企業選びの軸に是非入れて欲しいこと

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 1.キャリア構築の大枠の考え方, 2.組織人として生きるために

Pocket

後輩が入ってくることは当たり前ではない

「後輩が入ってきて当たり前」このような感覚は、学生時代までは当たり前にあったことかと思います。しかし、こと企業になると、実はそんなことはなくなる、ということに気付かれている方も多いのではないでしょうか。「10年以上(自分の部署に配属される)後輩がいない」という人も、実は珍しくありません。なぜこんなことが起こるか、という理由は単純で、世の中の全ての(企業の)部署は毎年新人を入れるほど成長して(売上が上がって)いないからです。当たり前ですが、売上(もっと言うと利益)が上がっていなければ人を増やすことは出来ません。つまり、売上が上がっていなければ、誰かが抜けない限り、後輩は入ってこないのです。

 abc355fb37003414ed6dc9abcdc348c3_s

後輩が入ってくることのメリットとは

「別に後輩なんていらない」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、後輩が入ってこないということは、思いの外デメリットが大きいです。一つは、先輩風が吹かせられない、ではなく(笑)、「教える機会を失っている」ということにあります。“人にものを教える”という機会は、自分自身の仕事を振り返る良い機会になります。自分自身の仕事を振り返ることで、自分自身の経験が整理され、整理されていくことで見えてくるものが沢山出てきます。この繰り返しこそが、自身の仕事のスキルアップとなり、より良い仕事をすることが出来ます。“教える機会がない”ということは、上記のような機会を逸し、成長の機会を失っていることとイコールなのです。

もう一つは、「自分以外の人のことを考えにくい」ということ。親にならなければ親の気持ちは分からない、というものと同様に、先輩になってみないと先輩の気持ちは分からない、ということは多分にあります。このように“いろんな人の立場”に実際に自分が立ってみることこそ、本当の意味で“その人の立場に立って物事が考えられる”ようになります。

その人の立場に立って物事を考えられる力は人間性を上げる

“その人の立場に立って物事を考える”という行為は、“人間性”を上げる行為です。“人間性”ほど普遍的で、どんなところに行っても重宝がられるものはありません。他にも色々とあると思いますが、後輩を持たない(持てない)ということは、様々な側面で損をしてしまいます。企業を選ぶ上であまり見られていないポイントかもしれませんが、後輩がすぐ持てるかどうかというのは、個人的には絶対見るべきポイントだろうな、と思っています。

スポンサーリンク


関連記事

自分の人生を考える上で外せないこと

ここ数日、学生さんたちの前でお話しする機会がたくさんありました。写真は昨日高校生80名程度の前でキャ

記事を読む

やりがいのある仕事を選ぶには

「仕事に対して、お金とやりがい、どちらを望みますか?」このような質問に対して、皆さんはどのようにお答

記事を読む

自分にしかできない仕事がしたいですか?

「誰でも出来るようなルーティン・ワークではなく、自分にしか出来ないような仕事がしたいんです!」面接時

記事を読む

サラリーマンこそ確定申告のススメ

今年も確定申告の締切りが迫ってきましたね。私も本日の午前中に提出を終え一息をついたところです。ところ

記事を読む

転職先は研修制度が充実している企業を選ぶべきか

質問者:トップ20パーセントには全てを尽くし、真ん中70パーセントにはトップになる方法を教える。下位

記事を読む

「給料が少ない」が理由で転職するのは

転職理由の一つとして「給料が少ない」という話をされる方は多いようです。もちろん、お金は多いに越したこ

記事を読む

転職で後悔しないために

転職活動を始めて内定を複数社もらい、そしていよいよどの企業を選ぶかという段階で大いに悩むということは

記事を読む

何かが足りないのは良い事だ

皆さんは京都にある龍安寺 の石庭をご存知でしょうか?多くの人は修学旅行か何かで一度は訪れているのでは

記事を読む

全国大会で優勝する一つの方法

最近では甲子園常連校となった沖縄の興南高校。今でこそ有名校ではありますが、恐らくこの高校を一躍有名に

記事を読む

自分のアイデアを採用してもらう方法

「自分のアイデアを形に出来るような仕事がしたい!」そんなことを考えて面接で話をされる方をたまに見掛け

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑