていない)責任者は完全にアウトですし、知っていてできない人は責任者をやるべきではないでしょう(もちろん、それらをメンバーに任せるということも責任者の選択肢としてはあろうかと思いますが、そこに本当に責任が取れるのか分かりませんし、やりたくないから任せている可能性もあり、それをもしメンバーが感じ取ってしまったら…非常に微妙です)。

まとめ

まとめると、新しいプロジェクトを失敗させないポイントとしては、“プロジェクトの目的をメンバーで握る”、“責任者を明確にする”、そして、“責任者に最も実践して欲しい行動をする”の3つです。この3つが揃ったとしても、“成功”するかどうかというと分かりません。ただ、この3つのポイントを外しているプロジェクトは、実際にプロジェクトとして表面的に、単発では成り立つかもしれませんが、様々な波紋を生み、継続的なプロジェクトにはなりにくいことも事実です。

本当に初歩の初歩のような話のような気もしますが、初歩の初歩だからこそ、改めて認識する必要がある気がしてなりません。

関連記事

研修がつまらないと思っている人へ

Googleの収益モデルは何か? 皆さんは“Google”がどのように収益を上げているかをご存知で

記事を読む

ベアーズ執行役員のエントリーに思うこと

家事代行サービスのベアーズの執行役員の方が実名で書かれた“女性に読んでほしくない女性のマネジメントに

記事を読む

社会人は学生よりも責任が重い??

「社会人と学生の違いは“責任”の大きさだと思います。」こんな話を学生さんからよく聞きます。一見当たり

記事を読む

目的を達成する方法③

他力本願という言葉を聞いたことがあると思います。これ、あまり良いイメージはないですよね。人まかせなイ

記事を読む

大企業に在籍しながらベンチャーを経験する

レンタル移籍と聞くと「サッカーか」と思ってしまいますが、この考え方がビジネスの場にも登場してきている

記事を読む

就活で内定が出ない理由

仕事柄、就活生から就活の相談に乗ることが多々あります。そんな時、ほぼ共通して話をしているのが、“貢献

記事を読む

今の時代に求められるリーダーシップの型

イエスは彼らを呼び寄せて言われた、「あなたがたの知っているとおり、異邦人の支配者と見られている人々は

記事を読む

問題の多くは”既得権益”が絡む~それを壊すには

世の中には大小様々な問題があるかと思いますが、その多くの問題は“既得権益”という言葉で説明がつくこと

記事を読む

3年以内の転職の是非

厚生労働省が大卒の3割が3年で会社を辞めてしまうという調査結果を発表しました。「最近の若者は

記事を読む

仕事上のコミュニケーション能力を高めるには

「コミュニケーション能力を高めたい!」と思っている方は非常に多いようです。そういった方が客観的にコミ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑