自分と価値観が違う人とどう付き合うか

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 4.グローバル人材になるために

Pocket

m_mon0053

「“バーレーン”と“月”、どっちが大きい?」これは、嫁のお母さんが昔バーレーンに住んでいた時に、バーレーンの方から本当に聞かれたことだそうです。

月の方が大きいと答える人とどう付き合うべきか

多くの日本人の感覚からすると、「“月”に決まってるじゃん」と言うと思うのですが、どうやら雰囲気としてそう答えてはならないようで、お義母さんも思わず、「ば、バーレーンでしょうか」と答え、それを聞いた当人は、「そうだよね」と答えたそう。別にからかっている訳でもなく、本気でそういったことを聞いてきたようです。この一連のやり取りを見て、あなたはどう思いますか?「理解できない」「受け入れられない」なんていう人もいるかもしれませんね。確かに、多くの日本人の感覚からすれば、理解に苦しむ話だと思います。(キヨカワもそう思います)ただ、それを理解できないからと言って、「受け入れられない」と決め付けていいのでしょうか?

違いは違いであり、良い悪いではない

同じ日本人であったとしても、人によって少しずつ価値観は違います。むしろ、違って当たり前です。自分がそういった価値観を持っておらず、たとえ理解が出来なくとも、「違いは違いであって、自分の価値観が良い/悪いということはない」ということを念頭に置いておかないと、海外の方はもとより、日本人とすら円滑な人間関係を築くことは出来ないのではないかと思います。

グローバル化と言われて久しいですが、まだまだ日本人だけで仕事が完結出来る企業が多いです。これから本格的に来るグローバル化に向け、理解できないけど受け入れるという能力が必要なのではないかと思います。

スポンサーリンク


関連記事

専門性だけ、リーダーシップだけではダメ

○Works No.106 ■目指すはプロフェッショナルリーダー リーダーシップと専

記事を読む

留学ではグローバル人材になれない!?

「現代の留学は無意味ー」と切り捨てる記事が上がっていました。この記事の趣旨としては、「今の留学は“海

記事を読む

一人で生きていける=自立は勘違い

“DIALOG IN THE DARK”というものをご存知でしょうか?こちらは原宿にある、あ

記事を読む

空気を読めない方がグローバルで活躍できる!?

“KY”という言葉はまだ使うのでしょうか、「空気が読めない」ということについての話。最近読んだ記事で

記事を読む

海外で働くのに本当に英語は必須なのか?

「日本では当たり前だった『あうんの呼吸』が通じない。自分の中途半端な英語で、従業員と成長課題などを話

記事を読む

メディアリテラシーと海外経験

カンボジアの首都プノンペンからアンコールワットのあるシェムリアップに移動して2日目。シェムリアップの

記事を読む

企業内のプロジェクトが上手くいかない理由

“DRI”という言葉を聞いたことはあるでしょうか?これは、Directly Responsible

記事を読む

専業主婦の妥当な年収の記事を受け

最近、マイナビウーマンで「専業主婦の妥当な年収はいくらか」というアンケートで、女性が200万と答えた

記事を読む

ワークライフバランスの本当の意味

武石恵美子氏の「働く人のワーク・ライフ・バランスを実現するための企業・職場の課題」によると、イギリス

記事を読む

ダイバーシティ問題を解決する方法とその副作用

女性の社会進出をダイバーシティと呼んでいるきらいのある日本ですが、本来のダイバーシティの意味はもっと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑