怒られた(クレーム)時の対応法

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 2.組織人として生きるために, 3.マネジメント人材になるために


「“怒る”と“叱る”は違う」なんていうことを様々なところで聞きますが、人間は感情の動物ですからどうしても“怒ってしまう”こともあるでしょう。また、“怒る”側ならともかく、“怒られる”側はたまったものではありません(苦笑)でも、生きていれば“怒られる”ことも当然あります。そんな時にどうするか、なんていうことが今日のテーマです。まず最初に“怒る”と“叱る”の定義付けをしっかりしておきましょう。

048

 

「怒る」とは、相手が自分に悪い影響を与えたり、自分が指示したとおりに動いてくれなかったりした場合に、自分が腹をたてたことを相手にぶつける動作なわけです。「オレハオコッテンダゾー」ということを相手にわかってほしいとか、うっぷんを晴らしたいとか、相手を困らせたいとか、そんな理由ですることなんですね。そのような自分の目的が果たせればそれでいい。相手がそれでどうなろうが知ったこっちゃない、というわけです。

一方「叱る」とは、相手が自分を含めて誰かに悪い影響を与えたり、自分が指示したとおりに動いてくれなかったりした場合に、相手をより良くしようとする注意やアドバイスを、あえて声を荒げたり語気を強めたりして相手に伝える動作です。(会社の場合だと)金銭的・社会的に損失になるような行いだとか、(育児の場合だと)生命に関わる行いだとかを是正する、そして本人が同じ間違いを繰り返さないようにする、そんな理由ですることなんです。

(出典:谷誠之の 「カラスは白いかもしれない」 )

まずは怒っている相手の感情を出し切らせること

これらを見てまず着目すべきは、“怒っている人”は、感情的になっているという点です。皆さんも経験があると思いますが、人は“感情的”になっていると冷静な判断が出来ない状態になります。怒りに任せて暴力を振るったり、怒鳴ったりするというのは、正にこの“冷静さ”がないからこそ出ることかと思います。また、もう一方の“怒られている側”の人も、“怒っている側”のこういった冷静さを欠く行為を受けて、自分自身も感情的になり、冷静さを失ってしまいます。怒ったり、怒られたりしている時は、“冷静ではない状態”にお互いがなっている可能性がある、ということをまずは知っておく必要があるでしょう。

次に、じゃあどうすれば良いかということですが、まずすべきなのは、怒っている相手の感情を全て出し切らせることです。先に定義した通り、怒っているという状態は“怒り”の感情がピークな状態です。まずはその“怒り”の感情を出し切らせることで、相手を感情的な状態から解放しなくては、いつまでも“怒り”の状態から脱することが出来ません。また、言われていることに対して反論や言い訳をしたくなる気持ちも分かりますが、この出し切らせているプロセスにおいては絶対にしてはなりません。(“怒り”の感情を長引かせるだけですからね)こうやってまず相手を冷静にさせると、自分自身も冷静になれます。

怒られる“きっかけ”と本当の原因は別にあるケースが多い

最後に、その“怒られた”ことへの原因究明です。同じことを繰り返してしまうと、同じようにまた“怒られて”しまいますから、それは避けたいもの。そのためにも原因究明が必要ですが、実は本当の原因は口で言っていることではないケースが多々あります。怒る“きっかけ”は確かに口で言っていることになるのですが、「そんなことで怒る…」と思うような些細なきっかけだったりすることも多いのです。そんな些細なきっかけでも“怒る”真の原因はもっとその奥にあります。長く人間関係を構築している人であれば、その人との普段の関わり方だったり、初対面のお客様なら、そのお客様の普段の生活だったり。そこに対して自らを省みる。そういったことが必要となってきます。でも、そこをクリアすることが出来ると、怒った人とより良い関係を築くきっかけになるのです。(感情的になってしまったことが相手に対して「悪い」と思わせるきっかけになっていますから)

怒られることはより良い人間関係を築くチャンスそうよく言われますが、本当にそうだと思います。

スポンサーリンク


関連記事

ワークライフバランスの本当の意味

武石恵美子氏の「働く人のワーク・ライフ・バランスを実現するための企業・職場の課題」によると、イギリス

記事を読む

待てないことで失っているもの

ビジネスにおいて“時間を有効活用する”ということが重要であることは言うまでもないでしょう。ただ、“時

記事を読む

仕事の段取りで絶対に見逃してはならないこと

「仕事の段取りで、“進める手順”が“内容”よりも大事なことがある」 この事実をきちんと認識して

記事を読む

仕事で自立した(一人前になった)と認められるには

皆さんの「自立」の定義ですが、自分で何でも出来るようになる力だと思っていませんか?確かに、自分で何で

記事を読む

“自分なりに考える”ことができない部下後輩がいると考える方へ

後輩や部下に「自分で考えてから相談しに来い」と言ったことはないでしょうか。そして、その後輩や部下なり

記事を読む

人に頼らない人生は楽しいか

「アニメの「ドラえもん」の主人公は誰?」と聞かれて、あなたは何と答えますか?「ドラえもん」と答える人

記事を読む

no image

最高峰のチームの中でレギュラーを勝ち取る

○心を整える。 著:長谷部誠 ■外見は自分だけのものではない 高校時代、服部先生は

記事を読む

面接でストレス耐性を見抜くよう腐心している方へ

「ストレスに強い人が欲しい」みなさんの中で、この意見に反対の人はどれくらいいるでしょうか? おそらく

記事を読む

自社商品(サービス)に誇りが持てない方へ

塾講師が忙しいだけなら別にいいんです。しかしオーバーワークのしわ寄せは全て授業のクオリティーに影響し

記事を読む

デーブ氏の「違和感がある」報道に対して

「サンデージャポン(TBS)」でデーブ・スペクター氏がSMAPの解散騒動に対して、報じているのは週刊

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよきよ

    ドラクエ・FF好きで、ドラクエ10とFFRKは現在進行形でプレイ中。本業はフリーの人事コンサルタント。

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑