ベンチャー、スタートアップへの転職を考えている方へ

公開日: : 1.キャリア構築の大枠の考え方

Pocket

ここ最近の転職市場は活況ですね、どんな記事を見ても“売り手市場”の文字が並んでいます。この転職市場が活況であることも手伝ってか、ベンチャーやスタートアップへの転職というものも盛り上がりつつあるように感じます。ただ、ベンチャーやスタートアップへ転職するかどうか迷っているという人の悩みが、「ストックオプションはどれくらい貰えたら入るべきでしょうか」とか、「世界を取るようなベンチャーを教えてください」というような、ベンチャー、スタートアップ経験者から見ると非常にピントのずれた質問が多いことも事実です。

938fafe5e3a64a6105578b2cc9c825dd_s

ベンチャーを自分の都合の良いものとして捉えていないか

ベンチャーやスタートアップへ転職しようと考えていらっしゃる方に改めて考えて頂きたいのは、“何のためにベンチャーやスタートアップへ転職しようと考えているのですか?”ということです。そう、そのベンチャーやスタートアップに転職する“目的”ですね。この“目的”が、自分にとってだけ都合の良いものとして捉えているように思えてなりません。

例えば、冒頭の「ストックオプションはどれくらい貰えたら入るべきですか」という質問。恐らくこの方の裏側にある心理としては、「上場してそのストックオプションで一儲けしたい」という話でしょう。また、「世界を取るようなベンチャーを教えてください」という質問については、世界的に有名になる企業に早く入って自慢したい、かのような心理が透けて見えます。このような“自分のことしか考えていない状態”でベンチャーやスタートアップに入ることは、十中八九辞めることになるので転職しないことをオススメします。

ストックオプション等で儲かるのは初期の社員だけ

まず、基本的な情報を押さえていただきたいのですが、設立3年以内に倒産・解散する企業は35%、5年で85%、10年で93.7%です。日の目を見ている企業というのは本当に一握りの企業であり、単にそういった企業に“憧れているだけ”であったり、それで“お金儲けしたいだけ”であるならば、普通の感覚からすれば“割に合わない”はずです(上記は上場ではなく、単に会社として存続しているだけの話ですからね)。

もちろん、「もうすぐ上場する」ということを謳って募集している企業もあるかもしれませんが、もうそのような企業はベンチャーやスタートアップではなく、大企業と言って良いでしょう。ストックオプションも一部もらえるかもしれませんが、大した数をもらえるわけないでしょう(利益として数万~数十万あればくらいでしょう)。ストックオプション云々で一千万円単位で儲けたければ、上場の「じょ」の字もない頃に入社しておかなくてはならないのです。

その企業の掲げるビジョンを本気で叶えたいと思うか

以上のように、まずベンチャーやスタートアップに転職するということは、“その企業がどうなるか分からない”ということを改めて前提にしておいていただかないと、「こんなはずじゃなかった」となるわけです。「こんなはずじゃなかった」と思い始めたら最後、あとはいつまた転職するかを考えることになるのではないでしょうか(特にベンチャーやスタートアップは激務であることがほとんどでしょうから)。では、どんな目的を持っている人がベンチャーやスタートアップへ転職すべきなのでしょうか。

一番健全なベンチャー、スタートアップへの転職の目的は、そのベンチャーなりスタートアップなりが実現したいビジョンを一緒に叶えるため、になると思います。ソフトバンクの孫正義さんがアルバイト2人で事業を始めた時に、みかん箱の上に乗って「情報革命で30年後一兆、二兆の会社にする!」と語ったそうです。それを聞いてその2人は早々に辞めたそうですが(笑)、今のソフトバンクを見れば、それが現実のものになっているわけです。企業が掲げるビジョンに共感、だけでは弱いかもしれません、主体的にそのビジョンを本気で叶えていきたいと思えるかどうかということはベンチャー・スタートアップへ転職する目的としては非常に重要なポイントだと思います。

潰れるか潰れないかなどは関係ない域で仕事ができるか

それ以外にもベンチャー、スタートアップに転職することのメリットはあるのですが、上記の「ビジョンを本気で叶えたい」と思うかどうかによってもたらされるものが非常に大きく変わることも事実です。要するに、「ビジョンを本気で叶えたい」からこそ、どんな努力も惜しまず頑張る状態を作れるため、結果として能力も、ポジションも、そして金銭的な側面も付いてくる可能性があるわけです。潰れるか潰れないかなどは関係ない、というような域で仕事ができるかどうかが求められるわけです。

もちろん、人によっては「潰れてしまっては困る」という方もいらっしゃるでしょう。そういう意味ではやはり安易にベンチャーやスタートアップへ転職することはやはりオススメできません。ただ、今はどんな企業にいても“潰れるリスク”はあるわけですから、“潰れるリスク”をヘッジするための努力はしなくてはならないと思います。それは別にベンチャーやスタートアップへ転職する云々とは別次元の話です。仮に副業である程度の収入を得られるようになれば、ベンチャーやスタートアップに行って潰れても大丈夫な状態にもなるわけですから。

ベンチャーやスタートアップを自分の都合の良い存在にしないでくださいねという話でした。

スポンサーリンク


関連記事

転職すべきかどうかのチェックポイント

私の基本的なスタンスとして転職を安易に薦めることはありませんが、良くも悪くも次のステージに向かった方

記事を読む

転職先は研修制度が充実している企業を選ぶべきか

質問者:トップ20パーセントには全てを尽くし、真ん中70パーセントにはトップになる方法を教える。下位

記事を読む

“忙しい”が仕事の悩みの方へ

毎日同じ時間に起きて、毎日同じ時間に家を出て、毎日同じ時間の電車に乗る。そして毎日同じ時間に出社し、

記事を読む

楽な仕事・楽な業界へ転職するのはありか

今の仕事が激務すぎて楽な仕事・業界はないものか…と探した経験がある方もいらっしゃるかもしれません。昨

記事を読む

起業するなら“いつ”がいいのか

最近は女子高生が起業するなど、学生が起業するブームがまた来ているようです。「一度企業に就職してから起

記事を読む

毎日がつまらない中年男性72%

嵐の大野くんが出演しているドラマ「世界一難しい恋」を妻が昨日見ていたのを横目で見ていました。内容につ

記事を読む

「給料が少ない」が理由で転職するのは

転職理由の一つとして「給料が少ない」という話をされる方は多いようです。もちろん、お金は多いに越したこ

記事を読む

企業内でソーシャルメディアの活用がどこまで求められるか

「T字型人材」とは、特定の分野を究め、その深い専門知識と経験・スキルの蓄積を自らの縦軸に据えつつ、さ

記事を読む

選ぶ力ってなんだ?

「選ぶ力がない。」このようなことを学生に対してだけでなく、社会人であっても感じることが多々あります。

記事を読む

転職で年収が上がるのには条件がある

エン・ジャパンは2015年10月13日、「ミドルの転職後の年収」についてのアンケート調査結果を発表し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑