一人で生きていける=自立は勘違い

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 2.組織人として生きるために, 4.グローバル人材になるために

Pocket

図1

DIALOG IN THE DARK”というものをご存知でしょうか?こちらは原宿にある、ある施設で行われるものなのですが、そのタイトルにもあるように、暗闇の中の対話を体験するものです。

暗闇では相手に見られているというプレッシャーから解放される

具体的に何をするかというと、本当に真っ暗闇に入って、皆が協力しながら、様々な障害物のある道を進んでいく、というものなのですが、真っ暗闇の空間というのは、想像以上に様々なことに気付かせてくれます。真っ暗闇だと、当たり前ですが視覚が奪われます。そうすると何が起こるかというと、“相手に見られている”というプレッシャーから解放され、より安心して物事を喋れるようになるんです。(視覚的なフィルターが外れ、相手に対する偏見がなくなるという話がありました。こちらの方法で南アフリカのアパルトヘイトが解決する糸口の一つになった、という話がありましたが、納得がいきます。)

人は一人では生きていけないと実感できる

また、本当に自分が出来ることは限られるし、他の人の存在がなければ、本当に不安で不安で仕方がなくなります。今は世の中が非常に便利になっていて、自分一人でも生きていけるように錯覚しがちですが、一人で生きていける人など、そういない、そう強く思わされる経験ができます。もともとはドイツのアンドレアス・ハイネッケ氏が始められた試みのようですが、純粋にすごいな、と思います。

印象的だったのが、こちらのスタッフの方に目が見えない方が多数いらして、彼らが非常に生き生きと仕事をしていることでした。このビジネス自体、非常に社会的価値も高く、気付かされるものも多い。是非、こちらには一度足を運ばれることをオススメします。

スポンサーリンク


関連記事

海外で働くのに本当に英語は必須なのか?

「日本では当たり前だった『あうんの呼吸』が通じない。自分の中途半端な英語で、従業員と成長課題などを話

記事を読む

仕事で自立した(一人前になった)と認められるには

皆さんの「自立」の定義ですが、自分で何でも出来るようになる力だと思っていませんか?確かに、自分で何で

記事を読む

企業でダイバーシティを受け入れる手段

ジェイソン:セールスフォースさんで言うと、多分そのままセールスクラウドを使う割合とかは、結構具体的な

記事を読む

会社を辞めると決めた時に知っておきたい8つのこと

「会社を辞める」ということは多くの方にとって一大決心になろうかと思います。その「辞める」という意思を

記事を読む

グローバル人材の定義…?

ネスレ日本の代表でいらっしゃる高岡氏がグローバル人材について語っている記事がNewsPicksに上が

記事を読む

勝てない相手に勝つ方法

そもそも戦略とは何か? 今日は“戦略”についてブログを書きたいと思います。そもそも“戦略”という言

記事を読む

成長する方法

突然ですが、「10人、あなたがよく話すなぁと思う人を思い浮かべてください」 ち ょ っ

記事を読む

忙しい人が実践している時間の作り方

○官僚に学ぶ仕事術 著:久保田崇 自分がコントロールできることに集中する 世の中には自分

記事を読む

就活で内定が出ない理由

仕事柄、就活生から就活の相談に乗ることが多々あります。そんな時、ほぼ共通して話をしているのが、“貢献

記事を読む

社会人になって化ける人の条件

先日、就活をしていたサポートしていた子(現在社会人1年目)と会う機会がありました。実はその方は前職の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑