新年度のご挨拶代わりに

公開日: : 2.組織人として生きるために


本日は4月1日ということで、本日から新年度、新しい生活が始まるという方も多いかと思います。また、自分自身が新しい生活にならずとも、新しいメンバーが入ってきたり、何かしらの変化がある方を含めれば、ほとんどの方が新しい何かを迎えることになるのではないでしょうか。そのような新しい関係が始まる中で、受け入れられる側も、受け入れる側も是非覚えておいていただきたことが一つあります。

5c14926204f1f53a159fcfd3063ba075_s

信頼関係を作っていくスタンスを最初にこそ持つ

受け入れられる側、受け入れる側ともに覚えておいていただきたいことと言うのは、何よりもまず“信頼関係を作っていく”ということが非常に大事であるということです。特にスタートにおいて、お互いに信頼関係を作っていこうとするスタンスがあるかどうかということが、その後の信頼関係を築いていくスピードに大きく寄与すると思います。人間が持ってしまう第一印象というものは中々覆させることは難しく、一度とっつきにくい印象を持たれると、それを改善することは難しくなってしまうわけです。特に“受け入れられる側”の人はこのことを認識しておいた方が、組織に馴染むスピードが確実に違ってきます。

また、最近では断る人も多くなってきたと言われる“飲み会”についても、様々な意見があろうかとは思いますが、個人的には積極的に参加された方が良いと思っています。日本人のほとんどは“飲めない体質”と言われているので、「飲み会自体が嫌だ」という方も中にはいらっしゃるでしょう。しかし、アルコールによって普段は聞けないような話が聞けることもたくさんあります。「何を話していいか分からない」という方は、是非昨日上げた記事のように“相手に興味を持つ”ということの練習だと思ってください。それはどんなビジネスをする上でも絶対的に必要なスキルですから。

受け入れられる側だけでなく、受け入れる側も同じ意識を

そして、“受け入れる側”の方についても同様のことが言えると思っています。年々、入ってくるメンバーは若いメンバーになってきているのではないかと思います。そうすると、必ずジェネレーションギャップというものがあり、自分には受け入れがたいような価値観を持って入ってくる方も増えてくるのではないかと思います。そのような際に「けしからん」と一方的に突っぱねるのではなく、「なぜ、そのような価値観を持つようになったのか」という彼らの背景に想いを馳せるようにしていただきたいわけです。結局、ジェネレーションギャップというものを埋めるには、お互いにお互いのことに興味を持ち、理解しようとすることに努められるかどうかというところにかかってきているように思えます。

“受け入れられる側”、“受け入れる側”共に信頼関係を構築しようと努められるか…これがその組織が上手く回っていくかというところに大きく関わってくることは間違いありません。何をするにもまずは“信頼関係を構築していくこと”なのではないかと思います。

スポンサーリンク


関連記事

デーブ氏の「違和感がある」報道に対して

「サンデージャポン(TBS)」でデーブ・スペクター氏がSMAPの解散騒動に対して、報じているのは週刊

記事を読む

社会人になって化ける人の条件

先日、就活をしていたサポートしていた子(現在社会人1年目)と会う機会がありました。実はその方は前職の

記事を読む

メルカリのmerci box(メルシーボックス)について思うこと

フリマアプリを運営するメルカリが産休・育休あわせて約8ヶ月分の給与を100%保障する「merci b

記事を読む

成長する方法

突然ですが、「10人、あなたがよく話すなぁと思う人を思い浮かべてください」 ち ょ っ

記事を読む

リシュ面を導入している企業はどうなのか

“リシュ面”という大学の履修及び成績を面接の中で聞いていき、学生に話を盛らせないための面接手法が流行

記事を読む

問題の多くは”既得権益”が絡む~それを壊すには

世の中には大小様々な問題があるかと思いますが、その多くの問題は“既得権益”という言葉で説明がつくこと

記事を読む

自社商品(サービス)に誇りが持てない方へ

塾講師が忙しいだけなら別にいいんです。しかしオーバーワークのしわ寄せは全て授業のクオリティーに影響し

記事を読む

歳をとる度に気をつけたいこと

先日の出張の帰りの新幹線の中で、どこからともなくゲームの音が聞こえてきました。「子供かな…」と思って

記事を読む

人に頼らない人生は楽しいか

「アニメの「ドラえもん」の主人公は誰?」と聞かれて、あなたは何と答えますか?「ドラえもん」と答える人

記事を読む

自分のやり方にこだわる危険性

○Works No.105 早稲田の監督就任1年目のことだった。10番というチームの司令塔とな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよきよ

    ドラクエ・FF好きで、ドラクエ10とFFRKは現在進行形でプレイ中。本業はフリーの人事コンサルタント。

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑