朝令暮改が行き当たりばったりにならないために

公開日: : 最終更新日:2016/03/25 3.マネジメント人材になるために

Pocket

“朝令暮改”という言葉があることは皆さんご存知のことと思います。朝言ったことが夕方には覆る、そのようなことを揶揄した言葉で、よく企業の社長がそのような傾向があるというような使い方をしますね(ともすると朝令暮改ならぬ朝令朝改なんていう言葉もあるようですが・笑)。このような朝令暮改をする社長さんを持つ現場の方々はよく振り回されます。そして、そのような社長に対して不満を漏らす…というようなことも珍しくないかもしれません。

0229340df8a91325cdf6a76e84d4188c_s

これからの時代に“朝令暮改”は必須スキルの一つ

現場にとっては非常に迷惑がられるこの“朝令暮改”ですが、企業の経営者にとっては必須のスキルの一つだと思っています。ご存知の通り日本は成熟社会に入っており、社会のニーズが非常に多様化、複雑化しています。また、テクノロジーの進歩によりビジネスのスピードは格段に上がり、変化は年を追うごとに激しくなっているようにも思えます。そのような時代ですから、“変わる”ということが当たり前になり、そのような時代の変化に対応できなければ生き残れません。裏を返せば、変化がない=時代についていっていない可能性があり、それはそれで非常に危険な状況かもしれないということなのです。

ただ、この“朝令暮改”のあるべき姿と非常に似ていて非なる概念があります。それは、“行き当たりばったり”というものです。この“行き当たりばったり”と“朝令暮改”のあるべき姿というものは、表面的に見ると同じようなことをしているようにも見えます。そして、現場の方々が不満に思うのは、社長が“行き当たりばったり”で物事を決断しているのではないかという疑念から不満に繋がるということが多いように思います。確かに、“行き当たりばったり”の経営をされていたら従業員が不満、どころか、不安で仕方ないでしょう。

判断ごとに都合よく目的を使うことが“行き当たりばったり”になる

では、この“朝令暮改”のあるべき姿と“行き当たりばったり”の差とは一体何なのでしょうか。それは、企業における“最大の目的”が明確であり、その目的に沿った判断ができているかどうかです。ポイントとなるのは“最大”という言葉です。言い換えれば、その企業の最も達成したいことは何なのかということです。この目的以上に優先されるものはないという認識で判断ができるかどうかなのですが、“行き当たりばったり”でよく見られるケースが、判断を迫られるたびにそれ以外の目的を都合よく使い分けるような判断をしてしまうようなケース。これでは社長が何を考えているか分からないと言われて当然です。

企業によっては「社長の考えを従業員が知る必要はない」とする会社もあろうかとは思うのでこれ以上は言及しませんが、マネージャーとして何か判断する際にも、実は同じことが求められていると思っています。要するに、何か判断する上での最大の目的が明確であり、その目的に沿った判断ができているかどうかという点です。その判断軸が部下に落とし込まれれば、マネジメントの負荷はグッと下がります。むしろその判断軸を落とし込むことこそマネージャーの仕事と言っても過言ではないかもしれません。

繰り返しになりますが、“朝令暮改”はこれからの時代には絶対に必要なスキルです。ただ、それが“行き当たりばったり”にならないようにしないといけないことはもとより、そのように部下に“伝わってしまう”ことも問題です。最大の目的が何なのか、そしてその目的に沿った判断を下していき、それを部下へ落とし込んでいく。それが本当に必要な時代になってきているように感じます。

スポンサーリンク


関連記事

クラウドソーシング(業務委託)の課題

ランサーズやクラウドワークスといった“クラウドソーシング”と呼ばれる業界が流行り始めて久しいですね。

記事を読む

成長して成功する方法

“世界最強の製造業” GEの勝ち続けるための人材育成と企業文化という記事がニュースイッチというサイト

記事を読む

企業経営はボトムアップ(民主主義)でやるべきか

「民主主義が絶対に良いのか?」この質問に対して、あなたならどう答えますか?多くの人が『YES』と答え

記事を読む

定性的な目的にKPIを設定する方法

KPI(Key Performance Indicator) 目標達成プロセスの実施状況を計測

記事を読む

“自分なりに考える”ことができない部下後輩がいると考える方へ

後輩や部下に「自分で考えてから相談しに来い」と言ったことはないでしょうか。そして、その後輩や部下なり

記事を読む

no image

組織の譲れない価値観の作り方

多様性のマネジメントは大変難しいもので、究極的には相容れない価値観もあります。だから私は、逆説的かも

記事を読む

全国大会で優勝する一つの方法

最近では甲子園常連校となった沖縄の興南高校。今でこそ有名校ではありますが、恐らくこの高校を一躍有名に

記事を読む

AKBがついに組織論・マネジメント論の参考に

最近はテレビで見ない日はないAKB48。ちょっと前までは、「あぁ、アキバのオタクアイドルでしょ」くら

記事を読む

怒られた(クレーム)時の対応法

「“怒る”と“叱る”は違う」なんていうことを様々なところで聞きますが、人間は感情の動物ですからどうし

記事を読む

こんなマネージャーは失格だ②

「コミュニケーションが取れないマネージャーは存在価値なし」という強烈な言葉を残して昨日の記事を終えた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑