厳しい指導と優しい指導

公開日: : 6.価値観・世界観について

Pocket

研修や面接等、どんな場面においても「厳しい」と言われがちな私です(苦笑)。もちろん、その自覚症状はあるのですが、意味なく厳しくしているつもりもありませんし、そのデメリットをカバーできるような配慮をたくさんしています。例えば、普段の指導方法が厳しい分、目標設定を甘くして、やるべきことをやればほぼ目標をクリアできるようにするといった配慮をしていたりするのですが、これには賛否両論あるようです。

5691c98c7ba0206814f67acbaad6c49e_s

はじめから方程式を解かせるか、四則演算から始めるか

私が指導方法を厳しくして目標設定を甘くする最大の理由は、特定の物事をできるようにするために一つずつきちんとステップを踏んで、それぞれのステップを習得していって欲しいという想いがあるためです。例えば、算数などに置き換えると、四則演算(+-×÷)をまずは徹底して覚えさせてから、その次に進んでいくというスタイルですね。この例えにするとこれが普通のように思えますが、世の中にはこういうケースも存在します。はじめに方程式の問題を提示して、その問題をとりあえず各自に解かせてみて、ひっかかるところを解説していくというやり方です。

もしかすると、後者のやり方の方が“方程式を解く”という意味では早いかもしれません。もっと言えば、既に能力のある人にとっては、後者のやり方の方がより早く次のステップに進むことができますし、前者をわざわざやることが逆効果になる可能性も当然あります。ところが、そのような既に能力のある人は、そのような研修において少数派であり、その少数の能力のあるメンバーに対してのみ研修を行うわけではないため、後者を取らざるを得ないというのが実情なわけです。

できない人というレッテルを貼ることの方が“厳しい”のでは

ところが、世の中では上記のような事象が起こっていることをあまり理解されずに、後者のやり方をしながら、脱落者を出すなとオーダーしてくる人が多くいるように思えます。そして、目標が高いので“優しく”指導し、彼らのモチベーションを“優しさ”で保って欲しいと言われるわけです。

何度も申し上げます通り、上記は既に能力のある人にとっては良い方法です。ところが、そうではない人にとっては、(目標が高いので)モチベーションをそもそも保つことが大変です。しかも、どこでつまづいているのかということが正確に把握できないし、できていないこともできているかのように振舞う人が出てくるので、何か問題があっても何が問題なのかということを一人ひとり発見するには時間がかかりすぎます。そして最終的には、できない人に“できない人”というレッテルを貼るわけです(そのようにしてしまうことの方がよほど“厳しい”と思うのは私だけでしょうか)。

大事にしたいのは“基礎づくり”

一方で、前者のやり方はその最終的な目標に必要なものを全てステップに細分化し、一つ一つを確実にクリアしていくことで最終的な目標 に到達するような設計をします。それは一見遠回りのようにも思えますが、そのような“基礎”をしっかり作っていくことが、誰一人脱落者を出すことなく最終 的な目標に到達する方法になっていくのではないかと信じています。また、それだけでなく、細分化されたステップこそいわゆる“基礎”と呼ばれるものであ り、その“基礎”をしっかりと確立していくことが、他への応用にも繋がるのではないかと思うのです。

社会に出ると、意外とこの“基礎”をすっとばす傾向が強いように思えます。それは早く“即戦力になって欲しい”というような焦りにも近いものがあるからかもしれません。その気持ちは分かるものの、その“基礎”がしっかりしていないが故に起こっている弊害というものが多分にあるように思えてならない部分もあります。これはトレードオフなのかもしれませんが、少なくとも私が関わる研修については、やはり“前者”であり“基礎”を大事にする研修が大事にしていきたいと思っています。

スポンサーリンク


関連記事

有益な情報を無料で得る方法

「有益な情報は無料ではない」という話を以前のブログでもしたことがありますが、もう少しこの点について突

記事を読む

学生が社会に出たくない理由

Q.あなたの周りにいる大人達は楽しそうに生きていますか ・あまり楽しそうに生きていないと思う。てい

記事を読む

グループワークの適正人数は…

25人をチーム分けしてグループワークをさせます。さて、あなたならどのようにグループ分けするでしょうか

記事を読む

一流になるための方法

<一流目指すなら早く独立を> テキサス州ダラスの中心部にあるテキサス大サウスウエスタンメディカ

記事を読む

宝くじを当てる方法

皆さんは普段“宝くじ”を買いますか?キヨカワは期待値的なことを考えてしまう人であることと、10枚連番

記事を読む

面接の準備で8割合否が決まる

『準備8割、本番2割』この言葉を聞いたことはあるでしょうか。この意味は、結果というものは本番が2割で

記事を読む

no image

就活での学歴差別が許せない人へ

○大人のルール―誰も教えてくれなかった 著:中谷彰宏 努力していない人ほど、「不公平だ」、

記事を読む

メディアリテラシーの必要性を改めて

「報道ステーションはニュースじゃない、“ニュース・ショー”だ」。この話は先日公開された「激論!長谷川

記事を読む

【就活解禁時期変更を受けて】経団連はバカなのか?

週末、経団連が就活の解禁時期を8月から6月へ変更する方針であることを発表していました。これを受けて、

記事を読む

大企業も終身雇用を保証できない理由

何事も永遠ではない。人は死ぬし建物はいつか壊れる。国も、いわんや企業をや、である。企業の寿命は30年

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑