企業選びの軸に是非入れて欲しいこと

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 1.キャリア構築の大枠の考え方, 2.組織人として生きるために

Pocket

後輩が入ってくることは当たり前ではない

「後輩が入ってきて当たり前」このような感覚は、学生時代までは当たり前にあったことかと思います。しかし、こと企業になると、実はそんなことはなくなる、ということに気付かれている方も多いのではないでしょうか。「10年以上(自分の部署に配属される)後輩がいない」という人も、実は珍しくありません。なぜこんなことが起こるか、という理由は単純で、世の中の全ての(企業の)部署は毎年新人を入れるほど成長して(売上が上がって)いないからです。当たり前ですが、売上(もっと言うと利益)が上がっていなければ人を増やすことは出来ません。つまり、売上が上がっていなければ、誰かが抜けない限り、後輩は入ってこないのです。

 abc355fb37003414ed6dc9abcdc348c3_s

後輩が入ってくることのメリットとは

「別に後輩なんていらない」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、後輩が入ってこないということは、思いの外デメリットが大きいです。一つは、先輩風が吹かせられない、ではなく(笑)、「教える機会を失っている」ということにあります。“人にものを教える”という機会は、自分自身の仕事を振り返る良い機会になります。自分自身の仕事を振り返ることで、自分自身の経験が整理され、整理されていくことで見えてくるものが沢山出てきます。この繰り返しこそが、自身の仕事のスキルアップとなり、より良い仕事をすることが出来ます。“教える機会がない”ということは、上記のような機会を逸し、成長の機会を失っていることとイコールなのです。

もう一つは、「自分以外の人のことを考えにくい」ということ。親にならなければ親の気持ちは分からない、というものと同様に、先輩になってみないと先輩の気持ちは分からない、ということは多分にあります。このように“いろんな人の立場”に実際に自分が立ってみることこそ、本当の意味で“その人の立場に立って物事が考えられる”ようになります。

その人の立場に立って物事を考えられる力は人間性を上げる

“その人の立場に立って物事を考える”という行為は、“人間性”を上げる行為です。“人間性”ほど普遍的で、どんなところに行っても重宝がられるものはありません。他にも色々とあると思いますが、後輩を持たない(持てない)ということは、様々な側面で損をしてしまいます。企業を選ぶ上であまり見られていないポイントかもしれませんが、後輩がすぐ持てるかどうかというのは、個人的には絶対見るべきポイントだろうな、と思っています。

スポンサーリンク


関連記事

就職先・転職先の選び方

数ある企業の中から就職先や転職先を選ぶというのは初めて就職する方にはもちろん、一度社会に出た方であっ

記事を読む

就活で内定が出ない理由

仕事柄、就活生から就活の相談に乗ることが多々あります。そんな時、ほぼ共通して話をしているのが、“貢献

記事を読む

毎日がつまらない中年男性72%

嵐の大野くんが出演しているドラマ「世界一難しい恋」を妻が昨日見ていたのを横目で見ていました。内容につ

記事を読む

正論が受け入れられない理由

二人が睦まじくいるためには 愚かでいるほうがいい 立派すぎないほうがいい 立派すぎることは 長持ち

記事を読む

リストラされないための備え

本日、今年に入って2度目のサーキットブレイカーが中国で発動されました。それだけでなく、昨日は北朝鮮に

記事を読む

今の時代に求められるリーダーシップの型

イエスは彼らを呼び寄せて言われた、「あなたがたの知っているとおり、異邦人の支配者と見られている人々は

記事を読む

問題を全て自分で抱え込んでしまう人へ

皆さんにとって、コネってどういうイメージがありますか?そう、「あれってあの人のコネでそうなったんだよ

記事を読む

自己分析で“強み”を見つけるヒント②

「あなたの“強み”は何ですか?」これもよく聞かれる質問だと思います。「私は行動力と精神的なタフさがあ

記事を読む

3年以内の転職の是非

厚生労働省が大卒の3割が3年で会社を辞めてしまうという調査結果を発表しました。「最近の若者は

記事を読む

すべらない話のコツ

「すべらない話をしてください!」と突然振られたとしたら、あなたはどうしますか?もちろん、話が上手な方

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑